現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

ついに30歳で覚醒?中村恭平投手の鍵を握るストレート

左腕不足の中、30歳で覚醒の予感を見せている中村恭平投手。
今回は覚醒に導いた球種、特にストレートについて検討していきます。

f:id:carp-toyo:20190402132305j:plain

 

 

2019年シーズンの成績

 

まずは2019年シーズンのここまでの成績を振り返ろう。
※ 2019年6月15日試合終了時の成績

◎ 17試合 (21回1/3) 0勝0敗 0.84

期待されながらも、活躍できないシーズンを送ってきた中村投手。
過去にない好成績を収め、左の中継ぎ投手として活躍している。

覚醒につながった“ストレート”

 

まずは、2015年以降の各球種の平均球速を振り返ろう。
持ち球の全ての球種で球速がアップしている。
全ての球種で「高速化」が起きていることがわかる。

ストレートに関しては、昨年比で6.9km/hもアップ
元々、140km/h後半の速球派だったが、近年は140km/hちょっと。
制球を気にするがために、明らかな球威不足の感は否めなかった。

 

図1 各球種の平均球速

f:id:carp-toyo:20190616150910p:plain

 

持ち球の投球割合はどう変わった?

 

次に各球種の投球割合を見ていこう。
2015年はストレートの割合を抑え、スライダーを中心に投げていた。
また、2016年はスプリットを増やし、2017年はシンカーを増やしていた。
持ち味だったストレートはこの3年間は50%を切る状況にあった。

そして、2019年はストレートの割合を70%近くまで大幅に増やした。
スプリット、シンカーは激減し、スライダーとの2球種を主に投じている。

 

図2 各球種の投球割合

f:id:carp-toyo:20190616151133p:plain

 

 

 

どの球種は得点増減を招いているのか?

 

次に、出塁に深く関与する四球率と打率を見ていこう。
過去3年間、ストレートは全く機能していなかったことがわかる。
2019年は一転し、中村投手にとって圧倒的な「武器」となっている。
ストレートとの相乗効果か、スライダーも機能するようになった。

 

図3 各球種の得点増減

f:id:carp-toyo:20190616151253p:plain

 

 打球の質も変わってきた


次に、打球の強度と方向を見ていく。
2015年は強い打球を打たれ、引っ張られた打球も多かった。
ストレートを控え、スライダー中心の勝負したが通用しなかった様子がわかる。
そして、2019年は強い打球を打たれにくくなり、引っ張られる打球は減少した。

 

図4 打球強度

f:id:carp-toyo:20190616151357p:plain


図5 打球方向

f:id:carp-toyo:20190616151534p:plain

 

球質の変化から投球内容も変化

 

最後に空振り、奪三振、四球の割合を見てみる。
2019年は空振りと奪三振が増加し、四球が減っている。
特に奪三振に関しては、前年比の倍以上と顕著な増加を見せている。

打球を飛ばさせず、四球も出さない。
中継ぎ投手として理想的とも言える投球内容を見せている。

 

図6 空振り、奪三振、四球の割合

f:id:carp-toyo:20190616151626p:plain

 

 

 

 

大きく変わった2つの要因

 

本人のコメントからウエイトトレーニング取り組んだ話があった。
以前もチャレンジしたが上手くいかず、再チャレンジをしたとのこと。
明らかに体は大きくなり、「華奢な投手」というイメージからは一新した。
特に上半身のトレーニングを増やし、覚醒の要因の1つとなったようだ。

また、個人的に思うのは明らかにフォームが変わったことにある。
ウエイトトレーニングの影響も多いにあるが、それよりもこちらが比重が高い。
昨年までの制球を気にしながらの投球とは「全く別人」と言っても過言でない。
明らかに必要な要素が使えるようになり、球速アップのベースになっただろう。

先日、自己最速の155km/hを記録した。
まだまだ更新する可能性があるので期待したい。

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 全ての球種で平均球速がアップ
  • 特にストレートは平均球速が顕著にアップ
  • 球速アップとともにストレートの投球割合が増加
  • 投球の大半はストレートで打ち取っている
  • 強い打球が減少し、引っ張られる打球が減少
  • 奪三振が増え、四球を出さない理想的な投球内容

 

まとめ

今回は中村投手のストレートを中心に述べてきた。
圧倒的な球威を得ることで、大変身することが出来た。

左腕不足だった左の中継ぎも外国人投手とともに一気に埋まった。
先発にも床田投手が固定され、少しずつ左腕の台頭が見られ始めた。

過去シーズン、正直なところ多く登板してきてはいない。
夏場を迎え、プロ入り以来、初めて長いシーズンを過ごす可能性が高い。
バテる時期も来るだろうが、最後まで1軍に帯同することを期待したい。

チームにとっても「良い誤算」だった中村恭平投手の覚醒。
日本人の左の中継ぎの中心として、今後の活躍に期待しよう。

 

 

 

以上、ついに30歳で覚醒?中村恭平投手の鍵を握るストレート…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載は広島東洋カープ球団に電話にて問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事・画像の盗用を見つけた場合、サーバー会社・ドメイン会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として楽しんで見て頂けると幸いです。

Copyright© 現役トレーナーのカープぶろぐ! 2019 All Rights Reserved.