今川優馬選手を見ないのか、JFE東日本のドラフト候補 第90回都市対抗野球大会優勝&若獅子賞受賞!

個人的に応援しているJFE東日本に所属する「今川優馬」選手。
今回は番外編として社会人野球で注目の選手をご紹介したいと思います。

f:id:carp-toyo:20190805232754j:plain※ 写真提供 なぁさんさんより ご提供ありがとうございます!

[ 当記事の写真(肖像権・著作権)について ]
◎ 当記事の写真は今川優馬選手ご本人の許可の元に掲載しています。
◎ 写真は撮影者「なぁさん」さんに著作権があるため無断転載はご遠慮下さい。

 

今川優馬選手のプロフィール

 

まずは今川優馬選手の略歴から。

  • 1997年1月25日
  • 札幌市出身
  • 札幌南小の3年から野球を開始
  • 東海大四高校では3年夏に控えで甲子園出場 (背番号16)
  • 東海大北海道では3年春からベンチ入りし、全日本大学選手権で出場
  • 当大会にて対東洋大戦で右中間に本塁打を放り込む (大学通算25本)
  • 大学4年の春秋大会の19試合で9本塁打と爆発
  • 大学卒業後はJFE東日本硬式野球部に所属
  • 第90回都市対抗野球大会にて優勝
  • 同大会にて新人賞にあたる若獅子賞受賞
  • 社会人1年目からベストナインを獲得

hochi.news

[ 大学通算成績 ]
39試合 122打数46安打
打率 .377 出塁率 .497 長打率 .631
12本塁打 33打点 29四死球 4盗塁

 

INTERNATIONAL POWER SHOWCASEの日本代表

 

INTERNATIONAL POWER SHOWCASE。
わかりやすく言うと、オールスターホームランダービーみたいなもの。
アメリカで行われている大会で、いろんな国から野球選手が参加している。
時間は木製バットで3分、30秒の休憩を挟んで、金属バットで2分。
合計5分間続けて、スタンドに放り込むために選手はバットを振り続ける。
その合計本数で競う競技だと思って頂ければわかりやすい。

Power Showcase Home Run Derby

大学4年の春秋大会で19試合で9本を打った今川選手。
その長打力に白羽の矢が立ち、当大会に日本代表として選出された。
休憩を挟むとはいえ、5分間打ち続ける、かなりハードなイベント。
木製バットで1本、金属バットで4本を打ち、大学部門の約40名中で11位。
屈強な海外の選手が揃う中、日本人選手として11位とは立派な数字。

www.u-tokai.ac.jp

youtu.be

 

ドラフト指名漏れをバネに社会人野球で爆発

 

本人曰く「育成指名でも良い」と指名を待った2018年のドラフト会議。
残念ながら指名されることはなかったが、そこで終わらないのが今川選手。
その後、JFE東日本硬式野球部に入部し、社会人野球の選手としてスタート。
社会人1年目から本塁打を量産し、すでにチームの主軸として活躍。

圧巻なのは侍JAPAN社会人代表の選考合宿で行われた試合。
今川選手はその侍JAPAN代表候補の投手から3打席連続本塁打を放った。
代表候補のベンチからは「プロじゃん」という声も聞こえてきたらしい。
残念ながら、プロ入り時には実力に伴う正当な評価を貰えなかった。
しかし、実力がホンモノであることをこの試合で十分にアピール出来た。

news.yahoo.co.jp

 

惹かれてしまう人柄の良さ

 

直接の知り合いではない今川選手を応援したい理由としてその人柄。
会話をしたことがなくても、様々なところで人柄の良さが伝わってくる。
いつも笑顔を絶やさず、どんなことも楽しそうに取り組む様子が好感しかない。
アマチュアでありながらSNSで多くのファンを抱えているのもうなずける。

f:id:carp-toyo:20190805231927j:plain
※ 写真提供 なぁさんさんより

どんな状況でも腐らずいつも前向きな発言。
今川選手の武器のひとつはそういった「誰にも好かれる人柄の良さ」だと思う。
技術も含め、性格の面でもプロでも十分に活躍できるのではないだろうか。
知り合いではなくとも”応援したくなる”、そんな素敵な選手。
社会人野球は1年目はドラフトで指名が出来ないため、最短でも2020年。
来年のドラフト会議で指名され、プロの世界で活躍する姿を早くみたい。

 

第90回都市対抗野球大会が開幕

 

そして昨日から第90回都市対抗野球大会が開催されている。
そして今川選手の所属するJFE東日本の試合が間もなく開始する。
この大会でも活躍することでプロ野球界にアピールしまくって欲しい。
社会人野球を観る人は少ないかも知れないが、今川選手に是非注目を。

[ 大会打撃成績 ]

1試合目 4打数2安打 1四球 1三振
2試合目 4打数0安打 2三振
3試合目 4打数3安打 1三振
準決勝  5打数2安打 1本塁打 2打点 1四球 1三振
決勝   4打数1安打 1打点 2三振

◎ 大会通算 打率 .381 1本塁打 3打点 1四球 7三振

mainichi.jp

 

祝 第90回都市対抗野球大会創部優勝! ※ 7/25 追記

 

そして第90回都市対抗野球大会創部優勝を達成。
元DeNAベイスターズの須田幸太投手もフル回転の活躍。
ルーキーたちの臆することのない伸び伸びとしたプレイ。
本当にベテランと若手の垣根無く雰囲気の良いチームである。
そして、今川選手の積極的な走攻守での活躍も目立った。
常に笑顔を絶やさない姿は今大会でも変わらない。
本塁打も記録し、プロにも十分にアピール出来ただろう。
本当に“ずっと見ていたい”、そんな選手である。

f:id:carp-toyo:20190805232416j:plain
※ 写真提供 なぁさんさんより

column.sp.baseball.findfriends.jp

 

若獅子賞を受賞

 

大会を通じて活躍を新人に贈られる若獅子賞を受賞。
若獅子賞を受賞し、来年のドラフト会議に向けて良い大会となったはず。
すでに多くのファンを抱える今川選手をプロ野球も放っておくべきではない。
繰り返しになるが、是非ともプロの世界で活躍してもらいたい。

full-count.jp

[ 第90回都市対抗野球のタイトル取得者 ]
・橋戸賞: 須田幸太(千葉市)
・久慈賞: 佐竹功年(豊田市)
・小野賞: JFE東日本チーム(千葉市)
・若獅子賞: 今川優馬(千葉市) / 峯本匠(千葉市) / 岡直人(日立市)
・打撃賞: 沓掛祥和(豊田市)
・首位打者賞: 石川桜太(川崎市)

社会人野球のベストナインも獲得! ※ 12月5日 追記

 

そして1年目から社会人野球のベストナインも獲得した。
JFE東日本から須田幸太投手、峯本匠選手、内藤大樹選手も選ばれた。
本人のコメント通り、2020年は打撃タイトル総なめの活躍を期待したい。

「全然まだまだで、もっと打てたと思いますし、来年は打撃タイトルをすべて獲得するぐらいのつもりで臨みたいと思います」 ~高校野球ドットコム https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/39559-bsinfo20191205001

www.hb-nippon.com

[ 2019年通算成績 ]
76試合 287打数91安打
打率 .317 出塁率 .386 長打率 .571
16本塁打 59打点 22四球 12死球 17盗塁

 

今回のまとめ

 

今回は番外編としてJFE東日本硬式野球部の今川優馬選手を紹介した。
初めて今川選手の存在を知ったのは確か大学3年生だったと思う。
一方的に応援しているに過ぎないが、勝手ながら思い入れの強い選手。

是非とも2020年のドラフトではプロ入りを決めて欲しい。
そしてプロの世界で今川選手らしさのまま活躍して欲しいと思う。

この記事を見て初めて知った方もいるかも知れない。
今後注目の選手なので機会があれば是非とも応援して頂きたい。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

グランドスラム アマチュアベースボールオフィシャルガイド2019

サンデー毎日増刊 都市対抗2019

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.