【 プロ野球引退後の安定確保 】近年増えつつある”会社員・公務員・起業”という選択

簡単な自己紹介

JUNJUN
16年目の医療系国家資格取得者です。

野球を中心に活動してきました。
現在は
『法律』を勉強中です。
詳しいプロフィール

 

プロ野球選手は早かれ遅かれいずれは引退する時がきます。
今回は引退後にどのような転職を考えているかをアンケート結果から解説していきます。

 

ブログ運営の方針

当ブログは『プロ野球の著作権・肖像権』に準じた運営を心掛けています。
また、使用している写真は著作者・肖像者に連絡をとり許可を頂いています。

 

[ スポンサーリンク ]

 

プロ野球引退後の進路希望

 

2011年以降のプロ野球引退後の進路希望についてのデータです。
分類が多いのでわかりにくいですが、伸びてる進路と落ちてる進路が存在します。

 

 

伸びている進路希望は”会社経営者と会社員”

 

少しカテゴリーを分解して、伸びている進路希望をピックアップします。
野球関係以外で伸びてきているのは「会社経営者」「一般企業の会社員」です。

特に2019年に関しては「起業・開業」が一気に伸びてきています。
また、「一般企業の会社員」はじわじわと伸びてきて2018年から顕著になりました。

近年では引退後に会社を起業する選手も実際に増えてきています
以前のような飲食店というものではなく、いわゆる「会社」とイメージするもの。

また、野球とは離れて、一般企業で経験を積みたい選手も増えています
特別な世界しか知らないままより、世間を知りたいとのことみたいですね。
2019年は公務員希望も増え、合計すると会社経営者と同じくらいになります。

 

 

[ 2015-2020年に退団して会社員・公務員に転職した選手 ]

選手名 所属球団 企業
2015年オフ 橋爪大佑 中日 Eyesストレッチ ()
池ノ内亮介 カープ 株式会社トラバース (2016)
大阪府警 (2017-) ()
岩見優輝 カープ 生命保険会社
MSH医療専門学校野球部コーチ (2018-)
藤原正典 阪神 医療法人洛和会 事務職員 (2016-2017/8) ()
飲食業 (2017-)
赤川克紀 ヤクルト 株式会社ナスタ ()
大場達也 ヤクルト 鶴見大学職員 兼 野球部コーチ(2016-) ()
梅田尚通 西武 株式会社トラバース ()
林崎遼 西武 株式会社トラバース ()
前川恭兵 西武  株式会社トラバース ()
石川貢 西武 会社員
山崎浩司 楽天 会社員
小斉祐輔 楽天 牛タン焼き専門店「司」見習社員(2016) ()
名店「牛や たん平」(2017-2020)
牛タン店「博多牛や たん平」開業 (2020/5) ()
上園啓史 楽天 一般企業 (-2016/5)
アムステルダム・ベースボール 選手兼コーチ (2016/5) ()

デ・フランシスコニンフ・ツインズ (2016) ()
滋賀ユナイテッドベースボールクラブ 監督 (2017) ()
阪神振興アカデミーコーチ (2018) ()
株式会社KJ office 起業 (2019-) ()
宮崎駿 ソフトバンク 大阪府警 (2016-) ()
大滝勇佑 ソフトバンク 大阪府警 (2016-) ()
斉藤勝 日本ハム 会社員
河野秀数 日本ハム 会社員 ()
佐藤賢治 日本ハム 会社員 (本人Twitterに記載)
榊原諒 オリックス 大森石油 (軟式野球部所属) ()
全三重クラブ (2019-)
前田祐二 オリックス 一条工務店 (2016-不明)
Jr .BATTING SCHOOL福岡 (不明) ()
ベースボールアカデミーLOS (不明) ()
服部泰卓 ロッテ 株式会社ミヤシタ (2016-) ()
早坂圭介 ロッテ 一般職 (2016)
BASEBALL 早坂 (2017)
人材派遣会社『I.S.B』 (2018) ()
2016年オフ 金平将至 日本ハム ジェイファムコーポレーション (2017-)
大坂谷啓生 楽天 旭鋼管工業生産部 (軟式野球部所属)
高堀和也 楽天 Attivo Gym ()
田中大輔 オリックス 東京海上日動あんしん生命 ()
白仁田寛和 オリックス 株式会社ドーム (2017-2018) ()
タイガースアカデミー ベースボールスクール (2019-)
森本将太 オリックス 一般企業 (2017-)
坂寄晴一 オリックス 兵庫県警 (2017-) ()
大田阿斗里 オリックス 警視庁 (2017-) ()
木村優太 ロッテ 積水ハウス (軟式野球部所属) (2017) ()
晃南土地株式会社 (2018-) ()
青松敬鎔 ロッテ ソニー生命営業部 ()
川本良平 楽天 アパグループ ()
相原和友 楽天 株式会社アキタアルペンスポーツ (横手ドーム勤務)
巽真悟 ソフトバンク エイジェック (2017) ()
株式会社ぜん (2018) ()

栃木ゴールデンブレーブス投手コーチ (2019-)
香月良太 巨人 株式会社ネットワークファッション ()
山下峻 DeNA 保険代理店営業 ()
萬谷康平 DeNA 株式会社coconie ()
呉屋開斗 中日 ストレッチ専門店「Dr.ストレッチ」(2017-) ()
石垣幸大 中日 株式会社ヒサダ (軟式野球部所属) (2017-) ()
川上竜平 ヤクルト パーソナルトレーナー
スマイルワークアウト 開業 (2020-) ()
松井淳 ヤクルト ジブラルタル生命保険株式会社 ()
寺田哲也 ヤクルト 会社員
2017年オフ 江柄子裕樹 巨人 アパグループ ()
松崎啄也 巨人 栃木県鹿沼市非常勤職員 (2018-) ()
鹿沼39 (2019-)
矢島陽平 巨人 会社員 (2018-) ()
土田瑞起 巨人 株式会社トラバース (2018)
アパグループ (2019-) ()
坂口真規 巨人 ソニー生命 (2018-)
下園辰哉 DeNA 株式会社Diara ()
横浜Denaベイスターズ2軍打撃コーチ (2020-)
林昌範 DeNA 船橋中央自動車学校 (営業部) ()
千葉テレビキャスター (2019-) ()
竹下真吾 ヤクルト 会社員
土肥寛昌 ヤクルト 三井不動産レジデンシャルリース (軟式野球部所属) ()
原泉 ヤクルト 喜界町職員 ()
高宮和也 阪神 ヒマラヤ泉大津店 ()
田面巧二郎 阪神 株式会社トラバース
大崎雄太朗 西武 YCP JAPAN ()
佐藤勇 西武 株式会社GSL ()
伊東亮大 楽天 会社員
福田将儀 楽天 ソニー生命
八木亮祐 オリックス ホシザキ株式会社
高木伴 オリックス 加圧スタジオトレーナー
REVENGE99 (クラブチーム)
JFAM EMANON (2019-) ()
東京ヴェルディ・バンバータ (2020) ()
信樂晃史 ロッテ 21フィットネスクラブ 運転手兼指導補助 (2018-) ()
ホークスキッズベースボールスクール (2019-)
吉本祥二 ソフトバンク ソフトバンク本社営業管理部門
星野大地 ソフトバンク ソフトバンク本社 (2018-)
SUNホールディングスコーチ (2019-)
2018年オフ 森山孔介 ソフトバンク ソフトバンク本社 ()
藤原良平 西武 ゼット株式会社
豊田拓矢 西武 就職活動中 (退団時)
坂本一将 オリックス 株式会社セガトイズ営業部 ()
安江嘉純 (育成) ロッテ スポーツ総合学園SEED硬式野球部監督 ()
大島匠 日本ハム 群馬県高崎市 臨時職員 (2019) ()
群馬県高崎市 正規職員 (2000) ()
佐藤祥万 カープ 木材加工・販売業 ()
青木陸 カープ 一般企業就職予定 (退団時)
鵜久森淳志 ヤクルト ソニー生命営業部 ()
久古健太郎 ヤクルト デトロイトトーマツコンサルティング ()
松沢裕介 (育成) 巨人 仮設足場工事会社タニモト ()
西濵幹紘 (育成) 中日 教員・硬式野球部コーチ
山本翔也 阪神 保険代理店コア・ライフプランニング株式会社 ()
2019年オフ 島袋洋奨 ソフトバンク 株式会社アスリートビジョン ()
中村晨 ソフトバンク 会社員 (本人Twitterには営業と記載)
斉藤彰吾 西武 リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ(株) ()
宮崎祐樹 オリックス アクサ生命 保険営業部 ()
塚原頌平 (育成) オリックス 株式会社オノデラ不動産()
島井寛仁 楽天 株式会社鮮ど市場プラス ()
木村聡司 カープ 静岡ガス軟式野球部 ()
西森将司 DeNA 不動産会社エンゼルホーム ()
2020年オフ 熊原健人 楽天 会社員 ()
南要輔 楽天 会社員 ()

 

① もうひとつの企業就職としての「社会人野球」

 

プロ野球退団後も現役選手として続けたい選手もいます。
その中で特に伸びてきているのは「社会人野球・クラブチーム」での現役です。

 

こうした流れもさきほどの会社員希望が増えていることにも繋がります
社会人野球の現役選手といえども、半分は会社員として生活しています。

半分は一般企業での経験を積みながら、選手生活も送ることができます。
また、引退後はそのまま会社に残って一般会社員として働くことも多いです。

いきなり一般企業でフルで働くよりもステップを踏むことができます。
また、「引退後の保険」があることで安心できるというメリットもあります。

社会人野球の進路については以下の記事で詳しく掲載しています。

 

③ 公務員として警察官に転職するプロ野球選手

 

公務員に転職といっても「事務職ではない公務員」もいます。
近年では体力を活かして警察官に転職する選手が増えています。

  • 美沢将選手 2016年に鹿児島県警採用試験に合格 (1年浪人)
  • 宮崎駿選手 2016年に大阪府警採用試験に合格
  • 大滝勇佑選手 2016年に大阪府警採用試験に合格
  • 坂寄晴一投手 2017年に警視庁再試験に合格
  • 大田阿斗里投手 2017年に警視庁再試験に合格

 

大阪府警には「自己推薦制度」があり、“プロスポーツの在籍経験”も含まれています。
そうしたこともあり、大阪府警に所属する元NPB選手が多いのかも知れません。

[ 過去に警察官に転職した選手 ]

選手名 所属
警察官 加登脇卓真 巨人 – 香川オリーブガイナーズ (2010-2011) – 試験浪人 (2012) – 警視庁 (2013-) ()
北野洸貴 ヤクルト- 会社員 (2013-不明) – 警視庁 (不明-) ()
庄司龍二 オリックス – 大阪府警 (2015-) ()
西川拓喜 オリックス – 大阪府警 (2015-) ()
美沢将 西武 – 試験浪人 (2015) -鹿児島県警 (2016-) ()
池ノ内亮介 カープ – 株式会社トラバース (2016) – 大阪府警 (2017-) ()
宮崎駿 ソフトバンク- 大阪府警 (2016-)
大滝勇佑 ソフトバンク – 大阪府警 (2016-)
坂寄晴一 オリックス- 兵庫県警 (2017-)
大田阿斗里 オリックス – 警視庁 (2017-)

 

④ 公務員として消防士に転職するプロ野球選手

 

警察官と同じく公務員として消防士に転職する選手もいます。
公務員という安定した職業であり、野球で築いた体力を活かせる職業です。

合格率10%程度とかなり難関ですが、近年は2人の選手が採用されています。
警察官の試験よりも難易度が高いため、選択する選手が少ないのかも知れませんね。

[ 過去に消防士に転職した選手 ]

選手名 所属
消防士 斎藤喜 阪急 -東京消防庁 (1971-2008) (オウムサリン事件に出動) ()
荒張裕司 日本ハム – 試験浪人 (2017) – 東京消防庁 (2018-) ()
川崎貴弘
(現・前田貴弘)
中日 – 試験浪人 (2017) – 三重県消防庁 (2018-) ()

 

前述の警察官となった美沢将選手は引退当初は消防士を目指していました
ただ、実兄が警視庁に所属している影響もあり、進路を警察官に変更したようです。

 

オフに行われるトライアウトを視察するスカウトは野球だけに限りません。
最近では警察官・警備会社・自衛隊・営業・他競技など多岐に渡ります()。

現役を引退したばかりで体力面での心配はありません。
人手不足で体力勝負な職業にとっては貴重な戦と考えているようですね。

ただ、2018年からは野球関係のスカウト以外は入場できなくなっています。
本来の野球を続けるという趣旨とは異なるため、場外での声掛けとなったようです。

 

[ スポンサーリンク ]

 

会社経営希望の増加と引退後の現実

 

アンケート調査と引退後の進路を比較してみます。
進路希望では会社経営が多いですが、実際に起業する選手は少ないです。
会社員に関しては2018年くらいから徐々に希望と進路が近づいています。

ただし、当然ながらアンケートの選手と引退した選手が異なります。
同時に一旦は会社員などで働いて、将来的に自ら起業をする選手もいます。

とはいえ、実際に引退すると簡単に起業という訳にはいかないようです。
理想と現実のギャップは実際にその立場になってわかることかも知れません。

 

※ グラフに誤りがあり[現実]は点線が正解です

 

[ 引退直後に起業した選手 ]

選手名 起業社名 事情内容
2015年オフ 土屋健二 M.H.B アスリートマネジメント
2016年オフ 米野智人 inning+ 飲食業
2017年オフ 江草仁貴 株式会社キアン (現役中に設立) デイサービス事業
小杉陽太 株式会社l’unique (2017年11月~)
META GATE (2020月9月~)
広告業・動画事業
野球動作分析・オンラインサロン運営
2019年オフ 西田直斗 Settedieci オーダースーツ事業
2019年オフ 水野滉也 株式会社BOUKEN クラウドファンディング事業 ()
友永翔太 株式会社RESKA アパレル事業・野球教室事業

[ アルバイト後に起業した選手 ]

選手名 起業社名 事情内容
2017年オフ 宇佐美塁大 cafe & bar 「BIGBASE」
(焼き鳥店アルバイト後起業)
カフェ事業
2018年オフ 枡田慎太郎 株式会社UMA
(ゴルフショップアルバイト後起業) ()
マイナスイオン生成器販

 

① 引退後の「起業」に向けて準備する選手も増えた

 

2019年のアンケートでは50%が「引退後のことは考えていない」と報告されています。
反面、近年では現役中から引退後に対して意識の高い選手が増えてきているのも事実です。

たとえば、DeNAベイスターズの選手たちにその傾向が見られます。
毎年春のキャンプ前日に球団経営者からマーケティング戦略のレクチャーが行われています。

球団の方向性や集客方法、グッズ販売のシステムなど具体的な内容が多いそうです。
実際に元DeNAの選手たちはその取り組みが役に立ったとメディアでよく口にしています。

現役中から積極的にビジネス系の本を読んだり、情報を仕入れたりと。
選手同士で本の紹介をしたりと少しずつ引退後に向けて取り組む選手が増えています。

実際に水野滉也投手や小杉陽太投手などは引退後すぐに起業しています。
球団自体にそういったビジネスマインドを持った選手が多いのかも知れませんね。

札幌日大高校 – 東海大学北海道 – DeNAベイスターズ
大学4年時には日米大学野球選手権で侍ジャパンのメンバーに選出 ()。
2016年ドラフト2位指名で入団するも、肩・ヒジの故障もあり
2019年で引退。
引退後は株式会社BOUKENを起業し、経営者として活躍している。

[ 通算成績 ] 1試合 0勝1敗 防御率5.79

二松學舍大学附属高校 – 亜細亜大学 (中退) – JR東日本 -DeNAベイスターズ
2008年ドラフト5位指名で入団し、先発・中継ぎで活躍して
2017年で引退。
引退後は株式会社l’uniqueを起業し、経営者として活躍している。

[ 通算成績 ] 86試合 6勝9敗2H 防御率5.04

 

② DeNAの経営陣はビジネス書を出版

 

DeNAの経営陣は以下のようにビジネス書を出版しています。
こうした書籍も選手たちの教育のひとつとして役に立っているのでしょう。

 

[ アスリート・体育会系向けの転職支援 ]

アスリート・体育会系の転職サイト
まずは無料会員登録から

 

合わせて読みたい関連記事

 

プロ野球退団後の関連記事は以下で詳しく掲載しています。

 

今回のまとめ

 

今回はセカンドキャリアのアンケート結果から傾向について話を進めてきました。
近年は安定思考やビジネス思考の傾向のためか会社員を希望する選手が増えています。

また、いつかは起業したいと考えている選手も増えてきました。
以前は引退後には飲食店経営などのイメージでしたが時代とともに変化しています。

また、引退後の選手を取り巻く環境の変化やOBの実績が増えたのも事実です。
そうしたこともあり、引退後についての考え方も変わってきたのかも知れません。

プロ野球は多くの選手が30歳までには引退となる厳しい世界。
いずれ訪れる引退に向けて、現役中から少しずつ準備しておくことも必要ですね。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。