2019年カープリリーフ陣の「球数」を検証、菊池保則投手と阪神リリーフ陣の"タフネスさ"

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
整形外科系の国家資格取得のトレーナーです
現在は「法律」の勉強もしています。

f:id:carp-toyo:20191216001417p:plain

 

障害予防や投手交代など様々な場面で注目を浴びる「球数」。
今回はリリーフ投手の球数についてトレードも絡めて話を進めていきます。

 

「1イニングでの球数」を検証

 

グラフは2019年の主なリリーフ陣の「1イニングの球数平均」になります。
平均で見た場合、1イニングで最も球数を多く投げているのは中﨑翔太投手
そして、新戦力となった島内颯太郎投手、遠藤淳志投手がそれに続いています。
逆に最も少ないのがこちらも新戦力となった菊池保則投手、中村恭平投手
その他、外国人投手と実績組のベテラン投手がその中間に位置しています。

図1 1イニングに対する球数
f:id:carp-toyo:20191101195353p:plain

 

次いで、先ほどの投手の球数をオールスター前後で比較しました。
後半戦に入って顕著に球数が増加している投手が以下の4名。
遠藤淳志投手、レグナルト投手、中村恭平投手、一岡竜司投手。

ただ、一岡投手は後半戦は1イニングのみなので除外とします。
上記の3名は前半戦でフル回転の活躍が目立った投手たち
しかし、夏場を迎える頃から少しずつバテてきた姿も見られました。

逆に後半戦に入って球数を減らしているのが菊池保則投手
本人も「夏が得意」というだけあって、暑い時期でもバテ知らず。
夏本番を迎えても調子を崩すことなく、フルシーズンを投げ切りました。

図2 シーズン前半戦と後半戦の球数比較
f:id:carp-toyo:20191101195334p:plain

 

次に先ほどピックアップした4投手の月別の平均値で比較します。
遠藤投手とレグナルト投手は後半戦に入って、顕著に球数が増えました。

逆に、菊池保投手は7月以降からイニング球数を減らすことに成功しています
夏のしんどい時期に、少ない球数で済むのは体力面で大きなプラスに。
フルシーズン離脱することなく投げ切れた理由はこの辺にもあります。
「夏場は得意」と言うだけあって、実際にそれを証明して見せました。

図3 月別のイニング球数の比較
f:id:carp-toyo:20191101195310p:plain

 

 

菊池保則投手の球数が少ない理由とは?

 

セ・リーグで30イニング以上投げたリリーフ投手をピックアップ。
そこから、“被打率”を割り出してみると、菊池保則投手はリーグ4位の低さ
そして、菊池投手以外のメンバーが「全員が阪神」というのも凄いですね。

  1. 岩崎優 (阪神)   .131 48試合
  2. 藤川球児 (阪神)  .153 56試合
  3. ジョンソン (阪神) .165 58試合
  4. 菊池保則 (広島)  .188 58試合
  5. ドリス (阪神)   .190 56試合

鉄壁の阪神リリーフ陣の中に割って入った菊池投手の被打率。
いかに安打を打たれずに球数を抑えられていたかがよくわかります
こうしたことの積み重ねで夏場も離脱せずフルシーズン投げ抜けた。

被打率

投手が打者に安打を打たれる割合

 

同様に、30イニング以上投げた投手の”被出塁率”を割り出しました。
やはり阪神リリーフ陣が上位を占める中で菊池投手は堂々4位に位置

  1. 岩崎 (阪神)    .217 48試合
  2. ジョンソン (阪神) .217 58試合
  3. ドリス (阪神)   .238 56試合
  4. 島本 (阪神)    .267 63試合
  5. 菊池保 (広島)   .268 67試合
  6. 守屋 (阪神)    .268 57試合

被打率の低さだけでなく、その他の四球などでも塁に出す機会も少ない。
このようにランナーを塁に出さないことで、 少ない球数を維持出来ました。
四球で崩れることなく低めに集めて打ち取る、効率的な投球術が光りました。

被出塁率

投手が打者を塁に出す割合

 

 三振は派手だがどうアウトを取るかが大事

 

野球の魅力のひとつに「奪三振」があります。
「〇〇奪三振で新記録!」など華やかさの象徴としてよく取り上げています。
奪三振の多い投手は見ててもカッコ良いし、期待感やワクワク感が強いです。

ただ、冷静に考えれば、三振もゴロアウトもひとつのアウトに過ぎません
1球で全打席抑えられれば、27球で完封して終わることができます。
逆に三振が多い場合は、追い込むのに球数を要し、身体的負担はかかります
たまの1試合なら良いですが、毎試合だと積み重ねの負担は大きくなります。

単純にわかりやすいところでは「疲労」という側面での負担があります。
フルシーズンを離脱せずに戦うためのにはそれだけ体力も必要です。
小さな負担でも、積み重なれば「塵も積もれば」になってきます
仮にA投手とB投手で1試合5球違ったとして、50試合に投げれば250球。
それが5年続けば1250球、10年続けば2500球と積み重ねが大きな差に
それだけ多く投げていれば、それだけ体力的な面で負担は大きくなります。

また、プロレベルで1球を投げる肩やヒジへのストレスは小さくありません。
野球の場合、各関節に対する小さなストレスの積み重ねによる故障が多いです。
つまり、球数が多いということはそれだけ関節に対して負担をかけています
それが毎試合のように続けば、小さなストレスも致命的な故障にも繋がります。

そう考えていくと、三振で派手にアウトを取ることが全てではありません。
“ひねくれた言い方”をすれば、わざわざストレスをかけているとも言えます。
投手の役割は「勝ちに繋げること」と考えれば、三振である必要ではありません
ランナーを出さず、少ない球数でアウトを取れれば、それだけ長く投げられます。
27球で完封は極端な話ですが、極論で言えばそれが一番良い方法と言えます。

派手に三振を取っていたけど、ヒジを壊して2~3年で終わり。
それよりも地味でも長くチームに貢献出来る方が投手として良いのは明らかです。
そういった投手は離脱も少なく、チームの戦力ダウンのリスクは低くなります。
そうなるとチーム成績が安定することで、戦力補強の面でも余裕が生まれます。
「離脱者の穴埋め」に追われるドラフトやFA補強もあまり必要がなくなります。

ヤクルトのように毎年毎年離脱が続くと、いくら補強しても追い付きません。
ソフトバンクの厚い選手層があれば良いが、全てのチームがそうはいきません。
毎年のように離脱しても優勝出来るのはソフトバンクだからで真似は出来ません。
そう考えると、強さや派手さも必要ですが、そうでない投手も評価するべきです。
地味だけど、少ない球数で丁寧にアウトを積み重ねていく投球スタイルも大事

阪神のリリーフ陣みると、ほとんどの投手が球数がリーグ平均を下回っています。
「わずか数球」の差ですが、その積み重ねが鉄壁リリーフ陣を維持できる理由に。
藤川投手の奪三振が象徴として目立ちますが、その他の投手の投球も素晴らしい。
あとは打撃陣さえ安定してくれば、間違いなく優勝争い出来るだろうと思います。

 

 

過去10年のトレードで初の成功例

 

過去10年のカープがトレードで獲得した選手は以下の通り。
正直な感想として、戦力にならずほぼ”空振り”に終わってきたのが現実です

  • 2010/5   迎祐一郎 (→ 長谷川昌幸・喜田剛)
  • 2010/11 菊地原毅 (→ 小島心二郎)
  • 2012/12 江草仁貴 (→ 嶋重宜)
  • 2013/4   小野淳平 (→ 青木高広)
  • 2018/7   曽根海成 (→ 美間優輝)
  • 2018/11 菊池保則 (→ 福井優哉)
  • 2019/7   三好匠  (→ 下水流昂)

ただ、これまで不発だったトレードでしたが、菊池投手が過去10年で初の成功例に
記憶をたどっても、移籍後すぐにフルに活躍した選手はたぶんカープにはいません。
登板数は9年間の楽天時代通算の69試合に迫る勢いの58試合を記録しました。
良い結果を生まなかったトレードでしたが、菊池投手がそれを覆(くつがえ)しました

  • 2010~2018年 69試合 12勝15敗 270回 4.23
  • 2019年     58試合   1勝  3敗   61回 2.80

ちなみに、曽根選手とトレードになった美間優輝選手は先日戦力外となりました。
生え抜き選手ではない立場になると早めにリリースされる可能性も高くなります。
2018年7月に移籍して、1年3ヵ月と短いソフトバンクでの選手生活でした。
美間選手はトライアウトは受けず、このまま現役を引退する意向とのことです。
2019年の美間選手の打撃成績は以下の通りです。

  • 2019年1軍成績 15試合   22打数  2安打 1本塁打   1打点 .091
  • 2019年2軍成績 83試合 250打数69安打 4本塁打 29打点 .276

ソフトB戦力外の江川と美間が引退示唆 –  SANSPO.COM(サンスポ)
ソフトバンク美間が戦力外、引退表明「悔いはない」|【西日本スポーツ】

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめます。

  • イニングでの球数が多いのは中﨑投手、少ないのは菊池保投手
  • 遠藤投手、レグナルト投手、中村恭投手は後半に球数が増加
  • 菊池保投手は夏場に入る7月以降に球数が減少
  • 菊池保投手の被打率と被出塁率はリーグトップクラス
  • 三振も大事だがアウトを効率よくとるのも大事
  • 菊池投手が過去10年で初のトレード成功例

菊池保則投手の関連記事はこちら

阪神リリーフ陣の関連記事はこちら

 

今回のまとめ

 

今回はリリーフ陣の球数に注目して話を進めてきました。
カープの中では菊池保則投手のコスパの良い投球が目立ちます。
逆に中﨑翔太投手の不振がシーズン成績に響いたともいえます。

そして、鉄壁の阪神リリーフ陣はさすがのひとこと
ベテランが活躍しながら、新戦力が上手く加わっていきます。
戦力の循環が上手く出来ており、12球団屈指のリリーフ陣と言えます。

改めて、菊池保則投手の話に戻ります。
今回のトレードは2019年のカープにとって大きなプラスとなりました。
もししなかったら、リリーフ陣はもっと崩壊していただろうと思います。
正直、ここまでフル回転してくれると予想してなかった人も多いでしょう。
予想を上回る成績を残した活躍は、地味ながら欠かせない存在に。
本人にとっても環境が変わることで飛躍するきっかけとなりました。

プロ入り初めてフル回転したシーズンとなった菊池保則投手。
2020年も地味ながらもシーズン通した活躍をする姿を期待しています。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

CARP2019熱き闘いの記録 ~頂きをめざして~

Amazonで探してみる

※ 当ブログの文章、写真、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 写真は広島東洋カープに電話で問い合わせ著作権に準じて掲載しています。