現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

カープ打線の四球率と長打率、好不調の選手たち

復調の選手の影響で打線として少しずつ機能し始めている。
そこで今回は四球率と長打率を2018年と比較しながら検討していきます。

f:id:carp-toyo:20190816190725j:plain

 

 

 

2019年の四球率と長打率

 

四球率と長打率を合わせた数字を選手別に並べてみた。
ピックアップしたのは2019年に100打席以上立っている選手。
やはり鈴木誠也選手が群をチーム内で抜いている。
逆に不調の田中広輔選手がチーム最下位に位置する。
パッと見て比較的順当な位置にそれぞれがいるように見える。
松山竜平選手が上位に上がってくると打線が繋がりやすい。

 

図1 四球率と長打率
f:id:carp-toyo:20190816190936p:plain

 

2018年と2019年の比較

 

2018年と比較すると2019年が上回っているのは2人。
菊池涼介選手とバティスタ選手のみで、バティスタ選手は僅か上回っている。
やはり松山選手、田中選手、長野久義選手の3人の大幅な成績低下が目立つ。
これらより2019年はカープ打撃陣は全体的に機能していないことがわかる。
2018年リーグトップの丸佳浩選手がここから抜けているのでさらに深刻である。

 

図2 2018年と2019年の比較
f:id:carp-toyo:20190816191043p:plain

 

各選手が向上した要素は?

 

四球率から見ていくと菊池選手、バティスタ選手、安部選手、鈴木選手が向上。
ボール球に手を出すバティスタ選手が2018年より向上したのは良い傾向である。
鈴木選手も僅かであるが向上し、2019年も出塁で貢献出来ている。
逆に田中選手、長野選手の2人の成績低下が目立つ。

 

図2 2018年と2019年の四球率の比較
f:id:carp-toyo:20190816191205p:plain

 

長打率を見ていくと菊池選手のみが向上している。
意外にもバティスタ選手は2018年より僅かに低下していた。
ここでも田中選手、長野選手の2人の成績低下が目立つ。

 

図4 2018年と2019年の長打率の比較
f:id:carp-toyo:20190816191110p:plain

 

安打や出塁に徹している8月の鈴木誠也選手

 

鈴木選手の2018年より僅かに低下した原因を考えてみたい。
実は8月に入り、鈴木選手の本塁打がいまだに出ていない。
決して調子が悪いという訳では無さそうだが、単打を打つ場面が多くなった。
少し前のように一発を狙って強振する姿はあまり見られずコンタクトに徹している。
松山選手の復調などの要因もあると思われるが、出塁に重きを置いている様子。
5番の定まらない時期は自分がランナーを返すことに徹していたのだろうか。
現在は昨年の丸選手のように出塁してランナーを貯めて後ろに回す姿にも見える。
事実、出塁率は6割を記録し、打率も4割を超えているが、長打率は低下している。
真実は本人に聞かないとわからないが、今は明らかに強振する姿は減った。
おそらく周囲の状況に合わせて打撃スタイルを変えているのだろうと思う。
本人は口にしないだろうが、首位打者のタイトルが狙えるのもあるかも知れない。

 

 

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 四球率と長打率を足すと鈴木誠也選手がトップ
  • 2018年よりも向上したのは菊池涼介選手のみ
  • 四球率は4人、長打率は1人が2018年よりも向上
  • 菊池涼介選手は四球率・長打率ともに2018年より向上
  • 8月に入って鈴木選手は出塁に徹している可能性

 

まとめ

 

今回は四球率と長打率を2018年と比較して話を進めてきた。
カープ打線としては2018年よりも低下しているのは事実だろう。
そんな中でもやはり鈴木誠也選手の健闘が目立つ。
また、菊池涼介選手も不調の2018年から盛り返してきた。

反対に田中広輔選手と長野久義選手の不振が極端である。
計算していた戦力だけにチームとしては大きな痛手と言って良い。

しかし、幸か不幸か田中広輔選手の不調で小園海斗選手の出場機会が出来た。
新たな戦力として期待出来る選手の台頭はチームとしては良いことである。

松山竜平選手も復調し、打線全体のバランスは整いつつある。
巨人とは少し離れた位置にいるが、打線が爆発することで首位浮上に期待したい。

 

 

 

以上、カープ打線の四球率と長打率、好不調の選手たち…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

[ 後記 ]

広島は台風の被害もほとんどなく無事にお盆を終えました。
平和に暮らせることを実感することの多い8月の広島。
高校生が被爆体験の記憶を残そうと活動しているニュースを目にします。
広島では小さな頃から「平和学習」というものを学校で行っています。
平和を願う彼らのような若者がいることにどこか安心する日々です。
こうして過ごす時間も人生の一部、人生を有意義に送りたいものですね。

f:id:carp-toyo:20190816193803j:plain

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© 現役トレーナーのカープぶろぐ! 2019 All Rights Reserved.
参考:著作権侵害の報告