かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

ストレートを打つのがめっぽう得意なのは鈴木誠也選手or野間峻祥選手どっち?

この記事をシェアする

ストレートを攻略できるかどうかで良い選手か判断になる。
そこでカープ選手がストレートをどれだけ攻略しているのか検討していきます。

f:id:carp-toyo:20191018171735j:plain

 

 

 

 

ストレートに強い打者と弱い打者

 

ストレートを打つことで得点への貢献度が高いのが鈴木誠也選手。
次いでバティスタ選手で、その2人がチーム内で他の選手引き離している。
逆に野間峻祥選手、小窪哲也選手、田中広輔選手は貢献していない。
ただ、小窪選手に関してはスタメン出場が少なく、打数が少ない。
そう考えると、野間選手が顕著な傾向を示していることがよくわかる。

 

図1 ストレートを打つことによる得点貢献度
f:id:carp-toyo:20190809173201p:plain

 

ストレートを投げられる割合

 

投手にストレートを投げられる割合では野間選手がトップ。
次いで、菊池涼介選手、長野久義選手、小窪選手が続いている。
逆にバティスタ選手、田中選手、鈴木選手はその割合が少ない。

図2 ストレートを投げられる割合
f:id:carp-toyo:20190809173221p:plain

 

投げられたストレートの平均球速

 

投げられたストレートの平均球速が速いのは野間選手。
次いで、菊池涼介選手、バティスタ選手、鈴木選手が続いている。
逆に田中選手、小窪選手、松山竜平選手は平均球速が顕著に遅い。

図3 ストレートを投げられる割合
f:id:carp-toyo:20190809173237p:plain

 

ストレート成績とストレート割合の関係

 

ここまでのデータとそれぞれの関係性を見ていくことにする。
特徴的なのはストレート成績の低かった田中選手と野間選手の2人。
野間選手はストレート割合が高く、ストレート平均球速も速い。
反対に田中選手はストレート割合は低く、ストレート平均球速が遅い。

  • 速いストレートをガンガン投じられる野間選手
  • 遅いストレートを適度な割合で投じられる田中選手

2人には相手投手の投じるストレートにそういった特徴があるようだ。

 

図4 ストレート平均球速とストレート割合の関係
f:id:carp-toyo:20190809173405p:plain

 

田中選手と野間選手の得意・不得意な球種

 

基本的に2019年は2人とも得意と言えるほどの球種はない。
特に田中選手はカーブ以外の球種はマイナス値を記録している。
つまり、ストレートで勝負しなくても他の球でも対応出来る状況。
野間選手はストレートが顕著にマイナス値を示している。
つまりストレートで貢献出来ていないのでストレートを多く投げられる。
さきほどの投球割合の理由がこうして可視化するとよくわかる。

 

図5 田中選手と野間選手の球種別の得点貢献度
f:id:carp-toyo:20190809173501p:plain

 

 

ストレートに弱い野間選手

 

こうして可視化していくと野間選手の傾向がよくわかる。
ストレートを基本に投球を組み立てていけば、投手は機能させずに済む。
球速の速い投手は速いストレートをガンガン投げ込むと効果的である。
また落ちる球にも弱いため、比較的投手としては打ち取りやすいだろう。
このブログでも何度か野間選手の打撃について取り上げてきた。
センターのレギュラーとして期待されていたが、現在はベンチスタート。
2度目のレギュラー争いも西川龍馬選手に奪われる形となっている。
現状の打撃スタイルを大幅に変えていかなければ立場は相当厳しいだろう。

 

 

 

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 鈴木選手とバティスタ選手はストレートの得点貢献度が高い
  • 野間選手と小窪選手と田中選手は得点貢献度が低い
  • 野間選手はストレートを多く投げられ、平均球速が速い
  • 田中選手はストレートの割合は少なく、平均球速も遅い
  • 田中選手はストレート以外の球種でも得点に貢献していない
  • 野間選手はストレートの弱さの改善を図りたい

 

今回のまとめ

 

今回はストレートの得点貢献度ついて話を進めてきた。
鈴木選手とバティスタ選手のストレートの得点貢献度は図抜けていた。
逆に野間選手と田中選手は顕著に貢献することが出来ていない。

2人とも開幕前はレギュラーとしてシーズン通した活躍が期待されていた。
しかし、どちらも現在はベンチスタートとなり、出番が少なくなっている。
特に野間選手は2度目のレギュラー争いも負けた形となっている。
ちなみに1度目は2015~2016年の鈴木選手とのライトの争いである。

やはり強打者たちはストレートに強い傾向にある。
彼らまでとはいかなくても2人とももう少しあげていきたいところ。
不本意な2019年シーズンだと思うが、ここからどれだけ巻き返せるか。
このままベンチ選手となるか、復活するのか勝負どころである。

カープでストレートに強い選手と弱い選手が見えてきた。
主軸に座る選手も脇役の選手たちもここからの踏ん張りに期待したい。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。 

記事:ストレートを打つのがめっぽう得意なのは鈴木誠也選手or野間峻祥選手どっち?

☞ 2019年もたくさん出版された「カープ本」のまとめ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.