かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

8月に入ってカープリリーフ陣が崩壊...今起きている変化と登板過多の問題

この記事をシェアする

8月に入って失点することが多くなったカープリリーフ陣。
そこでリリーフ陣全体がどう変化しているのかを検討していきます。

f:id:carp-toyo:20191018171735j:plain

 

 

 

セ・リーグリリーフ陣の各チーム防御率

 

カープリリーフ陣の防御率は5月に好成績を残し、その後は徐々に悪化している。
8月に入ると、リーグワースト2位を記録し、2019年で最も悪い数字となっている。
比較的夏場に向けて悪化傾向をたどるチームが多いが、ヤクルトは改善傾向。
カープとは逆に5月に悪化したものの、その後は安定し、リーグ2位に位置する。
巨人とDeNAは比較的横ばいに近い傾向を示し、ここまでは大きな変動は無い。

 

図1 セリーグリリーフ陣の各チーム防御率
f:id:carp-toyo:20190812164830p:plain

 

カープの月別の与四球率と被打率の分布

 

ここからはカープリリーフ陣の与四球と被打率に注目する。
8月は与四球と被安打がどちらか偏りなく均等に悪化している。
チームが好調だった5月と7月と比べるとやはり共に数字が悪い。
これらの数字とチーム成績がある程度連動した形となっている。

 

図2 カープの月別の与四球率と被打率
f:id:carp-toyo:20190812164811p:plain

 

カープリリーフ陣の与四球率と被打率

 

8月に入り、中村恭平投手と遠藤淳志投手の与四球が急増している。
中村恭投手は一時離脱したものの、ここまでリリーフ陣を引っ張ってきた2人。
ここに来て疲労などの影響だろうか与四球が一気に悪化の傾向をたどっている。

 

図3 カープリリーフ陣の月別の与四球率
f:id:carp-toyo:20190812164747p:plain

 

被打率を見ても遠藤投手は8月には3割を超えて悪化している。
リリーフ失敗の多いフランスア投手も8月に入り被安打が急増している。
また、7月は奮闘した今村猛投手も8月は被安打される場面が増えた。

 

図4 カープリリーフ陣の月別の被打率
f:id:carp-toyo:20190812170018p:plain

 

与四球と被打率の散布図を見るとその傾向がよくわかる。
遠藤投手は与四球と被安打がともに増加し、右上に位置している。
フランスア投手は被安打、中村恭投手は与四球に偏り位置している。
逆に菊池保則投手は暑い夏場に来て良い投球を見せているようだ。
投手陣がバテるこの時期に良い投球をしてくれると非常に助かる。

 

図5 カープリリーフ陣の与四球と被安打
f:id:carp-toyo:20190813070028p:plain

 

毎年のように起きるリリーフ陣の「登板過多」

 

毎年のように起こることだが、特定の投手に登板過多の投手起用になる。
本来は勝ちパターンの投手がビハインドや大量リードで投げることも多い。
僅差の試合が続くと、同じ投手が連投し、特に若手投手に負担をかけている。
2019年で言えば遠藤投手であるが、少し前まで全てのケースで登板が続いた。
1年間通して投げた経験もなく、経験値も低い中、この投手起用も過酷である。

今村猛投手なども過去に経験したが、近年では中﨑翔太投手もそれに近い。
確かにセ・リーグ3連覇をして登板機会は増えるのはある程度理解できる。
ただ、4点差がある中でも登板したり、1点ビハインドでも投げたらもたない。
2019年だけに限ったことではないが、投手陣よりその「運用」に課題を感じる。

遠藤投手は経験も少ない中、ここまで懸命に投げ続けてきた。
ストレートで空振りを取る機会も減り、明らかに球威を失ってきている。
一時の起用で投手生命が短くなることのないような投手管理を期待したい。

 

 

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • カープリリーフ陣の防御率は8月に入り悪化
  • カープは5月と7月に比べ、8月は与四球と被安打が悪化
  • 遠藤投手は与四球と被安打が共に増加
  • 中村恭投手は与四球が、フランスア投手は被安打が増加
  • リリーフ陣の投手運用の改善が必要

 

今回のまとめ

 

今回は8月のカープリリーフ陣の不調について話を進めてきた。
チーム全体でみても与四球率と被打率が悪化していた。
投手別では遠藤投手、中村恭投手、フランスア投手の不調が目立つ。
共に連投が続いたり、様々な場面で登板し、登板過多傾向にある。

フランスア投手に関しては2018年からその傾向が続いている。
春先から2018年ほどの球威は無く、本来の姿とはほど遠い登板が続く。

毎年のように登板過多が問題視されているのもカープではある。
歴代もルーキーに過度な登板数を課して、潰れてしまったケースもあった。
安定したチーム運営をしていくにはそういった投手が出るのは避けたい。

3連覇中もそうだったが、全ての試合を勝ちに行こうとし過ぎる傾向もある。
捨て試合というと聞こえは悪いが、主力を休ませる試合も必要だろう。
点差がある試合に勝ちパターンをフルで登板させる必要もない。

幸いだが、ここに来て地味だが菊池投手が安定した投球を見せている。
また2軍からの復帰組も少しずつではあるが登板機会を増やしてきている。

シーズンがここまで来て新たな補強や台頭がある訳ではない。
現在のリリーフ陣たちの奮闘と監督・コーチの的確な投手運用に期待したい。

 

 


最後までお読み頂きありがとうございました。 

記事:8月に入ってカープリリーフ陣が崩壊...今起きている変化と登板過多の問題

☞ 2019年もたくさん出版された「カープ本」のまとめ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.