現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った主に野球選手を担当するトレーナーブログ

ファーストスターター、春先4月に好調なカープ野手は誰?

この記事をシェアする

さて今回は春先に好調な選手にスポットを当てたいと思います。
過去のデータを振り返り、主力選手を中心にその傾向を見ていきます。

f:id:carp-toyo:20190402132305j:plain

 

 

主な野手たちの3-4月の成績をふりかえる

今回は年間300打席以上の現役選手だけをピックアップする。
2014年から2018年の5年間とし、一般的なデータを集計した。

 

2014年

  • 菊池涼介   120 103 30 2 .291
  • 堂林翔太     76   65 13 4 .200
  • 田中広輔     41   34   6 1 .176

2015

  • 田中広輔     94   89 26 1 .292
  • 菊池涼介   113   98 23 2 .235
  • 堂林翔太   112   98 23 1 .235
  • 田中広輔     54   51 10 1 .196 

2016

  • 菊池涼介   128 119 43 4 .361
  • 田中広輔   133 116 37 1 .319
  • 鈴木誠也     66   64 16 3 .250

2017

  • 安部友裕     71   64 22 0 .344
  • 鈴木誠也   118 107 34 5 .318
  • 田中広輔   127 111 32 0 .288
  • 菊池涼介   124 114 29 2 .254
  • 會澤翼      55   47 10 0 .213
  • 菊池涼介     48   46   9 1 .196    

2018

  • 會澤翼      48   43 17 1 .395
  • 野間峻祥     31   27   8 0 .296
  • 菊池涼介   126 115 33 4 .287
  • バティスタ    51   46 13 3 .286
  • 田中広輔   129 103 28 1 .272
  • 松山竜平     99   89   6 1 .270
  • 鈴木誠也     35   28   6 1 .214 
  • 西川龍馬     20   17   2 0 .118

 

これだけを見たところでは、特に誰が良いというのもないように見える。
単純に打率だけを見れば、いつも春先は絶好調という選手はいない様子。

ただ、田中選手がレギュラー定着後は、平均.293と安定した打率を記録
2016年には.319を記録し、トップバッターとして安定した数字を残している。

菊池選手や鈴木選手は故障を抱えているためか、安定した数字は残っていない。
特に菊池選手はコンディションに左右され、シーズン成績自体も安定しない。

 

アウトにならない選手は?

次にアウトにならない評価として出塁率でみてみる。
ここでは300打席の規定は外し、2016~2018年の順に並べた。

  • 田中広輔 .282➟.322.406.373.414
  • 菊池涼介 .327➟.257➟.376➟.286➟.322
  • 鈴木誠也 .000➟.217➟.258➟.373.314
  • 會澤翼  .000.361.308➟.264➟.447
  • 安部友裕 .000➟.281➟.294➟.382.304
  • 松山竜平 .358.320.423➟.229➟.323
  • 野間峻祥 .000➟.266➟.000➟.000➟.387
  • 西川龍馬 .000.000.333.500.200

2018年は會澤選手以外の選手は打率は高くないが、共に出塁率は高い。
ここでもレギュラー定着後の田中選手の安定した数字が目立つ

また、菊池選手は出塁率でも年によって変動が激しいのがわかる。
鈴木選手は2018年は低打率を記録したが、出塁はしっかり出来ていた。

會澤選手、松山選手においても、春先はしっかり出塁する傾向にある。
會澤選手の場合、次が投手で歩かされることもあるだろうが立派な数字

 

 

移籍したあの選手はやっぱり凄かった

巨人に移籍したが、丸選手の成績も見てみよう。
右から2つ目の数字が打率、1番右の数字が出塁率になる。

  • 2014  122 102 28 5 .275 .385
  • 2015  112   98 23 1 .235 .330
  • 2016  131 115 38 5 .330 .412
  • 2017  122 102 31 3 .304 .405
  • 2018  115   77 24 5 .312 .530

2014~2015年の打率は高くないが、全ての年で高出塁率をキープ
特に2018年の出塁率に至っては、脅威の.530を記録した。
これは近藤健介選手を抑え、12球団で№1の出塁率

こうしてみても、いかに鈴木選手に繋いでいたかが良くわかる。
つまり、丸選手あってこその打線の繋がりとも言えるだろう。
また、鈴木選手の打撃成績への貢献度もかなり高いと考えられる。

 

そして「新井さん」も活躍していた

最後に新井貴浩選手も見てみよう。

  • 2015    64   57 15 0 .263 .344
  • 2016  114 102 33 1 .324 .395
  • 2017    93   76 22 4 .289 .409

広島復帰後、出場のない2018年を除き、全ての年で高出塁率。
復帰前の阪神でプレイしていた2014年も.433をキープした。
新井選手の春先のチーム貢献度も高かったことがわかる。

 

 

ここまでをまとめると...

わかったことをまとめてみよう。

  • 毎年のように春先に打撃好調な選手は特にいない
  • 田中選手は安定した打率と出塁率をキープしていた
  • 菊池選手はコンディション等により好不調の波が激しい
  • 會澤選手、松山選手も安定して出塁している
  • 丸選手は12球団屈指の出塁率を毎年のように記録していた

 

長野選手に関しては、下記の記事でまとめたので参照頂きたい。

 

まとめ

今回は春先に好調な選手を探すためデータを掘り下げてみた。
紹介した通り、打率という面では特徴的な選手は見当たらなかった。

打率自体が様々な影響があり、簡単には良し悪しが判断できない面もある。
そこで出塁率の面で見てみると、貢献している選手が見えてきた。

改めて、丸選手の凄さもわかったと思う。
打線の繋がり、ポイントゲッターを失った2019年のカープ。
新たな選手の台頭に期待しながら、4月の戦いを観戦しよう。

 

 

以上、ファーストスターター、春先4月に好調なカープ野手は誰?…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載は広島東洋カープ球団に電話にて問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事・画像の盗用を見つけた場合、サーバー会社・ドメイン会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として楽しんで見て頂けると幸いです。

Copyright© 現役トレーナーのカープぶろぐ! 2019 All Rights Reserved.

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村