FA権を取得した會澤翼選手、巨人か?楽天か?残留か?去就が気になる2019年のオフ

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
整形外科系の国家資格取得のトレーナーです
現在は「法律」の勉強もしています。

 

2019年シーズンに国内FA権を取得した會澤翼選手。
他球団の動向を見ながら、各球団と會澤選手の関係性を検討していきます。

 

国内FA権を取得

 

會澤翼選手が5月7日に国内FA権を取得した。
当然ながら、まだ本人は名言を控えているが、その去就が注目される。
やや回復してきたものの、プロ野球界は捕手の人材が不足している。
特に打力のある捕手となると、球界でも限られる選手しかいない。
当然ながら、FA宣言を行えば、複数球団が獲得に名乗りを上げるだろう。

www.nikkansports.com

 

獲得に興味を示している球団は?

 

マスコミで名前が挙がっているのは巨人、楽天、DeNAあたり。
確かに、地元が茨木県と考えると、関東の球団を希望するのは予想できる。

巨人は今季も捕手併用制を引きながら、大城卓三選手をファーストに起用。
會澤選手を獲得出来れば、大城選手を正式にコンバート可能になってくる。

また、楽天は石井一久氏のGM入閣以来、良い人材を積極的に補強している。
2018年オフには松山竜平選手の獲得に乗り出し、可能性は十分にあり得る。
特に春先は捕手陣が誰ひとり盗塁を刺すことが出来ない状況にあった。
そして、チーム初の盗塁阻止は選手がいなくなり急遽マスクをかぶった銀次選手。
元捕手とはいえ、本職ではない銀次選手が4イニングも守るという出来事もあった。

DeNAは2018年に伊藤選手をトレードで獲得するも決定打にはなっていない様子。
嶺井選手、戸柱選手との併用は続き、獲得に乗り出すことは予想できる。

 

12球団の捕手の守備力

 

ひとまず、12球団の捕手の守備力から考えてみよう。
ソフトバンクが群を抜いており、次いで阪神とオリックスが並ぶ。

そして、獲得に名乗りを上げそうな巨人、楽天、DeNA。
いずれのチームも守備力で上位には入っていないのが現状のようだ。
ただ、カープも守備力に関しては若干プラス程度で突出してはいない。
※ 以下、全てのデータは6/27終了時点の成績

図1 各球団の捕手守備力
f:id:carp-toyo:20190628135624p:plain

次に、守備機会250イニング以上の選手をピックアップして考えてみる。
ソフトバンクはやはり甲斐選手が圧倒的な存在感を出している。
梅野隆太郎選手や若月健矢選手も守備面での貢献が高くなってきている。

巨人の小林誠司選手、DeNAの伊藤光選手、楽天の嶋基宏選手の3選手。
小林選手はまずまずの貢献だが、伊藤選手と嶋選手の2人はやや厳しい。
ただ、會澤選手の守備力も相対的には良いとは言えない位置にいる。

図2 250イニング以上の捕手の守備力
f:id:carp-toyo:20190628191650p:plain

一部の選手のみであるが、盗塁阻止率も検討してみよう。
小林選手が群を抜いて、高い盗塁阻止率を記録している。

伊藤選手、嶋選手ともに低く、嶋選手は.100にも満たない。
ただ、會澤選手も.200少しと盗塁阻止については良いとは言えない。

盗塁阻止率は投手との合わせ技で、単純に捕手の能力とは言い切れない。
とはいえ、やはり送球の良い選手の指標として参考にしても良いだろう。

図3 主な捕手の盗塁阻止率
f:id:carp-toyo:20190628191459p:plain

 

巨人、DeNA、楽天が獲得した場合の守備力の変化

 

3球団の主力捕手をピックアップして検討する。
巨人が獲得した場合、小林選手の出場機会は減ることが予想される。
そうなった場合、捕手の守備力は現在より低下する可能性がある。

DeNAと楽天が獲得した場合、大きな変化はないのかも知れない。
ただ、楽天は若手が多く、彼らの成長次第といったところだろう。

元々、會澤選手の守備力の数字が正直なところ高いとは言えない。
そのため、守備面で見た場合は獲得による「劇的な変化」は無さそうだ。

図4 3球団の主力捕手の守備力
f:id:carp-toyo:20190628170202p:plain

 

12球団の捕手の打撃力

 

続いて、12球団の捕手の打撃力から考えてみたい。
西武が群を抜いており、阪神とカープがほぼ並んでいる。

そして、巨人、楽天、DeNA。
いずれのチームも捕手の打撃力があるとは言えない状況にある。
特に楽天は下から2番目と打撃面でだいぶ苦労している様子がわかる。

図5 250イニング以上の捕手の打撃力
f:id:carp-toyo:20191011000830p:plain

次に、100打席以上の選手をピックアップして考えてみよう。
首位打者争いをしている森友哉選手の圧倒的な打撃力が目立つ。
また、會澤選手もそれに引けを取らないほどの打撃力を見せている。
阪神の梅野選手も春先は高打率をキープし、打撃面でも大きく貢献。

巨人ではやはり大城卓三選手の打撃力が目立つ。
ただ、ファーストや外野での出場が多く、捕手としての機会は少ない。
将来的に捕手に専念するかかどうかで巨人の捕手の打撃力を左右する。

巨人の小林選手、DeNAの伊藤選手、楽天の嶋選手の3選手。
いずれも打撃面では少々物足りない位置にはいるのは否めない。

図6 100打席以上の捕手の打撃力
f:id:carp-toyo:20190628191847p:plain

 

巨人、DeNA、楽天が獲得した場合の打撃力の変化

 

守備と同様に、3球団の主力捕手をピックアップして検討する。
巨人は短期的に見れば、會澤選手の獲得により大幅な改善が出来る。
ただ、そうなると大城選手が野手に専念する可能性も高くなるだろう。
まだまだ伸びしろのある大城選手を移動することが正解かは微妙である。

楽天とDeNAは、曾澤選手の獲得により打撃面で大幅に改善する。
特に両チームとも捕手の長打力は低く、中から軸下位打線の強化を図れる。

図7 3球団の主力捕手の打撃力
f:id:carp-toyo:20190628171715p:plain

 

一番獲得したい球団は「巨人」

3球団で最も獲得したいのは巨人だろう。
単純に選手を獲得して、チームを補強するだけではない。

チームを戦力を補強しつつ、ライバルチームの戦力を削ることが出来る
丸選手を獲得した時と同様にチームにとって「Wの効果」が生まれる。
また、リーダーであるが故にカープの内部事情も聞き出すことも出来る。

そういった意味でも巨人にとっては是非とも獲得したい選手だろう。
もちろん、DeNAにとっても、同様の意味合いがある。

 

カープは全力で慰留すべき選手

 

そうなると、カープも全力で引き止めないといけない。
丸選手のFAの際には交渉が上手くいかず、結果、巨人へ移籍した。
正直、『どうしても残って欲しい』とは感じない交渉だった感は否めない。
丸選手に続き、チームの柱が抜けてしまう事態にならないよう願いたい。

確かに磯村嘉孝選手や坂倉将吾選手など次世代捕手も成長してきている。
ただ、石原喜幸選手も40歳を超え、あと数年で引退が考えられる。
あと1~2年で若手がすぐにレギュラーでやれるかと言えば厳しい。
そう考えても、是が非でも残ってもらうべき選手であることは間違いない。

 

最も懸念される「出身地」

 

過去のカープ選手のFA移籍を見ても、少し気がかりな点がある。
一部を除く、多くの選手が出身地近くの球団へ移籍している。

過去にカープでFA宣言をした選手は計10名いる。
そのうち、海外移籍の選手が3名、交渉なしが1名。
国内チームの移籍が6名で、巨人が4名、阪神が2名。

  • 川口和久 ➟ 巨人
  • 江藤智  ➟ 巨人
  • 金本智憲 ➟ 阪神
  • 新井貴浩 ➟ 阪神
  • 大竹寛  ➟ 巨人
  • 丸佳浩  ➟ 巨人

江藤智選手と大竹寛選手は東京都出身。
丸佳浩選手は千葉県出身で同様に関東出身。
川口選手は鳥取県出身だが、奥さんが東京都出身。
のちに移籍には義理の両親のことも関係したと報告した。

そして、會澤選手も茨木県出身と関東出身の選手。
さらに奥さんも水戸短大付属高校の時の同級生のようだ。
曾澤選手も地元に近い球団に移籍したい気持ちがあってもおかしくない。
家族のこと、引退後のことを考えると、理由としては大きな要素だ。

また、球団によってFA移籍の選手に引退後の手厚いフォローもある。
残留したい気持ち、チャレンジしたい気持ち、色々あって当然だろう。

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 獲得が噂される球団は巨人、DeNA、楽天
  • 捕手の守備面はDeNAと楽天はやや低い
  • 獲得により大幅な守備面の改善は微妙
  • 捕手の打撃面は巨人、DeNA、楽天は低い
  • 獲得により大幅な打撃面の改善の見込み
  • 最も獲得したいのは巨人
  • カープは全力で慰留すべき

 

3年契約でカープに残留決まる ※10月10日追記

 

去就が注目されていたが、10月10日に残留が決まった。
3年契約で6億円と事実上、カープで現役を全うする覚悟の様子。
丸佳浩選手に続き、主力選手の流出が危惧されたが回避出来た。
カープとしても引退後の「幹部候補」として曾澤選手の残留は大きい。
特にドラフト前に残留の意思を示してくれたのも大きかった。
2020年もチームを引っ張るチームリーダーの活躍に期待したい。

hochi.news

 

今回のまとめ

 

今回は国内FA権を取得した會澤翼選手ついて述べてきた。
カープにとっては流出してはならない選手なのは間違いない。

ただ、それだけ良い選手を他球団が放っておかないのも事実。
宣言した場合、複数の球団が獲得に名乗り出るのが予想される。

丸選手に続き、チームの柱を失う訳にはいかない。
中堅選手の多いカープ、主力の移籍の可能性はこれからも続く。

球団にも残留してくれるよう全力で交渉して欲しい。
まだシーズンの途中、まずは優勝して良いオフを迎えて欲しい。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

捕手異論

谷繁流 キャッチャー思考 (当たり前の積み重ねが確固たる自信を生む)

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.