【 レビュー 】振動効果を解説!ハイパーボルト・プラス・GOで筋膜リリースって本当?

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

簡単な自己紹介

JEY(ジェイ)JEY(ジェイ)
医療系国家資格取得16年目

◎ 野球を中心に活動
◎ スカパー!契約歴12年目
◎ 現在は「法律」を勉強中
◎ 所属先で著作権管理を担当

詳しいプロフィール

ハイパーボルト 筋膜リリース 効果

 

選手のセルフケアで最近よく目にする振動系のアイテム。
その中で実際に使用しているハイパーボルトについて少し紹介したいと思います。

 

Amazonギフト券もお得です

ギフト券はチャージや商品券などタイプも豊富!

 

 

 

ハイパーボルト(HYPERVOLT)とは?

 

簡単に言うと「振動刺激」を用いてセルフケアを行うアイテムです。
最近はスポーツ選手に限らず、自宅でセルフケアに使うユーザーも増えています。

Bluetooth搭載最新機種

[ 公式パートナーの大坂なおみ選手 ] 

youtube動画
参照 : Hyperice Presents Naomi Osaka Just Getting Started それに、まだまだこれからだから / hypericejapan

 

本日9:00~Amazonセール祭り開催中!

 

ハイパーボルトの効果

 

効果としてネットなどによく書かれているものは以下の通りです。

  • 筋膜リリース
  • 血流改善
  • こり解消
  • 可動域改善

 

本社のYouTubeにも以下のように使用後に血流が改善したとの動画が紹介されています。
確かに高速振動で筋肉が緩んで血流が改善することは体験的にもわかる方も多いと思います。
また、実際に可動域・筋の緊張・痛みが改善したという研究による報告はいくつもあります。

youtube動画
参照 : Hyperice Lab: Thermal Imaging with the Hypervolt / Hyperice

 

① 筋膜リリースの「エビデンス」が見当たらない

 

数年前から「筋膜リリース」という言葉をよく耳にするようになりました。
ここ数年はNHKや民放の健康番組でも「筋膜」について取り上げていましたよね。

本題の「振動で筋膜がリリースできるのか?」ですが現段階ではたぶん「?」
というより、それを証明するような研究報告は知っている限りはないようです。

筋膜リリースと聞くと、薄皮を「ペリペリ」とはがすイメージかと思います。
でも普通に考えて、皮膚の上から振動して癒着ゆちゃくがれるとは考えにくいですよね。
癒着した隙間に何か突っ込むのならわかりますが、物理的に無理かなとは思います。

 

JEY(ジェイ)JEY(ジェイ)
最近は『筋膜リリースできます!』と目にします。
でも、どこををみてもエビデンスの記載がありませんでした…

 

② 証明されていない情報に過度に流されない

 

筋膜(facia)はまだ解明されていない部分が多いです。
現時点では市販のツールで行う方法では「筋膜リリース」はできなさそうですね。

圧力・熱刺激などでゲル状になるという話もありますがごく短時間のようです。
また、皮膚の上からアプローチしても筋膜まで届かないという研究もあります。

そもそも筋膜だけに特化してこだわる必要自体ないようにも思います。
世の中にあるすべての体の不調や痛みが筋膜によるものではありません。

これまでも健康に関するいろんな情報がメディアで話題になりました。

  • インナーマッスルを鍛えるとダイエットに効果的
  • 体幹が大事だから体幹エクササイズが必要
  • 肩甲骨はがしで肩こり解消
  • ヒアルロン酸を飲んでヒザ痛が解消

でも、それぞれの定義は曖昧あいまいで、いつの間にか消え去っていきました。
特にヒアルロン酸に関しては飲んでも効果はほとんどないと否定されています。

「筋膜リリース」など流行り言葉に過度に流されないのも大事です。
利用者にとって筋膜かどうかはよりも効果があるかどうかが大事なので。

  • そもそもいわゆる筋膜は単なる膜状の組織ではない
  • 筋膜リリースは”過程”であり、起きている効果は”結果”
  • 効果があることと筋膜がリリースできたかどうかは別
  • エビデンスで証明されていない時点であくまでも”推測”

 

③ 研究にて報告されている振動の効果

 

振動による効果は研究にて報告されています。
そのメカニズムは割愛しますが、簡単にまとめると以下の通りです。

振動刺激による効果

  • 関節可動域の改善
  • 血流の改善
  • 筋緊張の抑制
  • 疼痛の緩和

 

上記をみてわかる通り、研究報告されているのは結果のみです。
その過程が筋膜によるものなのか、別のものなのかは現時点ではっきりしていません。

JEY(ジェイ)JEY(ジェイ)
販売代理店も筋膜リリースの文字をAmazonから”削除”しています。
記載している記事やYouTubeをよくみかけますが景品表示法に注意が必要です。

 

プロスポーツ選手たちもセルフケアで愛用

 

ハイパーボルトは多くのプロアスリートたちも使用しています。
以下はごく一例ですが、メディアでコメントしていた選手を紹介していきます。

① ハイパーボルトを使用するプロ野球選手たち

 

以下のようにプロ野球選手たちもハイパーボルトを愛用しています。

[ 西武 中村剛也選手 ]

「ヒースが使っているのを見ていいなあと思った」

西武中村「ハイパーボルト」導入で交流戦200打点 / 日刊スポーツ

 

[ DeNAベイスターズ 上茶谷大河投手 ]

 

[ サンディエゴ・パドレス タティス・ジュニア選手 ]

 

② 水泳の中村克選手もハイパーボルトをテレビで紹介

 

TBSの「東京VICTORY」で水泳の中村克選手もハイパーボルトを紹介していました。
練習後に使用すると疲労回復がはかれて、ケガしにくくなったとコメントしていました。

youtube動画
引用元 :『東京VICTORY』2/1(土) 競泳・100m自由形日本最速スイマー 中村克の強さの秘密に迫る!! / TBS 【公式】

 

③ その他の競技のトップアスリートも愛用

 

その他の競技のトップアスリートたちも以下のように愛用しています。

[ 空手日本代表 植草歩選手 ]

[ ヴィッセル神戸 安井拓也選手 ]

 

ハイパーボルトの購入方法

 

ハイパーボルトはAmazonや楽天などから購入可能です。
普段から利用しているところだと、ポイントもつくのでお得です。

ハイパーボルト (HYPERVOLT)

 

こちらは従来品のハイパーボルトです。
一般的に購入されているのはこちらの商品です。

Bluetooth搭載最新機種

補足

公式ではない店舗は偽物も多いのでご注意ください。
2021年6月21日からBluetooth搭載の新機種が発売されます。

② ハイパーボルト+ (HYPERVOLT PLUS)

 

ハイパーボルト+は従来品の1.5倍のモーターを搭載してパワーUPしました。
そのぶん、重量が加わったことで、従来品よりも0.2kgほど重くなっています。

Bluetooth搭載最新機種

補足

スポーツ選手など体格の良い方以外は必要ないかと思います。
2021年6月21日からBluetooth搭載の新機種が発売されます。

③ ハイパーボルト GO (HYPERVOLT GO)

 

ハイパーボルト GOは従来品に比べて30%軽量化されています。
ただ、パワーを比較すると20Wほど小さくなってはいるようです。

補足

機能面で特にこだわりがないのであればこちらで十分です。
価格も従来の製品に比べて半額以下と購入しやすくなってます。

 

④ 新機種からBluetooth搭載

 

ハイパーボルトと+の新機種からBluetooth®が搭載されています。
専用のアプリとペアリングすることで速度調整などが可能となります。

ひとまずは英語版アプリですが、今後は日本語版もリリース予定です。
公式から発表があるので日本語版が必要な方はしばらくお待ちください。

Hyperice

Hyperice

Hyper Ice, Inc無料posted withアプリーチ

 

⑤ ハイパーボルトシリーズの比較表

 

ハイパーボルトシリーズの比較は以下の通りです。
それぞれに合ったタイプを選んで購入してください。

ハイパーボルト

ハイパーボルト+

ハイパーボルトGO

パワー 60w 90w 40w
振動数 30~53Hz 30~53Hz 36~53Hz
回転数 1800~3180 1800~3180 2160~3180
サイズ 横28×縦36×幅9cm 横28×縦36×幅9cm
重量 約1.1kg 約1.3kg 約0.618kg
Bluetooth 搭載 (新機種) 搭載 (新機種)
定価 61050円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認
73260円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認
32780円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認

※ 実際の販売額は定価より2割程度安くなっています

 

⑥ 正規品であれば「1年間保証」

 

故障した場合は正規品であれば以下のように対応して頂けます。
正規販売店や正規代理店以外での購入の場合は保証がないので注意してください。

もし故障した場合は?

正規品であれば通常使用での故障は1年保証がついています。

保証期間外に故障した場合は?

正規品であればHYPERRICE JAPANにて有償で修理が可能です。
並行輸入品の場合は保証の対象とはならないのでご注意ください。

並行輸入品は保証がありますか?

総輸入元・正規代理店以外は「修理サポートの対象外」です。

 

現在、1年間保証がついているのはHYPERRICE JAPANとフィットネス市場のみです。
AmazonならHYPERRICE JAPAN、楽天市場ならフィットネス市場から購入してください。

 

本日9:00~Amazonセール祭り開催中!

総輸入元なら1年保証付き

正規代理店なら1年保証付き

 

ハイパーボルトのレビュー (気付いたこと)

 

ここからは自分で使用してわかったことをまとめます。
オプションや重さの問題などいくつかピックアップして説明します。

① 部位により「取り換えヘッド」を変えられる

 

ハイパーボルトは部位や用途に合わせてヘッドの取り換えが可能となっています。
取り外しもとても簡単で、女性でも問題なくヘッドを交換することができます。

ワインボトルのように軽く回しながら引っ張るとスポンと外すことができます。
狭い場所や広い面など体の形に合わせてヘッドを交換できるととても便利ですね。

 

② 毎日使うことを考えると値段は高くない

 

ハイパーボルトで1番気になるのが価格です。
確かにケアアイテムが50000円もすると考えると高いと感じるかも知れません

ただ、実費の治療やマッサージを受けにいくと1回で数千円します。
仮に月1回通ってたとしても、年間12回で数万円と結構なお金がかかってしまいます。

そういったことを考えると自宅で毎日セルフケアができればとても低価格です。
購入さえしておけばいつでもどこでもケアできるし、テレビを見ながらでもケアできます。

1度に50000円を払うと考えると高いですが、365日で考えると決して高くはないはず
毎日こまめにケアを続けていけば、高額な治療を受ける必要もなくなるかも知れません。

JEY(ジェイ)JEY(ジェイ)
なにより特別な技術が無くても使えるのが良い点です。
ただし、強く押し付けたりはしないようにしましょう。

ハイパーボルトGOなら低価格

2021年から低価格のハイパーボルトGOも販売が開始されました。
従来品の60%程度の価格になっており購入しやすくなりました。

 

③ 女性なら「ハイパーボルト GO」がおすすめ

 

ハイパーボルトは女性が片手で扱うにはちょっと重いかも知れません。
小さくて軽いのものが良いという方にはハイパーボルトGOがおすすめです。

正直、1kg以上あると一般女性には持っているだけで大変です。
ハイパーボルトGOなら600g程度とペットボトルより少し重い程度です。

 

④ 折りたたみマッサージベッドはうつ伏せに便利

 

わが家では家族のケアをする際は、折りたたみ式のマッサージベッドを使用しています。
布団やカーペットでも良いのですが、うつ伏せ時に首を横に向けるためリラックスできません

マッサージベッドなら穴が開いているので、そこから顔を出すので首の負担も無くなります。
プロ用としては物足りない作りですが、自宅用なら下のような10,000円前後のもので十分です。

 

HYPERVOLT専用アイテム

 

HYPERVOLTには専用ケースやアタッチメントも販売されています。
無くても問題はありませんが、必要な場合は購入しても良いですね。

① HYPERVOLT専用ケース (従来品のみ)

 

少し値段は高いですが、ケースがあった方がキズや故障を防げます
ただ、持ち運びはせず自宅だけで使うのであれば特に必要はありません。

定価 8,250円

② HYPERVOLT用アタッチメント

 

ハイパーボルトのアタッチメントです。
アタッチメントの損傷や不足の場合に買い足すことができます。

定価 6,050円

 

会社概要

HIPERICE JAPAN (株式会社モントルー)

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋1-1-1中塚ビル504
TEL 06-6131-4780
運営統括責任者名 堀江友梨

 

他の製品も探してみる

 

その他のおすすめのマッサージガン機種は以下で紹介しています。

 

ハイパーボルトを販売するHYPERICEは他にも振動系ツールが充実しています。

 

どうせ買うならお得に購入

 

 

今回のまとめ

 

今回は選手のセルフケアアイテムについて話を進めてきました。
最近は様々なアイテムが販売され、スポーツ現場で活用されています。

日々のコンディショニング管理は選手もそれ以外も変わりません。
先の人生のためにより健康に気を使って動ける体を維持したいですね。

 

他にも記事を読みたい

 

文章・画像の転載はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。