かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

鈴木誠也選手は走塁でもチームに貢献、2019年の12球団の「スピードスター」は誰?

この記事をシェアする

走塁力がチームカラーと言われているカープ。
今回は12球団と比較しながら貢献度と課題について検討していきます。

f:id:carp-toyo:20191018171735j:plain

 

 

12球団の走塁貢献度はどのくらい?

 

一目瞭然で西武の走塁力が12球団で群を抜いている。
続いてカープとここまではチームカラー通りの印象である。
そして、阪神・楽天・DeNAの3球団は走力に課題があるようだ。
楽天はもう少しスピードのあるイメージだったが印象とは違った。
また、阪神も近本選手が活躍しているがまだ挽回できていない。

 

図1 12球団別の走塁貢献度
f:id:carp-toyo:20190715123401p:plain

 

西武で貢献している選手は誰?

 

金子選手、外崎選手、源田選手、秋山選手と想像通りの顔ぶれ。
盗塁王を獲得した選手もおり、走力も得点を増やす武器となっている。
そして、意外なのは森友哉選手の貢献度の高さである。
外見的な印象で走力のイメージがないのが正直なところだろう。
高校時代は50mを6.2秒だったようなので、足は遅い方ではない。
2018年は7盗塁、2019年も3盗塁しているのでそこそこなのだろう。
こうしてイメージとは違う選手が出ると新たな気付きがあり面白い。

 

図2 西武の選手別走塁貢献度
f:id:carp-toyo:20190715123444p:plain

 

DeNAで課題のある選手は誰?

 

DeNAは課題の選手をピックアップすると、想像通りの顔ぶれとなった。
きれいにクリーンナップを打つ選手の全員が大きくマイナス値を記録した。
打撃が売りの選手たちなので、ある程度の損失は仕方がないのだろうと思う。
ただ、スタメンに4人も並ぶと考えると、少し改善したい所ではあるだろう。

 

図3  DeNAの選手別走塁貢献度
f:id:carp-toyo:20190715123715p:plain

 

そしてカープは?

 

カープで見ていくと、鈴木誠也選手と野間峻祥選手の貢献が高い。
もともと走力のあった鈴木選手もここ数年ケガなどで思うように走れなかった。
2019年はボルトの撤去も行い、守備面を見ても例年よりも動けているのがわかる。
打撃力と肩だけでなく、走力でもチームトップクラスに位置する鈴木選手。

 

図4 カープの選手別走塁貢献度
f:id:carp-toyo:20190715123628p:plain

 

12球団のスピードスターたち

 

最後に12球団の選手の中でトップ5をピックアップする。
2019年の荻野貴司選手は打率とともに12球団で現在トップを記録。
これまで多かったケガは無く、順調なシーズンを送れていることがよくわかる。
2018年から取り組んでいるトレーニングもケガの予防となっているのだろう。

西川遥輝選手、金子侑司選手はスピードスターのイメージ通り。
そして、鈴木選手が12球団の全選手の中で5位に入っているのが素晴らしい。
身体的に万全であれば、球団3人目のトリプルスリーも達成可能な選手だろう。

 

図5 12球団の選手別走塁貢献度トップ5f:id:carp-toyo:20190715123641p:plain

 

撤廃したい「守備走塁コーチ」という風習


カープは前年比で見ればおおよそ同程度とまずまずの成績。
ただ、緒方監督が「もう1度走塁を見直す」と掲げた2019年だが改善は少ない。
現在、ベンチの中に走塁指導が得意そうなコーチがいないのも気になる。
河田雄祐コーチが退団後、守備走塁コーチが「守備の人」だけになってしまった。

ja.wikipedia.org

なぜか野球界は昔から「守備走塁コーチ」と守備と走塁がセットにされてしまう。
守備と走塁は別々の技術が必要であり、両方の指導に長けているコーチも少ない。
そろそろ守備走塁をひっくるめてしまう「球界の常識」は捨てた方が良い。
守備は守備、走塁は走塁の指導にそれぞれ特化したコーチに分けるべきだろう。
OBに拘らず、指導に定評のあるコーチを外部から招くなどの改革も必要だろう。

 

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 西武の走力は12球団で群を抜く
  • 森友哉選手の貢献度が意外に高かった
  • DeNAは主力打者の走塁を少し改善したい
  • 鈴木誠也選手は走力でも高い貢献度
  • スピードスターの3人はイメージ通り
  • カープの走力をもう少し改善したい
  • 走塁に特化したコーチを招きたい

 

今回のまとめ

 

今回は12球団の走力を比較しながら話を進めてきた。
西武は打撃力だけでなく、走力でも高い能力を示していた。

カープは走塁をもう1度見直すことを目標とした2019年も改善出来ていない。
全体的に出塁率が落ち、走力自体を発揮できないこともあるのかも知れない。
とはいえ、5月のような積極性は減り、あまり走塁の印象が残っていない。

主力選手たちの高齢化も進んでいる現在のカープ野手陣。
若手の積極性と新たなスピードスターが出現することを期待したい。

 

 


最後までお読み頂きありがとうございました。 

記事:鈴木誠也選手は走塁でもチームに貢献、2019年の12球団の「スピードスター」は誰?

☞ 2019年もたくさん出版された「カープ本」のまとめ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.