かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

2018年ウエスタン・リーグ4冠王のアレハンドロ・メヒア選手が1軍に登録、起爆剤になるか!?

この記事をシェアする

今日からアレハンドロ・メヒア選手が1軍に出場登録となっています。
起爆剤となれるかどうか、過去の成績も振り返りながら検討していきます。

f:id:carp-toyo:20191018171735j:plain

 

 

2018年の圧巻の成績を振り返る

 

2019年の成績の前に2018年を振り返ろう。
2軍とはいえ、ダントツの4冠王に輝いた。
すでに2軍ではすることのないくらいの成績を残している。

www.daily.co.jp

 

2019年の2軍打撃成績

 

まずは2019年の2軍成績を振り返ろう。

  • 63試合 201打数59安打 19本塁打 (1) 45打点 (1) .294 (4)

この数字だけを見れば文句の付けようもない成績を残している。
6/25時点だが、2019年も本塁打と打点の2冠王に位置している。

次に2軍での出塁率と長打力を見ていこう。
2018年に比べて、打率が低いため、出塁率は若干下がってはいる。
しかし、2軍とはいえ長打力は年々向上しつつあることがわかる。


図1 2軍での出塁率と長打力

f:id:carp-toyo:20190625153747p:plain

 

 

2019年の2軍打撃成績

 

2019年シーズンは主にファーストとサードの守備位置についている。
中神拓斗選手と林晃汰選手が加入したこともあり、ファーストでの出場が多い。

  • ファースト 26試合 164刺殺 15補殺 0失策 12併殺 1.000
  • サード   27試合   13刺殺 32補殺 3失策   3併殺   .938

年度で守備機会が違うため単純に比較は出来ない前提で話を進める。
ファーストは元々守備率が高めではあるが、少しずつ向上している。
サードに関しては2018年よりもやや低下しており、課題は見られる。
とはいえ、2016年から長期的に見れば、ずいぶん向上してきている様子。

図2 2軍での守備成績

f:id:carp-toyo:20190625155524p:plain

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

1軍での打撃成績は?

 

改めて、過去2年の1軍での打撃成績を振り返ろう。
打数は少ないが、打率、出塁率、長打率は共に向上している。
しかし、四球が少なく、三振や空振りのも特徴といえるだろう。
単打を期待している訳ではないので、ある程度は仕方ないだろう。

 

図3 1軍での打率、出塁率、長打力

f:id:carp-toyo:20190625161203p:plain

図4 1軍での四球、三振、長打力

f:id:carp-toyo:20190625162645p:plain

 

1軍ではどんな打球を打っているのか?

 

次に、どんな打球を打っているのか傾向を見ていこう。

2017年は反対方向への打球は1球も無かった。
つまり、極端に「引っ張り方向」の打撃をしていたことがわかる。
2018年には反対方向への打球が増え、引っ張り方向の打球が減った。
少しずつセンター中心の打撃に変化しつつあるのがわかる。

 

図5 1軍での打球方向

f:id:carp-toyo:20190625163438p:plain

 

続いて、どんな打球の種類を見ていこう。
2017年は極端にゴロになる打球が多かった。
反面、2018になるとフライの打球が増加し、ゴロの打球は減少した。
二塁打も含めた長打を期待される選手のため、良い傾向と言えるだろう。


図6 1軍での打球の種類

f:id:carp-toyo:20190625162745p:plain

 

 

1軍のサードは人材不足

 

実際に1軍で試合に出るとして、どのポジションを守るのだろう。
現在はファーストにバティスタ選手と松山竜平選手がいる。

反面、サードは安部選手がコンディション不良、小窪選手が2軍降格に。
ここ数試合は上本選手がサードのスタメンとして出場している。

そうなると、サードにメヒア選手が入るのが無難な選択だろう。
もちろん安部選手や上本選手に比べれば、守備面では劣るかもしれない。

しかし、起爆剤という意味では打撃面を優先するべきだろうと思う。

 

外国人枠の競争

 

1軍外国人枠がすでに固定されつつあるのが現状。
ジョンソン投手、フランスア投手、レグナルト投手、バティスタ選手。
今回はジョンソン投手との入れ替えだが、交流戦後の登板間隔の関係だろう。

バティスタ選手に比べ、チームが求める長打力という面では劣る。
1軍の実績に関しても、周知の通り、2年半で通算54本塁打を放っている。

バティスタ選手に無くてメヒア選手の武器はなんだろうか?
それは1軍の弱点である「サードを守れる」ということだろう。
正直、メヒア選手の1軍戦力としての価値を見出すにはそこに間違いない。

限られた機会ではあるが、ここである程度結果を出さなければならない。
結果が出ない場合、もしかすると今シーズンのチャンスは無い可能性が高い。

 

チャンスが少なくても腐らない性格

 

過去の外国人選手を見ても、2軍で群を抜く打撃成績を残している。
それでも1軍での機会を与えられることなく、ここ2年間過ごしている。
しかし、そんな環境に腐ることなく、黙々と練習し、結果を出している。

過去にいたドミニカ出身のロサリオ選手は不満を度々態度に表していた。
最終的には4年契約を、2年契約終了時点で解雇されるに至った。

メヒア選手はそういった不満な素振りを全く見せることなく活躍している。
そういった真面目な性格もメヒア選手の長所とも言えるのではないだろうか。

ja.wikipedia.org

 

ここまでわかったこと

 

  • 2019年も2軍では2冠王
  • 2軍でも長打力は年々向上している
  • 1軍通算では四球が少なく、空振りが目立つ
  • 打球傾向のバランスが取れてきて、フライ打球が増加
  • チャンスが無くても黙々と努力できる選手
  • 人材不足の1軍のサードでアピールしたい

 

追記:6/20
サードにて登録後に即スタメン出場。

www.daily.co.jp

 

今回のまとめ

今回は1軍に昇格したメヒア選手の打撃と守備を中心に述べてきた。
本人にとっては待ちに待って、ついに訪れたチャンスだろう。

1軍の外国人枠は4人に限られている。
正直、固定されつつある外国人枠を崩すことは厳しいだろう。
しかし、ここで結果を出せれば首脳陣の評価も変わるだろう。

バティスタ選手にないものをしっかりとアピールして欲しい。
交流戦に入り沈滞ムードが漂う1軍の起爆剤となることを期待しよう。

 

 

 
最後までお読み頂きありがとうございました。 

記事:2018年ウエスタン・リーグ4冠王のアレハンドロ・メヒア選手が1軍に登録、起爆剤になるか!?

☞ 2019年もたくさん出版された「カープ本」のまとめ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.