かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

高卒ルーキーの羽月隆太郎選手が打率3割達成、1軍で活躍するための打撃と走塁の3つの課題

この記事をシェアする

2019年も先月でウエスタン・リーグの全日程を終えました。
今回は高卒ルーキーながら活躍した羽月隆太郎選手を中心に話を進めていきます。

f:id:carp-toyo:20191018171735j:plain

 

 

プロフィール

 

羽月隆太郎 

  • 背番号 69
  • 右投げ・左打ち
  • 167cm、70kg
  • 2018年ドラフト7位
  • 神村学園高校
  • 契約金 2500万円・年俸 450万円
  • 高校2年夏の甲子園に出場し2番遊撃手でベスト16
  • 50mは5.7秒の俊足

 

高卒ルーキーが残した好成績 

 

ひとまず2019年の成績を振り返る。

  • 打率.323 0本塁打 9打点 23盗塁
  • 盗塁数ウエスタンリーグ2位
  • 9月度スカパー!ファーム月間MVP賞

打率および盗塁数に関して、高卒新人として優秀な成績を残した。
以下に2010年以降のドラフト上位の高卒新人2軍打撃成績を紹介する。
右端の〇内の数字は本塁打数を記載している。
打席は少ないものの活躍している彼らと比較しても安打数は遜色ない。

  • 堂林翔太  386打席 74安打 .207 ➆
  • 高橋大樹  150打席 28安打 .219 ➁
  • 鈴木誠也  364打席 94安打 .281 ➁
  • 坂倉将吾  313打席 85安打 .298 ➀
  • 中村奨成  231打席 43安打 .231 ➃
  • 羽月隆太郎 233打席 65安打 .300 ⓪

 

月別の安打数と盗塁数

 

成績の分析のため、月別の安打数と盗塁数を推移をグラフ化した。
見てわかる通り、両数字共に9月に急激に伸びているのがわかる。
特に安打数においては、9月だけで3~8月の合計安打数を上回った。
9月に入ってからは爆発的に安打を積み重ねてきたことがよくわかる。
盗塁数も同様に9月だけで、それまでの合計数を上回っている。


図1 月間の安打数と盗塁数
f:id:carp-toyo:20191014110106p:plain

 

打率と出塁率を見ていくと、やはり9月に高い数値を示している。
ただ、このグラフを見ていて"異常さ"を感じることが少しある。
半数以上の月で打率と出塁率の数値がほぼ変わらないという点。
一般的には打率よりも出塁率が高いのが普通のデータである。
それが打率とほぼ同じという減少が起き、5月は逆転までしている。

図2 月間の打率と出塁率
f:id:carp-toyo:20191014110206p:plain

 

少なすぎる「四球による出塁」

 

そこで出塁に関わる「四球」についてグラフ化してみた。
打率に比べて、四球率の低さが際立っているのが良くわかる。
そして、7ヵ月のうち4ヵ月はひとつも四球を記録していない。
年間通算の四球率でも「2.7%」という極端に低い四球率となっている。
セ・リーグの四球率ワースト3人と比べてもかなり低いのがわかる。
結果的に、出塁率を構成するほとんどが打率によるものとなっている。
もう少し四球率が上がってこないと、結果的に出塁率が上がらない。
この状況では、打撃不振時には出塁することも難しくなってくる。

図3 月間の四球率と打率と出塁率
f:id:carp-toyo:20191014110258p:plain

セ・リーグの四球率ワースト(300打席以上)

  • 木浪聖也 4.6% 390打席
  • 近本光司 4.8% 640打席
  • 西川龍馬 5.5% 585打席

 

改善したい長打力

 

2019年記録した65安打のうち、二塁打以上が5本、三塁打と本塁打は0本。
つまり、安打を記録した9割以上が「単打」ということになる。
長打力の数値は「.023」と下のセ・リーグワースト打者と比べても低い。

セ・リーグの長打力ワースト(300打席以上)

  • 大和   .048
  • 京田陽太 .065
  • 大島洋平 .068

おそらくコーチングや戦術的なところで「転がせ」という指示があるだろう。
実際に、意図的にグリップも変則的なスタイルにしているのもわかる。
確かに当てることには適しているかもしれないが、それでは怖さは全く無い。
仮に失投したとしても強い打球は打てないため、投手側も強気で攻めていける。

今はこのスタイルでも良いかも知れないが、ただ1軍では厳しくなる。
1軍では守備範囲は広がり、球速や変化球の変化量も大きく向上してくる。
2軍では安打になったような打球も1軍では捕球されるようになるだろう。
また、単打ばかり繋げてもなかなか得点に繋がりにくく、使い勝手が悪い。
野間峻祥選手が上手くいかないように、それと同じパターンに陥ってしまう。
今後はもう少し強い打球を打つこと、長打を打つことに取り組む必要がある。

 

盗塁技術の改善

 

また走塁面でも気になる点がある。
2019年に23盗塁とウエスタン・リーグで2位という好成績を残した。
しかし、盗塁死に目を移すと盗塁死は「18」も記録している。
盗塁成功率に換算する.561と走塁を武器にする選手にしては良くない。
盗塁王や代走のスペシャリストたちは一般的に.800以上を記録する。

2019年に代走で活躍した2人の選手たちの盗塁成功率は以下になる。
数字を見てもわかる通り、2人とも.800を超える成功率を記録した。

2019年の代走スペシャリストの盗塁成功率

  • 周東佑京 .833 (25/30)
  • 増田大輝 .882 (15/17)

羽月選手も1軍に上がり与えられる役割はまずは代走からになるだろう。
そう考えると、ランニング技術と共に、盗塁技術を上げる必要がある。
1年目ということもあり、失敗も経験として積極的に走ったのだろう。
2020年シーズンは最低でも.750以上は維持しておきたい。
1軍クラスになると牽制やスローイングのレベルも上がってくる。
それに対応するならもっと盗塁技術を上げていく必要があるだろう。
まずは2020年シーズンにはウエスタン・リーグ盗塁王を目指したい。
そこからまずはアピールして、1軍登録と1軍定着のきっかけに。

ウエスタン・リーグ盗塁王獲得選手

  • 赤松真人  2005年 29 ※ 阪神在籍時
  • 天谷宗一郎 2006年 24
  • 赤松真人  2007年 26 ※ 阪神在籍時
  • 末永真史  2008年 22
  • 松本高明  2009年 23
  • 安部友裕  2011年 27
  • 安部友裕  2014年 26

▼トレーナー目線でケアにおススメ

 

赤松真人選手と過ごした貴重な1年目

 

走塁面での課題がまだまだ多い羽月選手。
しかし、赤松真人選手と2軍で一緒に過ごした1年は大きかった。
病気になるまでは1軍でリーグを代表する走塁のスペシャリスト。
実際、羽月選手のコメントでも赤松選手からアドバイスを貰ったようだ。
「頭で考えると行動が遅くなるから行ける時は行きなさい」
赤松選手自身の失敗も踏まえ、そういったアドバイスを貰ったようだ。
偶然にも良きお手本が目の前にいたことは羽月選手にとって幸運だった。
赤松選手は引退したが、それを引き継ぎ1軍で体現する時が来るだろう。

  • 赤松真人 通算盗塁成功率 .761 (132/172)
  • 2014年、2016年最多代走出場 (49回・48回)

▼復帰への思いをつづった書籍『赤松真人38。もう一度あの場所へ』

 

ここまでわかったこと

 

  • 高卒ルーキーとして2軍で十分な活躍
  • 9月には月間MVP賞を獲得する活躍
  • 四球率を改善して出塁率の底上げが必要
  • 1軍で活躍するには長打力の獲得も必要
  • 代走要因として上がるには盗塁技術の向上
  • 2020年はウエスタン・リーグで盗塁王に
  • 赤松真人選手と過ごした1年を糧に

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

 

今回のまとめ

 

今回は高卒ルーキーの羽月隆太郎選手を中心に話を進めてきた。
ドラフト7位という評価も含めると高卒ルーキーとして十分な成績を残した。
特にシーズン終盤の9月には月間MVPを受賞するなど活躍は印象的であった。

高卒ルーキーのためまだまだ課題が多いものは事実である。
攻撃面では四球率の低さと盗塁死の多さを改善したい点である。
特に期待されている走塁面では他を圧倒するレベルまで達する必要がある。

カープには足が速い選手が多いと言われるが、盗塁面では戦力不足。
赤松選手は引退し、野間峻祥選手はミスが多く、その他はあまり積極性がない。
試合終盤のここぞという時に代走に出て高い盗塁成功率を残せる選手が少ない。

2019年シーズンは周東佑京選手や増田大輝選手など代走の活躍が目立った。
そういったスペシャリストが不在の現在のカープにとって貴重な存在になりえる。
強いチームにはそういった「足のスペシャリスト」が存在することも多い。
羽月選手には是非ともそのポジションをまずは目指して欲しいと思う。

良い意味で期待を裏切ったルーキーの羽月選手。
2020シーズンは1軍に上がるための飛躍の1年になることを期待したい。 

 

 


最後までお読み頂きありがとうございました。 

記事:高卒ルーキーの羽月隆太郎選手が打率3割達成、1軍で活躍するための打撃と走塁の3つの課題
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【 後記 】

岩本貴裕選手が戦力外通告を受けて引退を発表しましたね。
入団以来、将来の4番候補として期待されてきた地元出身の選手。
持ってる力を出し切れず...といった印象が強く勿体ないなと思います。
長打力不在の時期に入団し本塁打を期待されましたが、本来は中距離打者。
現在のように長打を打てる日本人がいれば、少し違う形になったかなとも。
一塁の守備も上手く、1軍で使えば良いなと近年は思っていました。
緒方政権下では何故かあまり起用されず、不遇だった感が正直あります。
広商時代の「エースで4番」から見てきた選手もついに引退に。
引退後の進路はわかりませんが、また別の世界で活躍期待します。

▼岩本選手の書籍『がんちゃん』

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.