現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に野球について気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の話題も時々投稿しています。

「右対左・左対右」のセオリーはカープ野手にも有効か!?

さて今回は野球界のセオリーにスポットを当てたいと思います。
過去のデータを振り返り、主力選手を中心にその傾向を見ていきます。

f:id:carp-toyo:20190406124026j:plain

 ※ 当ブログはスマホの場合は画面を横向きにすると見やすいです。

 

 

対右投手の成績

2018年に年間250打席以上立った選手をピックアップする。
右打者をブラック、左打者をブルーの文字で表示した。

 

表1 対右投手の打撃成績

   打率  本塁打
鈴木誠也  .318  20
西川龍馬  .310    5
松山竜平  .309  10
野間峻祥  .304    4
會澤翼  .298    7
丸佳浩  .291  23
田中広輔  .261    5
安部友裕  .243    3
菊池涼介  .212    5
バティスタ  .209  11

※ 2018年シーズン年間250打席以上

  
対右投手なので、球界のセオリーでは「左打者が有利」とされる場面。
裏を返せば、対右投手だと「右打者が苦手」というセオリーになる。

見ての通りだが、西川・松山・野間選手と左打者が上位に並ぶ。 
ただ、安部・田中選手とさほど右投手に強いとも言えない選手もいる。
菊池・バティスタ選手はセオリー通りに「右投手が苦手」となった。

対左投手の成績

次に対右投手と同様に、対左投手をみていく。
右打者をブラック、左打者をブルーの文字で表示した。

 

表2 対左投手の打撃成績

   打率  本塁打
丸佳浩  .326  16
鈴木誠也  .324  10
會澤翼  .315    6
西川龍馬  .307    1
バティスタ  .291  14
松山竜平  .286    2
菊池涼介  .271    8
田中広輔  .265    5
野間峻祥  .254    1
安部友裕  .221    1

※ 2018年シーズン年間250打席以上


対左投手なので、球界のセオリーでは「右打者が有利」とされる場面。
裏を返せば、対左投手だと「左打者が苦手」というセオリーになる。

見ての通りだが、鈴木・會澤・バティスタ選手と右打者が上位に並ぶ。 
こちら関しては、左投手を苦手とする右打者はいないようである。
左打者の田中・野間・安部選手はセオリー通りに「左投手を苦手」とした。

充実のハイビジョンチャンネル!スカパー!簡単申込

 

各打者の対右投手・対左投手の打撃成績

次に各打者の対右・対左投手の打撃成績を比較してみよう。

 

図 1 各打者の各打者の対右・対左投手の打撃成績

f:id:carp-toyo:20190406195135p:plain

 

まずは左打者をみていこう。
丸選手は、セオリーに反して、かなり左投手を得意としている。
田中選手も僅かだが、左投手の方が右投手よりも打率が上回っていた。
松山・野間・安部選手はセオリー通り、右投手を得意とした。

次に右打者をみていこう。
全ての右打者が右投手よりも左投手を得意としていた。
特に、菊池・バティスタ選手においては、それが顕著に表れた。
反面、2人とも右投手をかなり苦手とした様子がわかる。

左右ともにほぼ差がなく打っている選手もいる。
鈴木・西川選手がそれに当たり、さらに2人とも.300を超えていた。
ハイブリッドタイプな優秀な打者であることが示された。

丸選手も右投手に.292、左投手に.326と均等に打っていた。
會澤選手も同様に、右投手に.298、左投手に.315と打っていた。
松山選手においても、右投手に.309、左投手に.286と成績を残した。

 

ここまでをまとめると...

わかったことをまとめてみよう。

  • 丸選手は左右ともに苦にせず、特に左投手を得意する
  • 鈴木・西川選手は左右ともに苦にしないハイブリッドタイプ
  • 會澤選手は左右ともに苦にせず、特に左投手を得意する
  • 松山選手は左右ともに苦にせず、特に右投手を得意する
  • 菊池・バティスタ選手は右投手を苦手とし、左投手を得意する
  • 野間選手は左投手を苦手とし、右投手を得意する

 

本当に「球界のセオリー」は通用するのか?

セオリー通りに「左投手に左打者は不利」なのは野間選手。
また、「右投手に右打者は不利」なのは菊池・バティスタ選手。
つまり、セオリー通りの選手は野間・菊池・バティスタ選手の3人。

逆にセオリーに反した選手もいた。
「左投手に左打者は不利」を覆したのは丸選手。
2018年に関しては、全くセオリーが通用しない選手と言える。

丸・鈴木・會澤・西川・松山選手は、左右ともに.280~.320台を記録。
このように顕著に左右どちらかが苦手な選手はレギュラークラスにはいない。
多くの試合に出る条件としては、この辺りを満たす必要があるだろう。

 

最終的には個々の能力によるもの

ここまで見てきた通り、あまりセオリー通りの選手はいない。
該当するのは、野間・菊池・バティスタ選手の3人のみであった。
むしろ、丸選手のようにセオリーに反するような選手もいる。

そう考えると、投手によるスタメンの使い分けがどれだけ必要なのだろうか。
確かに、顕著に示す選手に対してはそのような配慮も必要にはなってくる。

反面、特に苦手としていないのにスタメンから外されている選手もいる。
逆に、セオリーに反する選手が苦手な方に出されている可能性もある。

最終的にはセオリーよりも個々の特性に合わせた選択が必要となる。
また、反対に左打者の方が得意な右投手もいれば、その逆も存在する。

様々な状況をデータや本人の感覚と合わせながら適応する必要がある。
なんとなくで「セオリー通り」では少々味気ない起用法になってしまう。

 

野村監督時代にみた光景

セオリーに拘り、打線が機能しない場面は野村監督時代によく見た。
ジグザグ打線、左対右、右対左に拘り、3点が取れない試合が続いた。

それが投手陣にも影響し、点を取られてはいけないと萎縮していた。
3点取られたら終わり...あの頃の投手陣は相当きつかっただろうと思う。

そんな中、前田健太投手が最少失点に抑えて、よくしのいでいた。
それでもコンスタントに10勝以上を挙げていた前田投手の凄さがわかる。
近年を見ても、あれほど全ての能力に長けた投手は他にいない。

 

 

拘ることで成長出来ないこともある

セオリーに拘った場合、選手の成長にも影響する。
例えば、右打者は対戦が左投手ばかりになると、右投手との対戦が減る。
そうなった場合、偏った経験ばかりが積み上がることになる。

元々右投手が苦手だった場合、課題を克服する機会も失ってしまう。
将来のレギュラー候補であるならば、なおさら深刻な問題となる。

もちろん若いうちから控えタイプの選手はそれでも良い。
代打や守備固めのような選手であれば大きな問題ではないだろう。
彼らは「スーパーサブ」「スペシャリスト」としての役割がある。

しかし、先を見据えた場合、チームには我慢が必要な選手もいる。
セオリーばかりに拘ると、レギュラー選手が育ちにくい環境にもなる。

特に選手流出の多いチームでは、常に気を付けていないといけない。
パ・リーグでは西武とオリックス、セ・リーグでは広島がそうだろう。

 

ちなみに、今我慢して使い続けないといけないのは西川龍馬選手だ。

 

6番以降に西川選手を配置して、自由に打たせた方が良いだろう。
打順に打撃を合わせるよりも、打撃にあった打順に配置した方が良い。
ボール球に手が出るのも彼の特徴であり、その積極性は失いたくない。
ちなみに選球眼は、年数を経ても大きく変化しにくい要素と言われている。

 

まとめ

今回は打撃面での球界のセオリーについて話を進めた。
紹介した通り、選手個々で特性が違い、成績は様々であった。
もちろん2018年のみの成績であることはご了承頂きたい。

セオリー通りの選手にはセオリー通り適応するのもひとつの手である。
しかし、結果が出ないにも関わらずそれに拘る必要は全くない。

状況やデータ、本人の感覚などに考慮した選手起用が必要となる。
選手起用が試される2019年、緒方監督の腕の見せ所に期待しよう。

 

 

以上、「右対左・左対右」のセオリーはカープ野手にも有効か!?…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載はカープ球団に問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事の盗用を見つけた場合、サイト管理会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として見て頂けると幸いです。