かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

『左のエース』と期待された左腕が中継ぎで覚醒!?中村恭平投手の鍵を握るストレートの威力

この記事をシェアする

左腕不足の中、30歳で覚醒の予感を見せている中村恭平投手。
今回は覚醒に導いた球種、特にストレートについて検討していきます。

f:id:carp-toyo:20191018171735j:plain

 

 

2015-2019年シーズンの成績

 

まずは2015年から2019年シーズンのここまでの成績を振り返る。
※ 2019年は6月15日試合終了時の成績

◎2015   1試合 (  3回1/3) 0勝1敗 10.80
◎2016   8試合 (35回)      1勝1敗   5.40
◎2017      - 登板無し -
◎2018   8試合 (14回1/3) 0勝1敗   7.54
◎2019 17試合 (21回1/3) 0勝0敗   0.84

期待されながらも、2018年まで不本意なシーズンを送ってきた中村恭平投手。
しかし、2019年はここまでは好成績を収め、左の中継ぎとして活躍している。

www.nikkansports.com

覚醒につながった“ストレート”

 

まずは、2015年以降の各球種の平均球速を振り返る。
投げている全ての球種で2018年よりも球速がアップしている。
つまり、全ての球種で「高速化」が起きていることがわかる。

ストレートに関しては、特に顕著で2018年比で6.9km/hもアップ
元々、140km/h後半を投げる速球派だったが、近年は140km/h前後に。
近年は制球を気にするがために、明らかに球威不足な感は否めなかった。

 

図1 各球種の平均球速
f:id:carp-toyo:20191025104131p:plain

 

▼トレーナー目線でケアにおススメ 

 

持ち球の投球割合はどう変わった?

 

次に各球種の投球割合を見く。
2015年はストレートの割合を抑え、スライダーを中心に投げていた。
また、2016年はスプリットを増やし、2017年はシンカーを増やしていた。
持ち味だったはずのストレートはこの3年間は50%を切る状況にあった。

しかし、2019年はストレートの割合を70%近くまで大幅に増やしている。
スプリットとシンカーは激減し、ストレートとスライダーが投球の中心に。

 

図2 各球種の投球割合
f:id:carp-toyo:20191025104107p:plain

 

 

どの球種は得点増減を招いているのか?

 

次に、出塁に深く関与する四球率と打率を見く。
過去3年間に関しては、ストレートは機能していなかったことがわかる。
2019年は一転し、中村恭平投手にとって圧倒的な「武器」となっている。
ストレートとの相乗効果か、スライダーも同時に機能するようになった。

 

図3 各球種の得点増減
f:id:carp-toyo:20191025103955p:plain

 

 打球の質も変わってきた


次に、打球の強度と方向を見ていく。
2015年は強い打球を打たれ、引っ張られる打球も多かった。
ストレートを控え、スライダー中心で勝負したが通用していなかった。
2019年は強い打球を打たれにくくなり、引っ張られる打球は減少した。

 

図4 打球強度
f:id:carp-toyo:20191025104239p:plain

図5 打球方向
f:id:carp-toyo:20191025104259p:plain

 

球質の変化から投球内容も変化

 

最後に空振り、奪三振、四球の割合を見ていく。
2019年になり空振りと奪三振が増加し、四球が減っている。
特に奪三振に関しては、2018年比の倍以上と顕著な増加を見せている。

打球を前に飛ばさせず、加えて四球も出さない。
中継ぎ投手として理想的とも言える投球内容を見せている。

 

図6 空振り、奪三振、四球の割合
f:id:carp-toyo:20191025104319p:plain

 

 

大きく変わった2つの要因

 

本人のコメントからオフにウエイトトレーニング取り組んだ話があった。
以前もチャレンジしたが上手くいかず、再チャレンジをしたとのこと。
明らかに体は大きくなり、「華奢な投手」というイメージからは一新した。
特に上半身のトレーニングを増やし、覚醒の要因の1つとなったようだ。

また、個人的に思う点として明らかにフォームが変わったことにある。
ウエイトトレーニングの影響も多いにあるが、それよりもこちらが比重が高い。
2018年までの制球を気にしながらの投球とは「全く別人」と言っても過言でない。
明らかに投球に必要な動きが出せるようになり、球速アップの要因となっている。
著作権の関係上、分析した動画や画像は掲載出来ないが大きな変化を見せていた。

左の中継ぎで活躍した菊地原毅投手コーチの存在も大きかった可能性もある。
同コーチはオリックス時代には最多ホールドを記録しタイトルを獲得している。

先日の登板では自己最速の155km/hを記録した。
まだまだ自己記録を更新する可能性があるので今後に期待したい。

 

ここまでわかったこと

 

  • 全ての球種で平均球速がアップ
  • 特にストレートは平均球速が顕著にアップ
  • 球速アップとともにストレートの投球割合が増加
  • 投球の大半はストレートで打ち取っている
  • 強い打球が減少し、引っ張られる打球が減少
  • 奪三振が増え、四球を出さない理想的な投球内容