【 本塁打の多い年のカープはいつも強かった 】鈴木誠也選手の移籍に伴う長距離砲不在への危機感

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
16年目になる医療系国家資格取得のトレーナーです
現在は「医学」に加えて「法律」も勉強しています。
※ 詳しいプロフィールはこちら

 

2019年は打線が3連覇の時のように上手く機能しなかったカープ。
今回はチーム本塁打数とチーム成績に着目しながらチームの課題に触れていきます。

 

2000年以降のセ・リーグ各球団の本塁打数

 

2000年以降のセ・リーグ各球団の本塁打数をグラフ化しました。
2011年にリーグ全体で激減しているのは統一球の影響と思われます。
ボールが修正された2013年からは再び本塁打数は増加傾向にあります。

全体的に見て、予想通り巨人は毎年のようにリーグ上位を占めています。
特に2004年には250本を超え、近年で考えると異常な本数を記録しました。

反対に、中日は多くの年でリーグ下位の本塁打数を記録。
1997年にナゴヤドームが出来て以来、本塁打数が明らかに減りました。
早ければ2021年にテラス席設置の話も出ており、改善も見込まれています。

図1 2000年以降のセ・リーグ各球団の本塁打数

 

カープの本塁打数の推移と成績

 

カープを見ていくと、比較的リーグ内での上下が激しい傾向です。
特に2009年から2011年あたりはリーグ最下位の本塁打数に低迷。
2009年から球場が広島市民球場からマツダスタジアムへの移行。
また、栗原健太選手のケガや打撃不振、外国人打者の不発など。
様々な要因が重なり、チームの深刻な長打力不足が際立っていました。

反対に赤い丸で示したAクラス入りの年はリーグ上位の本塁打数を記録。
2013~2014年の3位、2016~2018年の優勝と共に1~2位に位置します。
そして、Bクラスになった2019年には一気に下降傾向を示しています。
少なくとも近年のカープが強い年はリーグ屈指の長打力を誇ってきました。
年度間での本塁打数の差はあれど相対的に上位に位置する必要はあります。
2020年はこの辺りがどの程度改善出来てくるかも課題です。

図2 カープの本塁打数の推移と成績

 

[ スポンサーリンク ]

 

2000年以降のカープ打者の本塁打数トップ3の推移

 

続いて2000年以降のカープ打者の本塁打数トップ3の推移をグラフ化しました。
パッと目につくのは、丸選手がトップ3に安定して入り続けていること。
また、鈴木選手が2016年以降は平均的に25本塁打以上を記録しています。

カープ低迷期の2013年くらいまでは20本塁打に達する打者がいません。
2012年は堂林翔太選手がチームトップで14本塁打と異常に少ないです。
2013年においても同様に丸選手とシアーホルツ選手が14本でトップ。
また、トップ3に入る顔ぶれも異なりレギュラーが不足したことがわかります。
栗原健太選手も打撃不振に陥り、厳しい時期だったことを覚えています。

やはり3連覇した時期は安定して20本以上打てる打者が存在しました。
トップ3も丸選手、鈴木選手、エルドレッド選手、バティスタ選手に限定。
レギュラーとして打線の主軸が存在していることがよくわかります。

図3 2010年以降のチーム本塁打数トップ3

 

2020年は本塁打数が減少する可能性も

 

2018~2019年に25本塁打以上を記録したバティスタ選手の契約はいまだ未定。
もしこのまま契約しないままだと、年間25本塁打クラスの打者を欠くこととなります。
結局、ドーピング違反の原因がよくわからぬまま処分が下された形となっています。
球団としての方針の発表は無いまま、2020年シーズンも開幕が近づいています。

[ バティスタ選手の通算成績 ]

  • 2018年 打率 .242 25本 55打点
  • 2019年 打率 .269 26本 64打点

そのバティスタ選手の現状だが、ウィンターリーグ参加まではわかっています。
しかし、そのウインターリーグでも打率.1390本塁打と精彩を欠きました。
本人のモチベーションの問題もありますが、本来の姿とはほど遠い状況です。

近々のコメントが無いため本人の意向についても現状はわかりません。
ドミニカに帰国しているので話し合いなど球団との接触も限定されています。
もしすでに本人のモチベーションも下がっていれば契約も無いかも知れません。
いずれにせよ、25本塁打レベルの打者が抜けることも視野にいれる必要があります。

新外国人のホセ・ピレラ選手も加わるが、日本での実績は無く計算は立たない。
もしピレラ選手が不発の場合、アレハンドロ・メヒア選手頼みになります。
しかし、そのメヒア選手も2019年後半にいくらかスタメンで出場した程度。
バティスタ選手が抜けた場合は実績のない選手でやり繰りする状況にはなります。

もちろんホセ・ピレラ選手が不発の場合、追加で外国人野手を補強すると思います。
ただ、それ日本で実績が無い選手になる能性が高く、同じように計算は立ちません。

バティスタ選手の現在のモチベーションがどうなのかという点。
球団としてバティスタ選手と契約する意思が球団にあるのかという点。
いずれにせよ出場停止が解除されるあたりまで答えは出ないだろうと思います。
どういった答えを双方が出すかわからないが、その結果を待つしかないです。

故意か故意でないか関わらず、こうなってしまったのも本人に問題が
その点は十分に反省してもらい、今後もプロ野球人生を継続してもらいたいです。

 

 

[ スポンサーリンク ]

 

数年後にある鈴木誠也選手のポスティング移籍

 

あと数年で鈴木誠也選手の移籍がほぼぼ確実と思われます。
本人もMLB移籍の意思があるとの報道もあり、その可能性は高いです。
特に2019年はケガで低下していた外野の守備力も復活しつつあります。
また、走塁面でも25盗塁を記録し、トリプルスリーの期待がかかります。

そうなればMLB球団も放っておくことも無いはず。
同級生の大谷翔平選手からもある程度の情報は得ているとも思われます。
また、尊敬するマイク・トラウト選手は大谷選手の後ろを打っています。
現時点で何かしらの計画は立て、それに向け準備しているだろうと。
いずれにせよ、ポスティングでのMLB移籍は避けられない状況です。

 

そうなった時に問題となるのが長距離砲不在の問題
特に右打者の育成が上手くいっておらず、次期レギュラー候補は左ばかり。
西川龍馬選手、野間峻祥選手、小園海斗選手、坂倉将吾選手、林晃汰選手。
“和製大砲”と言える存在はおらず、良くて23本前後のタイプが揃っています。

ちなみに新人の林晃汰選手が次期”大砲候補”として期待されています。
しかし、個人的には現時点を見る限り、中距離打者タイプと考えている。
詳細は伏せますが、特定のコースに対して明らかに不利な条件を持っています。
引退した岩本貴裕選手がそうだったように、克服できない難しいと思います。
少しさかのぼると、”前田智徳2世”と期待された末永真史選手もそうでした。
過去をみても、ここの問題を上手く修正できたケースが圧倒的に少ない。
良い打者ほどこの問題点を上手く対応し、長く活躍していることが多いです。
1軍に上がれば徹底的にデータを抽出され、特定のパターンで攻められるはず。
もし自分がある程度の制球力がある投手であれば、攻略方法は絞れています。
そのため、あくまでも現時点では「中距離打者タイプ」として判断しています。
ただ、まだ1年目であり改善する可能性があるため、変化することを期待します。

※ 以下、同様に各打者の詳細な打撃メカニズムの課題は省略します。

 

将来の「右の長距離砲」が欠乏状態

 

改めて右打者の話に触れるが、将来の主砲は欠乏状態。
2軍をみてもある程度長打があるのは中村奨成選手と正随優弥選手くらい。

中村奨成選手に関しては甲子園での活躍が過度な評価になったのは事実。
実際、甲子園で活躍するまでは県内でもそこまで高い評価ではありませんでした。
学生時代から打撃面での課題があり、プロでは苦労すると予測は出来ました。
本人も話していましが、甲子園での活躍が返って重荷になっただろうと思います。
過度な期待も薄れてきており、本来の打者タイプで活躍してもらえればと。

正随優弥選手は正直1年目を見る限り、1軍レギュラーはかなり厳しい。
2軍戦の中継も20試合以上みましたが、キャンプ時と課題はほぼ変化は無し。
1軍に上がれば空振りが増加し、毎回同じパターンで打ち取られるはず。
特に右投手に対しては、ほぼほぼ凡退するパターンは絞られてきます。
同じ課題を持つ打者は2軍には多く、1軍で活躍できない理由になります。

例えば、中村亘佑選手や多田大輔選手や美間優規選手なども同じタイプ。
美間選手が2軍で3割を打てても1軍では打てない理由はそこにありました。
長くプロ野球を見ていますが、クセづいてるので改善は厳しい印象です。
あとは難しいコースは捨てて、失投の逃さず打てる球を打つかぐらい。
とはいえ、「意外性の一発」として代打としては使える可能性はある。

高橋大樹選手もプロ入り時は長距離砲と期待されたが明らかに異なります。
その他を見ても、プロ野球で長距離砲で生きていける選手は見当たりません。
少なくとも2軍で15本くらいは打てる右打者が出てきて欲しいところ。

以下、2015年以降の2軍の日本人最多本塁打数をピックアップします。
見てわかる通り、10本塁打がなんとかギリギリ打てているという状況。
そして2015年の下水流選手と2018年の美間選手はすでにチームにはいません。
林選手の可能性は残っていますが、個人的には前述した通りとみています。

[ 2軍の日本人最多本塁打数 ]

  • 2015年 下水流昂 14本
  • 2016年 野間峻祥   7本
  • 2017年 美間優規 10本
  • 2018年 高橋大樹 10本
  • 2019年 林晃汰    7本

 

 

球団サイドも長距離砲不在に危機感を

 

球団も低迷期のように外国人頼みの長打力になる危機感を持つ必要があります。
数年後の鈴木選手の移籍を考えると、急務の課題として考えないといけません。

チーム方針として強振する打者を好まないのも事実でもあります。
足の速い選手対してに固定概念的に長打を打たせない指導も目立ちます。
安部友裕選手もそうですが、現状より本塁打数は打てる能力はあります。
上本崇選手や曽根海成選手や羽月隆太郎選手にまではさすがに求めません。
しかし、長打が打てる能力がある選手を上手くいかせないのも勿体ない。

石井琢朗打撃コーチの戦略はあくまでも打てない打線でどう点を取るか。
現状、そこはクリアしており、いつまでもそれを続けてても仕方ありません。
2019年のように鈴木選手ひとりに依存する打線では優勝するは厳しいです。
能力をどう生かしてチーム再建するか、どう長距離砲を育成していくか。

2020年から1軍と2軍の打撃コーチが入れ替わります。
それぞれのコーチがそれぞれの持ち場でどう打線を作るか見どころ。
“選手が勝手に機能してくれる”という打線は2018年までの話です。
数年後に起こる長打力の低下に備え、長距離砲育成は不可欠です。

また、ドラフトも足のある選手に偏り、打撃優先タイプの指名は少ないです。
バリエーションの面でも似たような選手に偏るとチーム力も偏ります。
多少、守備や走力が落ちたとしても長打を打てる選手を積極的に補強すべき。
松山竜平選手から林晃汰選手までそういった選手はしばらく見ませんでした。
小柄な長打の少ない内野手が偏り、個性の差のない選手が揃ってもいました。
誰かが育たない時の補填では無く、バリエーションのあるドラフト指名も必要。

 

[ スポンサーリンク ]

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめます。

  • 2000年以降では巨人の本塁打数が最多
  • 反対に中日はナゴヤドームの影響から本塁打数が少ない
  • カープの本塁打数は上下動が激しく安定しない
  • カープがAクラスの時は本塁打数がリーグトップクラス
  • カープ低迷期は個人の本塁打数が20本の選手が0の年も
  • 近年のカープは安定して20本塁打の選手が在籍
  • 2020年はバティスタ選手の契約次第で本塁打数減少の可能性
  • 数年後には鈴木誠也選手の移籍により長距離砲不在の危機
  • 次期レギュラー候補は中距離タイプの左打者のみ
  • 現状では2軍に将来の右の大砲候補が不在
  • 右の大砲育成がチームとして大きな課題

 

今回のまとめ

 

今回はチーム本塁打数とチーム成績について話を進めてきました。
カープが強い時期はチーム本塁打数がリーグ上位を記録する場合が多いです。
また安定して20本塁打以上打てる日本人打者が複数名在籍しています。

近年の野球は打撃面で優れたチームが優勝する確率が高いです。
少ない点数で投手陣で逃げ切るという野球のスタイルでは無くなりました。
そのためチームを安定して強くするためには打撃面の安定が不可欠。

3連覇したカープもそうだったように打線がチームを牽引します。
選手の移籍が続くカープにとって次世代の育成は急務です。
特に長距離砲に関しては、数年後に欠乏状態になる可能性が高いのが現状。

そこをどうして埋めていくかはチームの大きな課題です。
そう簡単に長距離砲が育たないのも事実でだが、何もしないと始まらない。
ドラフト戦略と育成と両輪での対策が課題解決には不可欠となります。

数年後には長距離砲の欠乏状態がおそらく訪れると思います。
そうなった時に損失を補う選手がひとりでも多く現れることを期待します。

 

 

CARP2019熱き闘いの記録~頂をめざして~

 ※ 当ブログの文章、写真、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

テキストのコピーはできません。