現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

球界屈指のセンター達の守備範囲とカープの強化ポイント

外野の中心を担うセンターという大事なポジション。
球界を代表するセンターたちから、カープの課題を検討していきます。

f:id:carp-toyo:20190313131506j:plain

 

 

一流のセンターたちからひも解くカギ

 

12球団のトップクラスのセンターたちを特徴をみていこう。
2014年以降、センターの守備で球界トップを記録した選手をピックアップした。
そして、守備の総合値の内訳を、肩・守備範囲・エラーで分類した。

現在はショートを守る大和選手の2014年の数字は圧巻。
この年はゴールデングラブ賞も受賞し、内外野で高水準の守備を誇る選手。

また、大島洋平選手も短期間で2度も球界トップを記録している。
毎年安定した守備力を発揮し、セ・リーグを代表するセンターと言える。

そして、特徴的なのは個々のグラフの多くを占めるのが『守備範囲』。
つまり、この数値をいかに高く保てるかが優秀なセンターのカギとなる。

 

図1 2014年以降のセンター守備力のトップ選手

f:id:carp-toyo:20190702140935p:plain


12球団を代表するセンターたち

 

続いて、2018年の規定守備イニング到達者のみピックアップしよう。
やはり、上位に位置する選手たちの守備範囲は広く、下位の選手は狭い。

例外として、柳田悠岐選手は狭い守備を『強肩』で補った形となっている。
ちなみに、2018年の丸佳浩選手はケガの影響もあり、数値が大きく落ち込んだ。

 

図2 2018年の規定守備イニング到達者の守備力

f:id:carp-toyo:20190702140240p:plain

 

続いて、2019年の規定守備イニング到達者もピックアップしよう。
西浦颯大選手や丸佳浩選手のように上位でも守備範囲の狭い選手が存在する。
2019年の特徴として、例年に比べ総合値が全体的に低め
そのため、守備範囲の広い神里選手が1人突出した形になっている。

図3 2019年の規定守備イニング到達者の守備力

f:id:carp-toyo:20190702140300p:plain

 

守備範囲の広さとスピードは関係するのか?

 

疑問になるのは『守備範囲の広さとスピードは関係するのか』という点。
そこで、先ほどの選手たちの守備範囲とスピードの関係を見ていきたい。
ここではスピードの基準として、6以上を「スピードのある選手」とする。

2018年の上位をみると、やはりスピードのある選手は守備範囲も広い。
ただ、柳田悠岐選手や荻野貴司選手などスピードはあるが狭い選手もいる。
逆に、スピードがない選手に守備範囲の広い選手はいない。
少なくとも、守備範囲の広い選手の多くはスピードを持っていることがわかる。

 

図4 2018年のセンターの守備範囲とスピードの関係

f:id:carp-toyo:20190702140319p:plain

 

2019年を見ると、スピードはある選手でも守備範囲が狭い選手が多い。
該当者は近本選手、荻野選手、大島選手、野間選手、西川選手の5人。

例年はプラスを記録する大島選手と西川選手がなぜかマイナスを記録。
詳しくはよくわからないが、2019年は2人に少し変化が起きているようだ。

2018年も踏まえ、守備範囲とスピードは必ずしも関係しないようだ。
ただ、スピードのない選手に守備範囲の広い選手はいないのも事実だろう。

 

図5 2019年のセンターの守備範囲とスピードの関係

f:id:carp-toyo:20190702140333p:plain

 

なぜか広がらない...スピードスター荻野貴司選手の守備範囲

 

2018年と2019年のデータで、共に荻野選手の守備範囲が狭かった。
2014年以降の各年を見ても、やはり守備範囲が広い選手とは言えない数値。

荻野選手と言えば、盗塁を多く記録し、スピードのある選手の印象だ。
特に2010年は46試合で21盗塁を記録し、その姿は今でも鮮明に残っている。
ケガがなければおそらく盗塁王を獲っただろうという鮮烈なデビューだった。

なぜ守備範囲が狭いのかほとんど試合を見ないからわからない。
その原因を今予測することは困難ではあるが、機会があれば分析したい。

 

図6 荻野貴司選手の守備範囲とスピードの関係

f:id:carp-toyo:20190702140352p:plain


しかし、そんな荻野選手だが2019年は打撃でチームに大きく貢献している。
7月2日時点で打率.336を記録し、打率ランキングでパ・リーグ3位に位置している。
12球団で見ても6位とデビューした2010年以来の打撃面での好調さを維持している。

本塁打も現時点で自己最多の5本塁打を記録するなど、好調さが伺える。
守備範囲は少し物足りないが、それを補って余りある打撃を展開している。

2018年より身体操作性を重視したトレーニングに積極的取り組んでいる。
そういったことも、好調なシーズンを遅れている要因なのかも知れない。
33歳とベテランになり、再び活躍を見せている2019年の荻野選手に注目だ。

insight.official-pacificleague.com

 

カープのセンターの守備範囲は?

 

さて、ここからが本題のカープの話になる。
まずは2014年以降のカープの主なセンターの守備範囲を見てみよう。

2014年は丸選手の守備範囲が大きくマイナスを記録している。
この年は特に大きなケガもなく、ベストナインとGG賞を取っている。
理由が特にわからないが、現時点でここまで下がった理由は不明である。

2015年以降はその数値を伸ばし、2016年と2017年には12球団トップを記録。
2018年はケガの影響で大きく低下したが、球界屈指の守備範囲と言える。

2019年はここまで主に野間峻祥選手がセンターを守ってきた。
足と守備が売りであるはずの野間選手の守備範囲は正直狭い。
丸選手の移籍までは守備機会が少ない影響もあるかも知れないが。
しかし、開幕からほぼスタメンを守ってきた2019年も同様に狭い。
それを考えると、元々守備範囲が広い選手ではないことは確かだろう。

 

図7 2014年以降のカープのセンターの守備範囲

f:id:carp-toyo:20190702140409p:plain

 

スピードスター野間峻祥選手も荻野選手タイプ

 

スピードとの関係を見ると、荻野選手と同様のタイプと言える。
つまり、スピードは球界トップクラスでありながら守備範囲が狭い。
改めて、スピードがあるからといって守備範囲が広い訳ではないのがわかる。
守備範囲の広さには単純な速さとは別の要素が存在することを示唆している。

 

図8 野間峻祥選手の守備範囲とスピードの関係

f:id:carp-toyo:20190702140633p:plain

 

ただ、野間選手のスピードを生かさないのはもったいない。
2019年の現時点でも12球団の全選手でトップを記録している。
2018年も12球団の中で6位を記録し、球界を代表するスピードを持つ。
そのスピードをチームとしてどう生かすのかかは首脳陣の手腕が問われる。
本人もまずはゴロを量産してしまう現在の打法を変えていく必要がある。
素材は良いので、今後どうチーム内で大きな役割を果たすのか期待したい。

 

なぜスピードスターの守備範囲が狭いのか

 

なぜスピードがありながら、守備範囲が狭いのだろうか。
現在思いつく理由として、以下が考えられる。

  • 打球の予測
  • 適切な打球判断によるスタート
  • 打者別の打球データの把握
  • 球場ごと異なるの特性の把握
  • レフト・ライトの守備能力の把握
  • 適切な捕球体制
  • 打球落下地点への適切なルート
  • ギリギリのプレイが可能な可動域
  • 距離感などを把握する眼の能力
  • 身体運動に影響しない平衡感覚
  • 瞬発的な動物的感性
  • 躊躇しない勇気

他にもあるとは思うが、いずれも大事な要素である。
個々で何が原因かは判断しないといけないが、何かかが影響している。
スピードがあるのに守備範囲が狭い選手は、詳細に分析する必要がある。

 

盗塁にも同じことが言える

 

今回の話は盗塁にも同じことが言えると思う。
盗塁も足が速いからといって成功するものではない。
スピードは盗塁や守備範囲にとっては大きな武器である。
ただ、それは1つの要素であり、それだけで成功する訳ではない。
その他の要素と複雑に絡まりながら、総合的にパフォーマンスとして現れる。

例えば、山田哲人選手が毎年トップクラスの盗塁数を記録する。
しかし、セ・リーグトップクラスの俊足かと言えばそこまででもない。
それ以外の盗塁技術が素晴らしく、高い盗塁パフォーマンスを維持している。
盗塁死も少なく、かつ盗塁数も多い「コスパ」の良い盗塁をする代表選手である。

 

 

 

先入観を排除する

 

どうしても俊足だと「守備が上手い」「盗塁が上手い」と思いがちだ。
ただ、実際はそのアドバンテージを生かす技術の部分が大事になる。

50m何秒の選手と野球中継でもよく紹介される。
それは単に50mを真っ直ぐ走るだけの数字で野球とは異なる。
また、多くがストップウォッチで手動で測っているため誤差が生じやすい。
多くの場合、MAXを公開しているので、常時そのタイムという訳でもない。

野球の場合は外部への反応や走路など様々な判断が必要となる。
その部分で課題が大きいと足の速さを一気にかき消してしまう。
そういった意味で「足が速いから...」という単純な思い込みは良くない。
先程も述べた通り、足が速いのは単純なアドバンテージに過ぎない。

 

必要となる『最適なバランス』

 

球界トップクラスの足があるが、技術的な部分で乏しいA選手。
球界トップクラスではないがまずまずの足と高い技術のあるB選手。

両者を比べた場合、間違いなく後者の方が良い数字を残すだろう。
何かに突出することも大切だが、『最適なバランス』の方が大切だ。

その『最適なバランス』をどう作り上げるかは選手の力量が試される。
足が速いことは大きな武器、それを何を補ってどう生かすのか。
「良い食材をどう調理するのか」という料理と同じようなものである。

 

 

 

本職センターが不在のカープ

守備範囲とスピードの話をしたところで、再びカープに話を戻そう。 

おそらく球界では珍しいと思うが、カープには本職センターがいない。
多くの球団で打撃は劣るが、1~2軍合わせ俊足のセンターが数人存在する。
特に若手選手で「あとは打撃さえあれば...」という選手が各球団いるだろう。

2018年で丸選手が移籍し、本職と言ってもよい天谷宗一郎選手が引退した。
赤松真人選手も体調面のこともあり、常時1軍帯同は厳しい様子。
しかしながら、球団はセンターを守れる選手を補強することはなかった。
事実上、センターを野間選手ひとりに頼り切った形で2019年をスタートした。

バランスとして、少なくとも絶対数が欠けたポジションは補うべきである。
打撃が少し劣っても守備力のある選手をバックアップで獲得すべきだっただろう。
ドラフトでの即戦力が難しければ、トレードという方法もあったはずだ。

西川選手を今後はセンターとして育てていくのか、球団ははっきりしない。
その場しのぎな感の否めない起用法で、入れたり外したりを繰り返している。
西川選手次第にはなるが、センターをしっかり守れる選手の補強は急務である。
是非ともドラフトで即戦力選手の指名orトレードで補強して頂きたい。

www.fukuishimbun.co.jp

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • センターでトップクラスの選手は守備範囲が広い
  • 守備範囲はセンターの守備評価で多くを占める
  • 高い守備範囲とスピードは多くで関係する
  • スピードがあっても守備範囲が狭い選手もいる
  • スピードスターの荻野選手の守備範囲は意外と狭い
  • カープのセンターの守備範囲は2019年に低下
  • 野間選手も荻野選手と同タイプ
  • 守備範囲は多くの因子が関係する(最適なバランス)
  • カープはセンターを守れる選手の補強が必要

 

まとめ

 

今回は12球団のセンターの守備範囲ついて述べてきた。
やはりセンターの守備評価として守備範囲の要素は大きい。

現状、カープには守備範囲の広いセンターが存在しない
得点に左右する大事なポジションのため改善したいところである。

打撃もあって守備力もある選手の補強は現実的には難しいだろう。
ただ、絶対数が欠けている状況をつくっていることは課題でもある。

広い守備範囲を誇った丸選手のいた2018年までのカープ。
再び球界を代表するセンターとなるよう新たな戦力の台頭に期待したい。

 

 

 

以上、球界屈指のセンター達の守備範囲とカープの強化ポイント…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載は広島東洋カープ球団に電話にて問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事・画像の盗用を見つけた場合、サーバー会社・ドメイン会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として楽しんで見て頂けると幸いです。

Copyright© 現役トレーナーのカープぶろぐ! 2019 All Rights Reserved.