【 新外国人 ケビン・クロン選手 】待望の”右の長距離砲”の獲得で強力打線の復活へ

簡単な自己紹介

JUNJUN
16年目の医療系国家資格取得者で野球を中心に活動。
現在は
『法律』も勉強中。
詳しいプロフィール

 

新外国人投手としてケビン・クロン選手との契約が合意に至りました。
今回はケビン・クロン選手のこれまでのキャリアについて話を進めていきます。

 

ブログ運営の方針

当ブログは『プロ野球の著作権・肖像権』に準じた運営を心掛けています。
また、使用している写真は著作者・肖像者に連絡をとり許可を頂いています。

 

[ スポンサーリンク ]

 

ケビン・クロン選手と契約合意

 

11月16日にケビン・クロン選手との契約が発表されました。
マスコミ各社に向けて発表された契約状況は以下の通りです。

  • Kevin Scott Cron
  • 1993年2月17日
  • 195cm、115kg
  • 右投げ・右打ち
  • 契約金 3150万円、年俸 8400万円
  • 背番号は未定

 

日本のマスコミに対し、広報を通じて以下のようにコメントもしています。

「2021年シーズンに向けてカープ球団の一員になれること、光栄に感じています。過去にNPBの試合や日本の野球を見たことがあり、広島でプレーする機会を与えられたことに、とてもエキサイティングな気持ちです。私の妻であるデラニーと私も、日本の文化を体験することや、広島の街を探検することを楽しみにしています。広島については良い話を多く聞いていますし、広島の人々のカープへの情熱やエナジーが素晴らしいとも聞いています。マツダ スタジアムで赤と白のユニフォームを着て、カープの歴史に貢献できることを待ちきれません。広島という素晴らしい街のためにプレーをすることをどれだけ楽しみにしているかということと、持ち合わせた力を各試合で出し切り広島に優勝を届けたいと願っていることをカープファンに知ってほしいです。カープファンの皆様、近いうちにお会いしましょう。」 

~ 広島東洋カープ https://www.carp.co.jp/news20/n-217.html

 

① アメリカでのキャリア

 

アメリカ時代は1つのMLB球団でプレーしています。
カープに入団する選手にしては珍しく1つの球団のみでプレーしています。

  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス

2020年10月31日に自由契約にてダイヤモンドバックスを退団しています。

在籍状況
2014 ダイヤモンドバックスがドラフト14位指名
2019 5月にジャイアンツ戦でメジャーデビュー
2020 10月にダイヤモンドバックスを自由契約

 

② ダイヤモンドバックス退団直後に日本でのプレーが報道

 

10月31日の退団直後に日本でプレーすることが現地新聞にて報道されました。
ただ「日本に向かっている」とだけ報道され、球団名の発表はありませんでした。

Slugger Kevin Cron is leaving the Diamondbacks and heading to Japan, according to a source.The Diamondbacks are selling Cron’s rights to a club in Nippon Professional Baseball, Japan’s top league.

情報筋によると、長距離砲のケビン・クロン選手はダイヤモンドバックスを離れて日本に向かっています。 ダイヤモンドバックスは、日本のトップリーグである日本プロ野球の球団にクロン選手の権利を売却しました。

Kevin Cron headed to play in Japan after Arizona Diamondbacks sell his rights / azcentral.com

 

[ スポンサーリンク ]

 

メジャーリーグでの成績

 

まずは2020年のシーズン成績を振り返ります。
上段がマイナー成績、下段がメジャー成績となっています。

2020年はマイナーが中止となり、メジャーの成績のみとなります。
8試合に出場していますが、安打を打つことなくシーズンを終えています

[ 2020年シーズン成績 ]

打撃成績
Miner 中止
2020 MLB 8試合 .000   0本   0打点

 

次にMLBでの通算成績は以下の通りです。
メジャーでの実績は少ないですが、長打力のある選手とひとめでわかります。

[ MLB通算成績 ]

打撃成績
MINOR通算 644試合 .280 151本 525打点
MLB通算 47試合 .245 6本   16打点

 

① MLBで最も活躍した2019年

 

ケビン・クロン選手がMLBデビューしたのが2019年。
5月24日に一塁手で初出場を果たし、39試合で6本塁打を放ち飛躍の1年となりました。

ただ、2020年は17打席に立つも安打はゼロ。
マイナーが中止になった影響もあるかも知れませんが精彩を欠いています。

[ 2019-2020年シーズン成績 ]

打撃成績
2019 39試合 .211 (15/71) 6本塁打 16打点
2020 8試合 .000 (0/17) 0本塁打 0打点

② 年度別の「試合出場数」と「強力なライバル」

 

入団後の年度別での所属レベルをグラフ化しました。
2年目以降は毎年100試合以上とコンスタントに出場しています。

 

ある程度、順調にステージを上げてステップアップしてきた印象です。
ただ、2020年はコロナウイルスの影響でマイナーリーグは中止になりました。

その影響があったのかメジャーで1本も安打を打てずにシーズンを終えています。
2019年に6本塁打を打ちましたが、2020年にメジャー定着とはなりませんでした。

また、同じ一塁手には強打のクリスチャン・ウォーカー選手がいます。
2019年には152試合で29本塁打を放ち、一気にレギュラーに定着しています。

そうした背景もあり、ケビン・クロス選手の出場機会は得られませんでした。
後述する守備位置との関係もあり、MLBでは厳しいと判断したのかも知れません。

[ クリスチャン・ウォーカー選手 (Christian Dickson Walker)

引用元 : MLB.com

③ 2019年には前田健太投手との対戦も

 

ちなみに2019年には前田健太投手とも対戦しています。

  • 対戦成績 ショートライナー


引用 : https://www.mlb.com/dodgers/video/maeda-k-s-pirela-c1951803783

 

④ MLBの打撃成績からは「長距離砲タイプ」

 

限られた映像しかないですが、明らかな長距離砲といったタイプです。
2019年には長打率.777を記録(OPS 1.223)し、えげつない成績を残しています。

また、出塁率も.350を超えるシーズンが多く、出塁面でも十分な成績。
2年目の2015年以降は毎年20本塁打以上を記録し、2019年には39本塁打を記録。

あとは日本の投手の変化球や配球に適性があるかどうか
上手くいけば30発を打てるタイプなので、2021年シーズンの結果を待ちましょう。


引用 : https://www.mlb.com/video/statcast-cron-s-453-ft-hr

 

[ スポンサーリンク ]

 

ポジション別の出場機会

 

次にポジション別の出場機会をグラフ化にしました。
ファーストとサードを守ってますが、ほとんどの試合でファーストでの出場です。

 

① カープではサードを守る可能性も

 

ただ、2018年にはサードで50試合以上に出場しています。
極端に守備率が悪い訳でもなく、全く守れない訳では無いようです。

2019年は堂林翔太選手が復調し、多く試合でサードを守ってきました。
ただ、9月以降は打撃面でも守備面でも精彩を欠くこともみられました。

打撃面での課題も以前と同じ状況となり、打球も上がらずといった状況。
2020年も同様の状態でスタートした場合、サードの再検討も必要でしょう。

 

[ スポンサーリンク ]

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめます。

  • アメリカではMLB1球団のみでプレー
  • 2019年にメジャーデビュー
  • ダイヤモンドバックス退団直後にカープと契約
  • 2020年はマイナーリーグ中止の影響か出場機会を失う
  • 打撃面では2019年に圧倒的な長打率を記録した
  • MLBでのポジションはファーストが主

 

今回のまとめ

 

今回はケビン・クロス選手のキャリアを中心に話を進めてきました。
急激では無いですが、ここまで順調にキャリアを積み上げてきています。
ただ、2020年に関してはマイナーリーグ中止で試合出場が激減しました。

カープにとっては待望の右の長距離砲の獲得。
2020年は外国人選手の長打力に苦労しましたが大きく改善できる可能性も。

鈴木誠也選手に頼るばかりの長打を補えれば大きなプラスとなります。
松山竜平選手の扱いも課題となりますが、それもチームにとっては良い悩み。

あとは日本に投手に対してどれだけ対応が可能なのか。
2021年には圧倒的な打撃力を披露していることを期待しています。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。