新外国人DJ.ジョンソン投手のメジャーリーグでの成績や球速・球種・投球内容をフカボリ

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
私は国家資格保有のトレーナーです
現在は「法律」の勉強もしています。

f:id:carp-toyo:20191212144811p:plain

 

新外国人投手としてDJ.ジョンソン投手との契約が合意に至りました。
今回はDJ.ジョンソン投手のこれまでのキャリアについて話を進めていきます。

 

DJ.ジョンソン投手と契約合意

 

10月25日にDJ.ジョンソン投手との契約が発表されました。
マスコミ各社に向けて発表された契約状況は以下の通りです。

  • 1989年8月30日(30歳)
  • 193cm、104kg
  • 右投げ・左打ち
  • 契約金1600万円、年俸6000万+出来高
  • 背番号は未定

日本のマスコミに対し、広報を通じて以下のようにコメントもしています。

「自分の力が日本で証明できる新たな機会をとても楽しみにしています。チームの勝利に貢献できるように全力を尽くしたいと思います。応援よろしくお願いします」

www.baseballamerica.com

 

アメリカでのキャリア

 

  • 2009年 MLBドラフトで指名されず
  • 2010年 6月にタンパベイ・レイズとマイナー契約
  • 2011年 7月まで独立リーグに所属
  • 2011年 7月にアリゾナ・ダイヤモンドバックスにマイナー契約
  • 2014年 7月まで独立リーグに所属
  • 2014年 7月にミネソタ・ツインズに入団
  • 2016年 マイアミ・マーリンズと契約後、アナハイム・エンゼルスに移籍
  • 2017年 コロラド・ロッキーズとマイナー契約
  • 2019年 10月にコロラド・ロッキーズがリリース(放出)

アメリカではMLB5球団、独立リーグ1球団でプレーしています。
ドラフト指名が無く契約に至ったことからもエリート選手ではありません。
日本的に言えば「苦労人」といった感じのプロ野球人生を歩んでいます。

 

メジャーリーグでの成績

 

まずは2019年のシーズン成績を振り返る。
上段がマイナー成績、下段がメジャー成績になる。

  • 2019AAA 40試合(48回) 4勝1敗 5.63
  • 2019MLB 28試合(25回) 0勝2敗 5.04

次にMLBでの通算成績は以下の通りとなる。

  • MINOR通算 313試合(406回)    21勝20敗 3.81
  • MLB通算       35試合(31回1/3)   1勝  2敗 4.88

 

 

10月23日にロッキーズがリリース(放出)

 

10月23日にコロラド・ロッキーズがDJ.ジョンソン投手をリリース。
同時に、ジョンソン投手が日本でのプレイを希望していることも報道されました。
本日、カープが獲得を発表したことから24日には契約を交わしたことになります。
事前に調査はしているとは思いますが、カープ球団が即獲得に動いて契約が合意に。

www.mlbtraderumors.com

 

投手タイプは先発?リリーフ?

 

プロ入りした2010年からの年間登板数を見ていきます。
2011年と2014年の前半は独立リーグのTraverse City Beach Bumsでプレイ。
2013年に関しては、ケガのため登板することなくシーズンを終えています。
登板数を見ていくと、選手生活を通して中継ぎ投手が主な役割とわかります。
10年間で40試合登板を6度記録しており、2019年には65試合を超えました
カープでも同様に中継ぎor抑え要因として契約したことが想像できます。

図1 登板試合数
f:id:carp-toyo:20191025211458p:plain

 

球種や投球タイプは?

 

球種をみていくと、主に投げているのはストレートとカーブの2種類。
カーブを使う右投手が少ないカープの補強に合致したのかも知れません。

ただ、2018年から見ると2019年はストレート割合をやや増やしています
甘く入り強振されるケースも多かったのかカーブで強い打球が増えました。
以上から、2019年はストレートで押していく傾向だったことがわかります。

ストレート平均球速は93マイル前後なので、約150km/hを投じています。
ただ、映像を見る限り、回転量が多いというタイプではないのかも。
今回の契約発表の際にも「MAX155km/h!」などと強調されていません。
詳細はわからないですが、日本でどれくらい通用するのか楽しみです。

図2 球種割合
f:id:carp-toyo:20191025211521p:plain

三振はマイナーでは2018-19年は30%を超え、三振を獲れるタイプ
ただ、2019年シーズンはMLBでは四球がやや多いのは気になります。
それ以外の直近の成績を見る限りは、極端に四球を出していません。
比較的三振を取れて、四球で崩れることは少ない投手と思われます。

また、打球の種類に顕著な傾向は無いようです。
ただし、ライナー性の打球が少し多い印象を受ける面もあります。
打球強度に関しても、比較的平均値で特に大きな特徴はありません。
同時に打者のスイングやコンタクト傾向も顕著な特徴は見られません。

気になる点をあげると「対右打者」の対戦成績にあります
左打者に比べて、右打者の被打率が.060近く高くなっていました。
防御率に関しても、右打者に対して2倍近くにまで跳ね上がっています。
定説では右投手は右打者に強いですが、このように逆パターンもあります。

もちろん環境が違うため、これら数字をそのまま日本と比較はできません。
打者も違えば、球場も違えば、ボールさえも違うので差があって当然です。
また、ストライクゾーンの違いや牽制などの適応力も試されています。
しかし、ある程度の傾向として「バランスタイプ」だろうと想像できます。
そうなると、日本でどういった投球スタイルを見せるかが楽しみです。

「ジョンソン投手」が2人に、登録名は?

 

ご存じの通り、カープにはすでにクリス・ジョンソン投手がいます。
そうなると登録名はどうなるのだろうかとも興味がわく人も。
クリス・ジョンソン投手はすでに「ジョンソン」として浸透しています。
いまさら「クリス」「KJ」などと登録することもまずないだろうと。
そうなると、DJ.ジョンソン投手の登録名がどうなるかに注目が集まります。

正式名は「ダニエル・スチュワート・ジョンソン」。
わかりやすいところで言えば、「DJ」や「ダニエル」も予想出来る。
以前在籍したニック・スタビノア選手はファーストネームを使用しました。
いろいろと想像はできますが、入団会見での発表を待ちましょう。
余談にはなりますが、2019年は「KJ」から「DJ」の継投も見られるかも

 

 

2020年カープの外国人選手は6人目

 

DJ.ジョンソン投手の契約が合意したことで、2020年は6人目の予定。

  • 投手 K・ジョンソン投手、フランスア投手、DJ.ジョンソン投手、モンティージャ投手
  • 野手 アレハンドロ・メヒア選手、ファン・サンタナ選手

中継ぎのヘルウェグ投手とレグナルト投手、先発のローレンス投手は契約未定。
DJ.ジョンソン投手が入ることで、ヘルウェグ投手との契約は薄くなりそう。
また、ローレンス投手との契約も2019年の成績からほぼ無いだろうと思います。
レグナルト投手は左投手で登板数も多いことから補強の状況次第でしょうか。

問題となっているバティスタ選手は、契約に関して全く情報が無く不明です。
最終的には契約する形となると思いますが、通常通りの待遇はないかも知れません。

バティスタ選手の関連記事はこちら

 

MLBで活躍する元「助っ人」たち

 

近年、日本で実績を残した投手たちがMLBで活躍しています。
最も有名なところは巨人のマイルズ・マイコラス投手になると思います。
2018年はMLB復帰1年目でナ・リーグ最多勝のタイトルも獲得しました。

日本ハムのクリス・マーティン投手もリリーフで40試合登板を記録。
カープで不発だったライアン・ブレイシア投手も活躍しています。
一時はレッドソックスの抑えも任せられるほど2018年はフル回転。
また、ジェイ・ジャクソン投手も2019年後半戦はリリーフで貢献しました。
(※ ライアン・ブレイシア投手はMLBでの登録名はブレイジャー)

日本球界を経由してMLBでの飛躍を考えている投手もいるでしょう。
20代後半を迎え、アメリカの環境で頭打ちとなった投手は特に。
違った環境でプレイすることで得ることもあるだろうと思います。

近年は日本でのプレイを選択肢に入れている選手も多いと聞きます。
日本のプロ野球も少しずつMLBで評価され始めたのかも知れません。

◎ MLB復帰選手の2018年成績

  • マイルズ・マイコラス 32試合 18勝4敗 2.83 ※ 最多勝
  • クリス・マーティン  46試合   1勝5敗 4.54
  • ライアン・ブレイシア 34試合   2勝0敗 1.60 ※ WS出場

◎ MLB復帰選手の2019年成績

  • ジェイ・ジャクソン   28試合  1勝  0敗    4.45
  • マイルズ・マイコラス  32試合  9勝14敗    4.16
  • クリス・マーティン   58試合  1勝  3敗4S 3.40
  • ライアン・ブレイシア  62試合  2勝  4敗7S 4.85

ジェイ・ジャクソン投手の関連記事はこちら

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめます。

  • アメリカではMLB5球団、独立リーグ1球団でプレー
  • ドラフト指名が無く、チームを転々とした苦労人
  • 日本でのプレイを希望してそれが叶った
  • プロ入り以来、主に中継ぎを任される
  • まずまず三振を取れて、四球で崩れないタイプ
  • ジョンソンが2人になり登録名が気になる
  • 2020年の外国人選手は4人目となる

カープ新外国人選手の関連記事はこちら

 

今回のまとめ

 

今回はDJ.ジョンソン投手のキャリアを中心に話を進めてきました。
これまでのキャリアで見てきたように、なかなかの「苦労人」です。
ただ、どんな環境でもやれるタフさは持っているのかも知れません。

今回は自らが日本でのプレーを希望して即契約に至りました。
近年、日本で活躍した投手がMLBで活躍したのも影響したかも知れません。

また、MLBでプレーを続けるよりも日本での待遇の方が良いと思います。
日本で上手く活躍できれば長い期間プレーすることも可能となります。
DJ.ジョンソン投手も日本で成功し、カープで長くプレーして欲しい。

毎年のように中継ぎ不足に見舞われるカープ中継ぎ陣。
2020年には文字通り「助っ人」といえる投球を期待しています。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。