【 年間691件の検挙や逮捕者も 】野球中継・野球番組の「動画やスクショの違法アップロード(SNS・ネット投稿)」のリスクを調査

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
16年目になる医療系国家資格取得のトレーナーです
現在は「医学」に加えて「法律」も勉強しています。
※ 詳しいプロフィールはこちら

 

近年、野球中継や野球番組のネット投稿を多く目にするようになりました。
知らないことも多いかと思うので法律に沿った形で違法アップロードについて話を進めます。

 

野球中継や野球関連番組の違法アップロード

 

近年はSNSやYouTubeの影響で「違法にアップロード」した動画や画像が溢れています。
それに伴い、そういった違法行為に対しても抵抗が少ない世の中になってきました。

多くの人がやっていると麻痺(まひ)しがちですか、違法であることは変わりありません
ついやってしまったことでもリスクを背負っていることは自覚する必要があります。

弁護士の見解として以下のようなものがあります。

もし著作権者の許諾なくネットに投稿すると、著作権のひとつである『公衆送信権』(著作権法23条1項)を侵害することになります。また、テレビ局の『送信可能化権』(著作物をネットで公開する権利)の侵害にもなりますね。

~ 雪丸真吾弁護士 弁護士ドットコム https://www.bengo4.com/c_1015/c_17/n_1692/

中継番組自体は,著作物ですから,そのまま録画して公表すると著作権侵害となります。

~みずほ中央法律事務所・みずほ中央事務所 https://www.mc-law.jp/kigyohomu/4954/

映画やテレビ番組、音楽を録画・録音して、YouTube(ユーチューブ)などの動画投稿サイトに投稿する行為も著作権侵害となります。

~ アークレスト法律事務所 https://j-jurist.com/column_37_chosakuken.html

 

[ スポンサーリンク ]

 

① テレビ局の対応と違法アップロードの「警告」

 

各テレビ局もホームぺージで違法な投稿を警告しています。
あまり見ることがないかも知れませんが、各社ともにしっかりと記載がありました。

 

同時にテレビ業界や音楽業界などで協会を設立して対策もしています。
ホットラインでは違法アップロードの「情報提供窓口」を設けています。

 

[ 日本民間放送連盟 CM (15秒)「つかまるよ、マジで。」]


引用元 : https://www.youtube.com/watch?v=w9nQq52Pigc

 

② テレビやネット映像の「スクショ・写メ」の投稿も違反

 

テレビやネットの映像の「スクショ」をブログやSNSに掲載しているをよく目にします。
ただ著作権はテレビ局やネット配信会社にあり、許可なく使用した場合は当然ながら違反に。
それらは第三者によるネットの公開が禁止されており、「公衆送信権」の侵害となります。

以下のように弁護士は静止画であっても著作権侵害となると述べています。
動画でなくてもスクショ・写メ・キャプチャいずれにおいても著作権侵害となるようです。

放送されている動画が映っているテレビ・スクリーンなどを撮影して投稿することは,著作権侵害になります。

~ みずほ中央法律事務所・みずほ中央事務所 https://www.mc-law.jp/kigyohomu/4954/

著作権侵害(複製権侵害ないし公衆送信権侵害)にあたる可能性があります。

~ 甲本晃啓弁護士 弁護士ドットコム https://www.bengo4.com/c_1015/c_17/c_1263/b_534998/

 

[ 日本民間放送連盟 CM (15秒)「つかまるよ、マジで。」]


引用元 : https://www.youtube.com/watch?v=w9nQq52Pigc

 

[ スポンサーリンク ]

 

著作権侵害をした場合の罰則

 

もし著作権を侵害で訴えられ違反となった場合は以下となります。
民事は個人が個人に対して、刑事は国家が個人に対して訴求されます。

民事 ⇨ 差し止め請求損害賠償請求

刑事 ⇨ 最高懲役10年又は1000万円以下の罰金あるいはその両方

① スポーツ中継の違法アップロードで「1000万円」の損害賠償

 

スポーツ中継の違法アップロードで平成25年に以下のような判例があります。
被告は「UFC」という総合格闘技の試合をニコニコ動画に違法にアップロード。
判決では著作権侵害に該当するとし、1000万円の損害賠償請求を認めました。

要するに、請求額の差はあれど「違法アップロード」は損害賠償となるということ。
この判例により以降の裁判での判決もよほどのことが無い限りは変わらないでしょう

 

② プロ野球中継をYouTubeに生配信して逮捕

 

プロ野球中継をYouTubeに生配信をして逮捕された例もあります。
日本テレビやサンテレビが配信する野球中継を生配信したというもの。

長期に渡ったことや、登録者が35000人程度いたことから悪質と判断。
結果としてスポーツ中継の無許可の生配信で初の逮捕者となったようです。

ここから、ブログやSNSに投稿している場合でも同じ可能性は高いです。
長期的に行っていれば、よりその可能性も高くなるものと考えられます。

 

[ サンテレビ公式YouTube ]


引用元 :  https://www.youtube.com/watch?v=_EHSBExl6Gc

3番センター3番センター
もし逮捕されると実名と顔を公開されます。
そのリスクを負うだけの価値があるのでしょうか…

 

③ 平成30年の違法アップロードの検挙は「691件」

 

警視庁の発表では、平成30年の1年で違法アップロードで検挙されたのは691件
前年の平成29年が398件のようなので、前年比で「1.73倍」に増加はしています。

前年比で2倍近く検挙されていますので、違法行為の増加が想像できます。
また、それに対して警視庁側も厳しく取り締まり始めたことがわかります。

著作権法違反の検挙件数は691件と、29年と比べて大きく増加しており、過去5年でみると26年に次ぐ水準となっている。

~ 警視庁 平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について
https://www.npa.go.jp/publications/statistics/cybersecurity/data/H30_cyber_jousei.pdf

 

以下の記事は「違法アップロード」により摘発されニュースとなったものです。
上記の件数からいくと報道されるのは1%にも満たず、知らない所で日々摘発されています。

 

タイトルを編集

違法アップロードの「シェア」も違反

ブログやSNSで違法アップロードされた動画をシェアしている場合があります。
その場合、シェアをしているブログやSNSの登録者もペナルティとなります。
他人の動画をシェアする場合は「本人が撮ったもの」「公式なもの」にしましょう。

 

④ 海外のサーバーを経由しても日本の法律で裁かれる

 

他人のものでも海外のサーバーを経由すると大丈夫と言われていた時期があったようです。
しかし、1997年の著作権法改正でアップロードできるのは著作権者だけと定められました。

「送信可能化権」と呼ばれるもので、国内でアップロードした時点で「違法」となります。
サーバーがどの国にあっても、アップロードした場所が「日本」であれば同じです。

 

[ スポンサーリンク ]

 

「引用と記載をしたらOK」はよくある間違い

 

著作権には「引用」という方法もあります。
しかし、多くの場合でそのルールに沿っていないのが現状かと思います

単純に文章や画像の「引用 : 〇〇〇」と記載をしたら良いと思っていることが多いです。
しかし定められたルールに沿っていないため「違法」と判断される点に注意が必要です。

「引用」する場合は以下の要件を“全て満たす必要”があります。
いずれかではなく”全て”というところも勘違いしやすいところです。

 

以上のように「装飾の写真」や「文章起こし」は「引用」には該当しません
引用に対する「誤解」が多いなと思うことが多いのでお互い気を付けましょう。

著作権法32条1項

その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない

 

[ よくある「引用」を守れていないケース ]

 

① SNSでの「シェア」は著作権侵害にはならない

 

SNSで見かける「シェア」は著作権違反にはなりません。
この場合、『元の投稿そのまま』であるため運営会社から許可されています。

ただし、問題になるのは写真や文章などをダウンロードして使用する行為です。
この場合は元の投稿から切り離すため、著作権に対して問題が生じてきます。

もちろん引用のルールを守れば法律上は問題はありません。
とはいえ、ほとんどの場合で引用の記載はなく、他の条件も満たしていないのも現実です。

 

② ブログにSNSを貼る時は「埋め込み」を使用する

 

SNSの投稿をサイトに貼る場合は「埋め込み」からコードを貼り付けましょう
多くのSNSで右上にあるマークをクリックすると「埋め込み」という項目があります。

埋め込みであれば元の投稿からリンクした形になるので問題はありません。
ただし、埋め込み元が違法アップロードを行っていないか注意をしましょう

以下が代表的なSNSの「埋め込みコード」の表示ボタンの文言になります。

  • Twitter     </> ツイートを埋め込む ⇨ コードをコピー (※ 詳細)
  • Facebook    </> 埋め込み ⇨ コードをコピー (※ 詳細)

 

ただ、以下の記事の通りInstagramに関しては「埋め込み」は公式で禁止されています。
今後は投稿者が埋め込みを許可するかどうかを選択する機能を加えるか検討しているようです。

 

[ スポンサーリンク ]

 

プロ野球中継やテレビ番組の著作権のQ&A

 

プロ野球映像関係の著作権のQ&Aで以下にまとめておきます。

テレビの動画をネット上に投稿しても良いですか?

各テレビ局から注意喚起されており、公衆送信権の侵害で違法となります。

テレビの映像をスクショしてネット上に投稿しても良いですか?

動画と同様にスクショや写メなどの投稿も公衆送信権の侵害になります。

「引用」と記載していれば問題ないですか?

「引用」には4つのルールがあり、それに沿ってなければ違法です。

もし著作者にバレた場合はどうなりますか?

法的には「民事・刑事」で裁かれ、最悪の場合には逮捕もありえます。

 

野球ブログやSNSでやりがちな「著作権侵害」

  • テレビやネット映像をスクリーンショットや写真撮影して掲載している
  • インタビュー映像や記事を主従関係を守らず掲載している (ほぼコピペ)
  • 引用のルールを守らず写真や文章などを掲載している
  • テレビ映像など違法な配信動画のリンクをシェアしている

 

ネット上は「匿名」ではない”発信者情報開示請求”

 

今はある程度ネットの知識があれば色々と情報を調べられる時代です。
サイトやブログがどこの会社と契約しているか調べればすぐわかります

最近はSNS上でも「発信者情報開示請求をしました」という投稿を目にしますね。
ネットは匿名だと思いがちですが、そうではないことはちゃんと認識が必要です。

特定電気通信による情報の流通によって自己の権利を侵害されたとする者は、次の各号のいずれにも該当するときに限り、当該特定電気通信の用に供される特定電気通信設備を用いる特定電気通信役務提供者(以下「開示関係役務提供者」という。)に対し、当該開示関係役務提供者が保有する当該権利の侵害に係る発信者情報(氏名、住所その他の侵害情報の発信者の特定に資する情報であって総務省令で定めるものをいう。以下同じ。)の開示を請求することができる。

~ 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律 第四条

 

 

① サーバー会社とブログ会社も「発信者情報開示請求」の明記

 

以下の代表的なレンタルサーバー会社も発信者情報開示請求について明記しています。

 

また、代表的な無料ブログ運営会社も発信者情報開示請求について明示しています。

 

② 「発信者情報開示請求」の方法

 

発信者情報開示請求は専門家に頼らなくても、個人でも請求できます。
請求書(PDF)をプリントアウトして、いくつか必要事項を記載し、郵送するだけです。

 

情報が開示される流れは以下の通りです。

  1. STEP

    IPアドレス取得

    ネットワーク上にある機器を判別する番号を取得
  2. STEP

    プロバイダ特定

    IPアドレスから契約しているプロバイダを特定
  3. STEP

    登録情報の開示 (氏名・住所など)

    プロバイダに登録している情報を開示

 

 

③ 発信者情報開示請求の関連書籍

 

発信者情報開示請求についてもっと詳しく知りたい方は以下の書籍を参照ください。

 

著作権違反を助長させているのは「みる側」🙈

 

こういう著作権のことを調べて改めて思うことがあります。
「結局、著作権侵害の投稿をみてしまうからいけないんだよね…」と。
一緒になって面白がって見てしまうことで助長させてしまうのかなと。
そう思うようになって、SNSもブログもYouTubeもあまり見なくなりました。

3番センター3番センター
結局、“犯罪を応援”しているのと同じですよね…
そう感じるようになり、いいね!やシェアも辞めました。

もちろんそういうものばかりではないのですが、目に入ると気になるので。
違反するのは最後は自己責任なので、私もさらに勉強していきたいと思います。

法律は「知らなかった」は理由にならないのでお互いに気を付けましょう。
さほど利益のないことについ手を出して、敵を作っても仕方ないですので。
自分の身を守るのは結局は「自分自身の行動」ですね。

 

「野球中継・野球番組の違法アップロード」のまとめ

 

みんながしてるから大丈夫と思うのが一番怖いですね…
ただ、著作者が最初に目にしたものが自分になるかも知れません。
そうなると人の負の感情は最初に目したものに強く注がれがちです。

悪気なく知らず知らずということは自分もあるのかも知れません。
知らないことで、おおごとにならないよう気を付けたいと思います。
より良いブログ運営のために、少しずつ勉強していきたいと思います。

 

 

実際に読んでおススメの本

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。