現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

成績振るわぬ大瀬良大地投手、通用しないストレート

不本意な登板が続いている大瀬良大地投手。
今起きていることを球種を中心に話を進めながら検討していきます。

f:id:carp-toyo:20190812151105j:plain

 

 

 

2019年の投球スタイル

 

まずは2018年と2019年の球種割合を見ていく。
基本的には「ストレート系の球種」が投球の多くを占める。
ストレートの割合が減り、カットボールの割合が増えているのがわかる。
割合自体は少ない球種だが、スライダーは微増、スプリットは微減している。

 

図1 球種別の投球割合
f:id:carp-toyo:20190906155949p:plain

 

通用しなくなったストレート

 

次にどの球種が得失点につながっているかを見ていく。
球種割合の多いストレートが2018年に比べて失点に繋がることが多い。
共に球種割合の多いカットボールも2018年と比べると微減している。
スライダー以外の球種は2018年と比べるとほぼ劣化した状態にある。

 

 図2 球種別の得失点関与
f:id:carp-toyo:20190906155903p:plain

 

投球の中心となる4球種のそれぞれの被打率を見ていく。
すると2018年と比べると軒並みどの球種も被打率が増加している。
比較的通用しているカットボールでさえも比較すると増加していた。
そして、球数は多くは無いがスプリットで空振りが取れなくなっている。

 

図3 球種別の被打率
f:id:carp-toyo:20190906155758p:plain

 

球速が落ちて通用しなくなったのか?

 

では、その原因を4球種の平均球速から検討していく。
2018年と比べてどの球種もほとんど変化はないようである。
むしろ、3球種に関しては2018年より微増していることがわかる。
ということは、単純に「球速が落ちた」という理由でも無さそうだ。

 

図4 球種別の平均球速
f:id:carp-toyo:20190906155632p:plain

 

他に考えられる理由は?

 

ストレートが通用しないのは単純に球速でも無さそうだ。
そうなると考えられるのは「制球」と「変化量」となるだろう。
ストレートなのに変化量というと不思議に思うかも知れない。
ただストレートといっても、誰ひとり奇麗なストレートは投げない。
大なり小なり、個人個人ある程度の変化はするものである。
ここに関しては、大瀬良投手の細かなデータが無いためよくわからない。
もしかすると2018年と比べると球質の部分で少し変化した可能性もある。
また、当然ながら球速は同じでも制球が悪ければ打たれるのは周知のところ。
細かなデータや一球一球の制球までわからないため明言することは難しい。
ただ、少なからず球速が原因ではなく、他の要素が強いのだろうと思われる。

 

長いイニングが投げられない後半戦

 

登板試合の最高球速とクオリティスタート(QS)を黄色で示した。
最高球速と投球イニングは大きく関係する訳でもないのがわかる。
イニングは速いから長い、遅いから短いという訳ではないようだ。

ただ、QSだけを見ると前半と後半で大きく異なっている。
開幕当初から6月半ばまではかなり高い率でQSを達成している。
しかし、それ以降を見ると、QSを達成した試合が極端に減っている。
つまり、6月半ば以降は責任イニングを果たせていないことになる。
特に、順位を決める大事な時期のここ3試合は6回にも届いていない。
結果、中継ぎには負担がかかり、試合全体のテンポも悪くなっている。

 

図5 登板試合の最高球速とQS
f:id:carp-toyo:20190906155540p:plain

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • ストレート系を中心に投げている
  • 2018年に比べてストレート%が減り、カットボール%が増加
  • 2019年はストレートが失点に繋がることが多い
  • 2018年に比べて全球種の被打率が悪化している
  • 全球種の平均球速はあまり変化していない
  • 6月半ばからQSを達成する登板が極端に減少

 

まとめ

 

今回は大瀬良大地投手の球種を中心に話を進めてきた。
入団時は持ち味としていたストレートが機能していない。

カットボールに頼った投球になり、単調な投球が続いている。
長いイニングを投げることが出来ず、先発として役割を果たせていない。
順位が決まる大事な時期に入っているが、それでも投球内容は変わらない。

2018年の最多勝からエースとして周知されている。
2019年も10勝をあげて、3年連続二桁勝利も果たしたのは立派である。
しかし、大事な試合、大事な時期に勝てないエースとしては物足りない。

個人的に圧倒的な凄さを感じることがここまでは出来ていない印象。
黒田博樹投手、前田健太投手と2人のエースを見てきた影響もあるだろう。
彼らと比較してしまうのは酷なのかも知れないが、それも仕方ない。

それだけ期待されている裏返しで、不満足な思いのファンも多いだろう。
優しい性格もあるのだろうが、絶対的エースという立場まで昇って欲しい。

ここ数試合は本人が一番不甲斐ないと感じる投球なのだろう。
とはいえ、カープのエースとして最後までエースらしい姿を期待したい。

 

 

 

以上、成績振るわぬ大瀬良大地投手、通用しないストレート…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

[ 後記 ]

前田健太投手は今年もシーズン終盤はリリーフに回りましたね。
急に言われてやってこなせることが凄いですが、毎年何かを得るのが凄い。
いた時は当たり前だったけど、今思い出すと凄い投手だったなと思います。
エースとしてのマウンドの振る舞いなどしばらく出てこないクラスです。
ではでは、良い金曜日をお過ごしください。 

【カープを支えるエースとリリーフ陣が語る、勝負の終盤への決意とは!? 弱気は最大の敵。 投手力で勝つ! 巻頭ロングインタビュー 大瀬良大地「フル回転を誓うエースの覚悟」 遺伝子の継承、受け継がれるエースの系譜】
◎特集記事 Lesson.1 鈴木誠也に人生を学べ Lesson.2 大瀬良大地に完投主義を学べ Lesson.3 2019年型打線にリセット力を学べ 東出コーチの語る「打線」論 Lesson.4 ドミニカ助っ人にサバイバルを学べ バティスタ/フランスワ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© 現役トレーナーのカープぶろぐ! 2019 All Rights Reserved.
参考:著作権侵害の報告