新外国人ホセ・ピレラ選手のメジャーリーグでの打撃成績や内野&外野の守備位置をフカボリ

f:id:carp-toyo:20191212142428p:plain

 

新外国人投手としてホセ・ピレラ選手との契約が合意に至りました。
今回はホセ・ピレラ選手のこれまでのキャリアについて話を進めていきます。

 

 

ホセ・ピレラ選手と契約合意

 

11月2日にホセ・ピレラ選手とカープとの契約が発表された。
マスコミ各社に向けて発表された契約状況は以下の通りである。

  • ベネズエラ出身
  • 1989年11月22日(29歳)
  • 182cm、99kg
  • 右投げ・右打ち
  • 契約金3000万円、年俸6500万円
  • 背番号は未定

日本のマスコミに対し、広報を通じて以下のようにコメントもしている。

「素晴らしい球団の一員になれることに、とても興奮しています。また2020年シーズンが始まることをとても楽しみにしています。皆様の応援よろしくお願いします。」

 

アメリカでのキャリア

 

  • 2005年 MLBドラフトで指名されず
  • 2006年 7月にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約
  • 2015年 11月にサンディエゴ・パドレスにトレード
  • 2019年 7月にサンディエゴ・パドレスから戦力外通告
  • 2019年 7月に金銭トレードでフィラデルフィア・フィリーズに移籍
  • 2014年 11月にフィラデルフィア・フィリーズを退団

アメリカではMLB3球団でプレーしている。
先日のDJ.ジョンソン投手同様にドラフトで指名なくMLB球団と契約に至った。
日本では現在はあり得ないが、以前はドラフト外入団というものが存在した。

www.mlb.com

 

メジャーリーグでの成績

 

まずは2019年のシーズン成績を振り返る。
上段がマイナー成績、下段がメジャー成績になる。

  • 2019AAA 88試合 .327 22本 73打点 (パドレス・フィリーズ)
  • 2019MLB 14試合 .182   1本   2打点 (パドレス・フィリーズ)

次にMLBでの通算成績は以下の通りとなる。

  • MINOR通算 1031試合 .282 85本 501打点
  • MLB通算       302試合 .257 17本   82打点

もっとも活躍が目立ったのが2017年。
6月にMLBに昇格すると1週間で打率.500、2本塁打の活躍を見せた。
その後、主にレフトのレギュラーを取り、10本塁打を放った。
2018年は自己最多の146試合に出たが、打撃面で精彩を欠いた。
MLBである程度の活躍が出来たのはこの2年のみとなった。

  • 2017年   83試合 .288 (90/312) 10本塁打 40打点
  • 2018年 146試合 .249 (109/438) 5本塁打 32打点

「フィリーズ退団」の報道直後の契約発表

 

11月2日の日本時間早朝にフィリーズの退団が発表された。
その際は、「日本球団でのプレイを目指す」との報道で球団名は無かった。
同日の午前中に日本メディアに「カープが獲得」という報道が流れた。
DJ.ジョンソン投手に続き、報道が出てすぐの電光石火の契約となった。

www.mlbtraderumors.com

報知新聞カープ担当の球団への取材によると…

「なるべく早くいい選手を獲りたかったので、所属球団に移籍金を払うことをためらわなかったから」

と電光石火の獲得の裏に「早急な移籍金の提示」があったことが明かされている。
DJ.ジョンソン投手も際も同様に球団が早急に動いた結果だったと予想できる。

MLBではどのくらい活躍したのか?

 

入団後の年度別での所属レベルをグラフ化した。
見ての通り、赤で示したトップチームで多く出場したのは2018年のみ。
2017年はまずまずの出場だが、2019年はこの2年と比べて激減した。
順調にキャリアを積み上げてきていたが、2019年は伸び悩んでいる様子。
ただ、マイナーで3割20本を超えており、選手層が関係した可能性もある。
フェルナンド・タティス.Jr選手の台頭、マニー・マチャド選手の移籍。
また、前年にはエリック・ホズマー選手も8年契約で移籍している。
そして、彼ら3人の内野手が年間20本塁打以上を記録している。
また、外野にも30本塁打のハンター・レンフロー選手もいる。
2人の新戦力に押し出される形で出場機会を失ったのかも知れない。

図1 2007~2019年の所属組織
f:id:carp-toyo:20191104185141p:plain

 

打撃成績を判断するのは難しい

 

日本人のようなコンタクトの高いバッティングスタイルではない。
また、四球が少ないためか、出塁率が.300程度とやや低いのが気になる。
日本に来た場合、勝負を避けられる可能性もあるがどう変化するのか。
長打力に関しては「中距離打者タイプ」といったところの数字。
マイナーリーグでも最多本塁打が18本と多くの本数は打ってはいない。
当たれば飛ばせる力はあるので、どれだけ的確にコンタクト出来るのか。

日本で適性を見せるか、全く機能しないのか読めないのが正直なところ。
確認出来た映像からデータを割り出したが大枠としては把握出来た。
伏せてはおくが、少なからず特定のコースに弱い印象を受ける。
おそらくデータの揃った5月あたりからは徹底的に攻められるパターン。
配球が同じコースに集まり始めて、苦しむ時期があるタイプと予想。
それを覆すのか、露呈してしまうのか2020年シーズンの結果を待とう。


Pirela’s 2-run home run | 09/18/2019 | MLB.com

 

ポジション別の出場機会

 

次にポジション別の出場機会をグラフ化にした。
ここではMLBの出場機会のみをピックアップし積み上げ式にした。
最も多いのがセカンド、次に多いのがレフト(左翼)で、サードは僅かに1試合。
守ったポジションとしては5つだが、基本的にはその2つのポジション。

図2 ポジション別の出場機会
f:id:carp-toyo:20191104185214p:plain

カープで考えると、セカンドは菊池涼介選手だが現段階では去就が不明。
レフトは松山竜平選手、長野久義選手、野間峻祥選手、バティスタ選手。
ただ、松山選手がファーストに入る可能性が高いため、筆頭は長野選手になる。
菊池涼介選手が残留した場合はセカンドに入ることはほぼ無いと思われる。

もしMLBにポスティングで退団した場合はセカンドに入る可能性は出てくる。
しかし、外国人選手の場合、3年がベースと考えると日本人の方が良い。
田中広輔選手の状況次第でショートなのか、現段階で定かではない。
セカンドやサードへのコンバートも十分に考えられる、特にサード。

そういった感じで、現段階では菊池選手と田中選手が流動的な状況。
それら次第で、小園海斗選手やピレラ選手の配置も決まってくるだろう。
ピレラ選手もサードはあまり守っていないが、無難に守れるとなれば心強い。
サードを守れれば、野手陣で最も大きなウイークポイントが埋められる

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

2020年カープの外国人選手は7人目

 

投手はK・ジョンソン投手、フランスア投手、DJ.ジョンソン投手、モンティージャ投手。
野手はアレハンドロ・メヒア選手、ファン・サンタナ選手。
ホセ・ピレラ選手の契約が合意したことで、2020年は7人目の予定。

あとは2019年所属組の保留中のレグナルト投手との契約がどうなるのか。
シーズン前半は良かったが後半で大きく崩れ、そこをどう判断するのか。

薬物違反のバティスタ選手に関しても現在の所は契約は不明。
ただ、ホセ・ピレラ選手を獲得したことにより、解雇の可能性も出てきた。
日本での実績は無いが、内外野を守れ、内野は遊撃以外をMLBで経験している。
すでに外野手は飽和状態のため、出来れば内野を守れる外国人を使いたい。

2019年に支配下契約したサンタナ選手も内野全般を守ることが出来る。
しかし、打撃も守備も1軍レベルではなく、1軍登録後も精彩を欠いた。
長打力のない選手に1軍外国人枠の1つを使うのは正直勿体ない

ドミニカのウィンターリーグに参加中のバティスタ選手は極度の不振。
すでにモチベーションを失っている可能性があるのかも知れない。
不振のためか最下位チームへの放出されたようでドミニカでも立場が危うい。

※ 追記 記事投稿翌日にサンタナ選手は想定通り構想外

関連記事はこちら

 

ここまでわかったこと

 

  • アメリカではMLB5球団でプレー
  • 2017年と2018年の2年間はMLBで活躍
  • フィリーズ退団後すぐにカープが契約
  • 2019年は補強の影響か出場機会を失う
  • 打撃面では特定のコースに課題が見られる
  • MLBでのポジションはセカンドとレフトが主
  • 2020年の外国人選手は6人目となる

2020年のカープ新外国人選手の記事はこちら

 

今回のまとめ

 

今回はホセ・ピレラ選手のキャリアを中心に話を進めてきた。
順調にキャリアを積み上げてきたが、2019年は出場機会が激減した。
そして新たな環境を求めて日本でのプレーすることを選択したようだ。

カープにとっては内外野を守れる選手が加入したのは頼もしい。
セカンドを守れる選手であれば、サードやファーストを守れる可能性が高い。
2019年もウイークポイントとなったサードを埋めてくれる助かるのが本音。
また、本職のいないファーストに関しても同じことが言えるだろう。
開幕前から何度も記事にしたようにファーストの守備を甘く考え過ぎていた。
いずれにせよ、「ポジション」という意味では加入は大きい。

あとは必須課題となる打撃面となるがそこは未知数な面が多い。
どんな形でもチームにとって欠かせない選手となることを期待したい。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

SLUGGER増刊号 2019メジャーリーガー555人の通信簿

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.