【 長野久義選手は左投手と右投手の対戦成績を検証 】2018年までのデータはどちらが得意?

簡単な自己紹介

JUNJUN
16年目の医療系国家資格取得者で野球を中心に活動し、現在は『法律』も勉強中です。
詳しいプロフィール

 

左右どちらの投手が得意なのかを以前にもこのブログでとりあげました。
今回は長野久義選手に注目して過去の数字から分析していきたいと思います。

 

2014~2018年の対右投手・対左投手の打撃成績

 

ひとまずデータを振り返っていきます。
年度別に打率の良い方を赤い文字で表示しました。

対右投手 対左投手
2014 .292  7本  41点 .307  6本  21点
2015 .239  9本  42点 .281  6本  10点
2016 .277  7本  25点 .298  4本  17点
2017 .264 11本  33点 .256  5本  13点
2018 .304  9本  31点 .260  6本  21点
通算打率 .275 .280

2014~2016年までは対左投手の方が良い成績を記録しています。
しかし、2017~2018年は逆転して対右投手の方が良い成績を残しました。

2014~2018年の対右・左投手の通算打率をみていきます。
通算では極端な差はなく、どちらかに偏っているという訳では無さそうです。
本人が感覚としてどちらを得意としているか是非聞いてみたいところですね。

 

[ スポンサーリンク ]

 

2019年のここまでの打撃成績

 

2019年のここまでの対右・左投手打撃成績をみていきます。

対右投手 対左投手
2019 .000  0本  0点 .444  1本  1点

対右投手に対しては、安打を1本も記録していません。
逆に対左投手では.444とかなり打っていることがわかります。
ただ、まだ22打数と少ないデータなのでここからどう変わっていくかです。

 

[ スポンサーリンク ]

 

年度別にみた長野久義選手の得点貢献度

 

最後に年度別にどれだけチームの得点に貢献したのかをみていきます。
比較として、丸佳浩選手と鈴木誠也選手のデータも同時に載せておきます。

平均の選手が100としてみるとそれ以上が平均以上になります。
2016年の対右投手は平均値を下回ったものの、概ね平均以上を記録しました。

丸佳浩選手と鈴木誠也選手に比べると低いものの主力選手級の働きをしています。
2019年はここからどれだけ巻き返しできるかが期待されるところです。

 

ここまでわかったこと

 

  • 2014~2016年の間は左投手を得意としていた
  • 2017~2018年の間は右投手を得意としていた
  • 通算打率では左・右投手で顕著な差はなかった
  • 2019年現時点は右投手を得意とし、左投手から打っていない
  • 毎年平均的にチームの得点に貢献してきた

 

今回のまとめ

 

今回は長野久義選手の対右・左投手の打撃成績について述べてきました。
左右で顕著な傾向はみられなかったですが、安定した成績を残してきています。

2019年はレフトを他の選手と併用されながら出ることになるでしょう。
チーム方針として主に対左投手時のスタメンや代打要因の可能性が高いです。

ここまで期待されたような打撃成績は確かに残っていません。
しかし、以前提示したデータでは6月からは打撃成績があがっています。

スロースターターと呼ばれている長野久義選手。
年間を通して、どこかでチームに大きく貢献してくれることでしょう。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。