現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

不調が続く長野久義選手、毎年好調な6月と何が違う?

なかなか本調子になれていない長野久義選手。
好成績を記録していた過去の6月と比較しながら検討していきます。

f:id:carp-toyo:20190401135213j:plain

 

 

6月になってもあがらない打撃

 

例年であれば、6月に打率が急上昇する長野選手。
しかし、2019年はいまだにその予兆は感じられない。

ここで一旦、2014年以降のデータを振り返ろう。
過去5年間でも6月の多くは.300台を記録し、平均でも.319。
スロースターが代名詞の長野選手らしく、一気に上昇傾向にある。

  • 2014 .284 ➟ .233 (-) ➟ .357 (+)
  • 2015 .192 ➟ .250 (+) ➟ .275 (+)
  • 2016 .301 ➟ .236 (-) ➟ .323 (+)
  • 2017 .177 ➟ .271 (+) ➟ .346 (+)
  • 2018 .239 ➟ .284 (+) ➟ .293 (+)
             ※ 通算打率 .251 ➟ .254 ➟.319 

しかし、2019年は低打率のまま推移しており、本来の姿とはほど遠い。
打率は.188と.200を下回り、出塁率も.278程度と振るわない。
交流戦前は3打席連続代打安打を記録するなど、良い兆しが見えていた。

しかし、交流戦でスタメン出場を果たすも、結果が出せず。
野間選手の不振による『最大のチャンス』だったがそれは掴めなかった。
結果、西川選手がセンターに定着し、現在はスタメン出場の機会を失っている。

 

 

 

2014年以降の6月の打撃成績

 

2014年以降と比較しても、やはり打率、出塁率、長打率ともに低い。
打ててないので当たり前ではあるが、例年に比べて不調なのがよくわかる。
例年は爆発し始める時期に活躍出来ないのは、本人ももどかしいだろう。

 

図1 2014年以降の6月の打撃成績

f:id:carp-toyo:20190630135920p:plain

 

打球特性の変化

 

それまでに比べて、2019年の6月はフライの打球が増加した。 
また、ライナーが無くなり、ゴロとフライという極端な結果になっている。
鋭い当たりが無くなり、凡打する機会が多いことが推察される。

 

図2 2014年以降の6月の打球の種類

f:id:carp-toyo:20190629144954p:plain

また、2019年6月は極端に外野でのフライが増加している。
ライナーが減り、外野の間を抜けることも少なくなったのだろう。
ゴロでアウトになる割合も増え、野手の間を抜けにくくなっている。

 

 図3 2014年以降の6月の打球アウト

f:id:carp-toyo:20190629144915p:plain

 

打球の強度を見ると、確かに2019年は強い打球が減っている。
また、弱い打球は増えていることから、全体の打球強度は低下している。

2015年も強い打球は少なかった。
ただ、同時に中間の打球が多く、弱い打球が少ない。
強い打球が少ない分、中間の打球でカバー出来ていた可能性もある。

 

図4 2014年以降の6月の打球強度

f:id:carp-toyo:20190629145421p:plain

 

また、2019年は引っ張りと反対方向の打球が増え、中間方向の打球が減った。
つまり、打球がレフトとライトに偏り始めているということになる。
2018年までは、ある程度、センターを中心に打ち分けられていたのだろう。

 

図5 2014年以降の6月の打球方向

f:id:carp-toyo:20190629144631p:plain

 

2019年の6月の傾向

 

フライが増え、外野フライのアウトも多く、ゴロのアウトも増加。
また、センター方向の打球が少なく、ライトとレフトに偏っている。

おそらく、打球強度が低下したぶん、打球は失速する傾向にある。
そのため、フライが外野手に捕球されやすく、ゴロは野手の間を抜けにくい。
また、引っかける打球と追っつける打球が増え、打球方向が偏った。

本人が意識しているのか、意図的にライト方向に打つ姿が多い。
確かに、ライト方向の強い打球が飛ぶのが長野選手の特徴ではある。
ただ、調子の良い時は強く振った結果、右中間に強い打球を飛ばしていた。
『意図的に狙った』というより、『しっかりスイングした結果』だった。

 

 

 

 打席数の少なさ

 

少し気になるのが2019年の3-4月の打席数の少なさだ。
2015、2016、2017年と少ない年と比較しても、1/2程度しかない。
2014、2016年と比較すると、約1/3程度しか打席に立っていない。
5月だけを見れば、僅かに20打席しか打席に立っていない。

6月までの打席数の少なさも、6月の成績に影響している可能性もある。
過去、ここまで打席数の少ない年はなく、調整が難しいのか知れない。

 

 図6 2014年以降の3-5月の打席数

f:id:carp-toyo:20190630135855p:plain


そして、ここに6月を足しても、少なめの年の2015、2017年の60%程度。
2019年は例年に比べ、圧倒的に打席に立てない状況にあるのがわかる。
代打出場など慣れないことも多いだろうが、それにしても少ない。
スロースターターの選手にとっては、不利な条件なのかも知れない。

図6 2014年以降の3-6月の打席数

f:id:carp-toyo:20190630135752p:plain

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 2019年はフライが増加
  • 外野フライのアウトとゴロアウトが増加
  • 強い打球の割合が低下
  • センター方向の打球の割合が低下
  • 6月までの打席数が例年の半分以下
  • 打席数の少なさも影響した可能性も

 

まとめ

 

今回は調子の上がらない長野選手選手ついて述べてきた。
移籍1年目、本人としてもある程度の結果を残しておきたいだろう。

ただ、例年に比べて十分な打席に立てていないのかも知れない。
スロースターターの選手だけにある程度の打席が必要かも知れない。

また、慣れない環境や屋外球場の影響があるのかも知れない。
何が原因かを探るのはなかなか難しいが、例年通りではないのは確か。

まだまだ優勝を狙える位置にいるカープ。
夏場を迎える時期に本来の調子があがってくることを期待したい。

 

 

 

以上、不調が続く長野久義選手、毎年好調な6月と何が違う?…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

 

※ 写真の掲載は広島東洋カープ球団に電話にて問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事・画像の盗用を見つけた場合、サーバー会社・ドメイン会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として楽しんで見て頂けると幸いです。

Copyright© 現役トレーナーのカープぶろぐ! 2019 All Rights Reserved.