現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

広島の外野守備、実現したい『センター西川龍馬選手』

開幕当初、チーム全体で守備でのミスが響いたカープ。
今回は改善しつつある守備の中で、外野守備について検討していきます。

f:id:carp-toyo:20190401135213j:plain

 

 

本職ではない選手が意外に貢献

 

まずは、規定打席到達者の外野守備を見ていく。

 

図1 外野手の守備貢献度 (規定打席到達者)

f:id:carp-toyo:20190620125845p:plain


守備位置が違うので簡単な比較は出来ないことは前提で話を進める。

本来は「内野手」の西川龍馬選手が全ての項目で平均を上回った。
開幕前には不安視されていた守備面での不安はほとんど無くなっている。
思った以上に早く外野守備への適正を見せる形となった印象だ。

反面、野間峻祥選手は肩、守備範囲、総合評価で平均を下回っている。
守備と足を期待されている選手にしては正直物足りない数字である。

鈴木誠也選手は春先はリーグトップクラスの高い守備貢献度を示していた。
しかし、少しずつ下降し、現在は平均的なところに落ち着いている。

 

復調しつつある鈴木選手の外野守備

 

鈴木選手の守備を2016年から振り返ってみよう。

 

図2 鈴木選手の守備貢献度

f:id:carp-toyo:20190620125905p:plain

 

2016年はセ・リーグでも高い外野守備能力を見せていた。
丸選手とのコンビはセ・リーグでも屈指の守備を誇っていた。

2017年のシーズン終盤でのケガにより低迷し、2018年は平均を大きく下回った。
特に足元を抜いていく打球処理では精彩を欠き、何度もランナーを進めていた。

しかし、2019年は足首のボルトも除去し、少しずつ守備面も改善しつつある。
フェンス際の打球を好捕する姿や、強肩でランナーを三塁で刺す場面も見られる。
改善な復調とまでは言えないだろうが、十分な守備での貢献度だろう。
 

 

 

見ていて気になる野間選手の外野守備

 

野間選手に関しては、期待されているほど守備での貢献は出来ていない。

評価自体が他の選手を含む「相対的評価」なので、下手という訳ではない。
平均が高ければ、相対的に無難な守備でも平均より下回るケースもある。
とはいえ、解説者陣がこぞって「野間は守備が良い」というほどではない。

その印象は個人的にも去年から持っているのが正直なところ。
中継を見てても、特別守備範囲の広さを感じることは正直ない。
また、野村謙二郎氏が強肩を評価しているが、それもそこまで感じない。
エラーこそしないので無難な守備といった印象までで特筆する印象はない。

おそらく、足の速さや肩の強さは解説者陣が評価する通りなのだろう。
しかし、野球は単に走ったり、強く投げたりという競技ではない。
「足の速さ」「肩の強さ」はあくまでも要素に過ぎない。
そこに状況判断や技術が加わって初めて良いプレーが成立する。

その点について、特に外野守備において判断ミスを何度か見た。

確か、オープン戦の最終戦。
ワンバウンドで取って、セカンドで刺したプレーがあった。
テレビ各局で「ファインプレー」と紹介されていたが、実際は異なる。
よく見ているとわかるが、スタートで後ろに下がっており一歩目が遅れていた。
遅れたがためにワンバウンド捕球となり、セカンドで刺せたのが本当だろう。

また、シーズン中の東京ドームでの試合。
フェンス上部に直撃か本塁打の大きな当たりで最後までフェンスに張り付いていた。
本来であれば、そのような打球は捕球できないため、クッション態勢に入るはず。
フェンスから離れ、クッションボールを素早く処理出来る位置にいるべきだろう。

こういった小さなプレーから思ったほど数字が伸びていない可能性もある。
特に一歩目が遅いと、いくら足が速くても、遅い分だけ守備範囲は狭くなってしまう。

 

 

センターを守った選手たちの守備貢献度

 

次に、センターの守備を50打席以上の打者で見ていこう。

 

図3 センターの守備貢献度 (50打席以上)

f:id:carp-toyo:20190620125925p:plain


守備機会が大きく異なるため、単純な比較にはならないが話を進める。
野間選手に関しては、さきほど紹介した数字と変わらない。

特段、守備の良いセンターはいないのが現状のようだ。
長野選手はマイナス値が多いが、ほぼ平均値といったところだろう。
年齢、故障歴の面を考えれば、こんなところが無難だろうと思う。
捕れるところを普通に守ってくれてさえいれば十分である。

西川選手も特別何かが目立つ訳でもなく、可もなく不可もなく。
守備機会が7イニングしかないため、はっきりと判断もしにくい。

 

 

チャレンジして欲しい「センター西川選手」


意外にも外野守備の適性を見せ始めている西川選手。
そこでテストケースとしてセンターの守備にも挑戦して欲しい。

オープン戦で何試合か、シーズン中も1試合。
実際に西川選手がセンターでのスタメンの試合があった。

ただ、本格的なものではなく、不調の野間選手の代役的な出場に限られた。
そこで、一定期間、西川選手にセンターでの適正を見てはどうだろうか?

西川選手本人も「センターの方が打球が素直で守りやすい」と言っていた。
レフトでの適正を考えれば、センターでも慣れてくれば無難に守れる可能性はある。
しばらくはミスもあるかも知れないが、チャレンジしても良いのではないだろうか。

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 2019/6/20 18:14 追記
投稿直後の試合で西川選手はセンター、松山選手はレフトでスタメン出場。
http://npb.jp/scores/2019/0620/c-m-03/

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

復調が待たれる松山竜平選手

 

もし西川選手がセンターに入れれば、レフトに長打のある打者を配置出来る。
ここまで不振にあえいでいる松山竜平選手がその筆頭にはなるだろう。
下位打線に長打力不足を感じる現状の打線で、そこを補える可能性がある。
正直、彼の復調なしでセ・リーグ4連覇は厳しいだろうと思っている。

その他の外野手においても、大半はレフトが主な選手たち。
レフトを西川選手が埋めてしまうことで、他の選手も出場機会を失う。
期待されている坂倉将吾選手も出るところがなく、再び2軍に降格した。
捕手でも外野手でも出れないため、ずっとベンチを温める状況になっていた。
若手の機会を失わないためにも、西川選手のセンターも良いのではないのか。

 

野間選手の競争心と奮起

 

野間選手も西川選手がセンターに来ることで本気で勝負をしたら良い。
丸選手が移籍して、特にライバルのいない中で出場機会が与えられてきた。
2軍を見渡しても、センターの本職は赤松選手くらいしか見当たらない。

チーム編成に問題もあるのだが、ポジション競争という状況にはなっていない。
与えられたセンターでなく、掴み取ったセンターこそ価値があるのではないか。

そこで勝てるくらいでないと、何年もレギュラーとして活躍することは難しい。
以前にも記載したが、少し打力のある選手が入れば、そちらを起用するようになる。
「能力は高いのに...」で終わる選手にならないよう奮起を期待したい。

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 西川選手が外野守備への適性を見せている
  • 野間選手が思った程、守備で貢献できていない
  • 鈴木選手は無難な守備と強肩を披露している
  • 西川選手のセンターの適性の可能性もある
  • 野間選手の競争心と奮起を引き出したい

 

まとめ

今回は外野守備を中心に述べてきた。
予想以上に早く西川選手が外野守備への適性を見せている。

鈴木選手もケガが復調しつつあり、守備面で改善傾向にあった。
野間選手は期待されている守備でも物足りないのが正直な印象となった。

西川選手が適正を見せることで外野守備も安定しつつある。
センターのスタメンが不安定な状態の中、西川選手のセンター挑戦も良いだろう。
最初はミスもあるだろうが、適正を試すためにしばらくセンターで起用してみたい。

いずれにせよチームとしての外野手の守備能力は改善してきた。
リーグ屈指の外野守備を目標に、今後の成長にも期待しよう。

 

 

 

以上、広島の外野守備、実現したい『センター西川龍馬選手』…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載は広島東洋カープ球団に電話にて問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事・画像の盗用を見つけた場合、サーバー会社・ドメイン会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として楽しんで見て頂けると幸いです。

Copyright© 現役トレーナーのカープぶろぐ! 2019 All Rights Reserved.