現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

カープの2019年ドラフト会議に向けて左投手に注目してみた!

今回は過去のドラフトを振り返っていきたいと思います。
なかでも、不足している左投手にスポットを当てていきたいと思います。

f:id:carp-toyo:20190323133511j:plain

 

 

 

2010年以降の左投手のドラフト指名

まずは2010年以降に指名された左投手を挙げていきたい。

  • 中村恭平    2010年 D2位 大卒   30
  • 戸田隆矢    2011年 D3位 高卒   25
  • 塹江敦哉    2014年 D3位 高卒   22
  • 飯田哲也    2014年 D6位 社会人卒 27
  • 高橋樹也    2015年 D3位 高卒   21
  • 仲尾次オスカル 2015年 D6位 社会人卒 27
  • 高橋昂也    2016年 D2位 高卒   20
  • 床田寛樹    2016年 D3位 大卒   24

では、全体像を見ていこう。
やはり8人中6人がD2・3位での上位指名となっている。
それだけチームとして重要な補強ポイントとして獲得したことが伺える。

入団時の所属を見ていくと高卒4人、大卒2人、社会人卒2人。
高卒が多いものの、比較的まんべんなく獲得している様子がわかる。
この辺はチーム内の年齢構成の問題とも絡んでくるだろう。

 

 

すでに解雇された投手も

2018年で仲尾次オスカル投手は解雇されている。
1年目のオープン戦で活躍し、記憶に残っているカープファンも多いだろう。
ただ、その姿はその後は見られず、目立った活躍を見せることはなかった。
選手生活の最後はサイドハンドに挑戦したが、開花せず戦力外通告に至った。

ja.wikipedia.org

 

なぜか「や」が多い

お気づきの方もいるだろうが、何故か名前に「や」が多い。
たかや、あつや、てつや、みきや、こうや...と8人中5人が「や」。
オスカル投手が外国籍と考えれば、7人中5人に該当していた。

20~27歳と特別な理由も無さそうだが、時代背景としてあったのか。
ついでに調べてみると、「拓哉、拓也、達也、和也」は確かにあった。
某芸能人たちの影響だろうか、何人かの人たちの顔が浮かんでくる。
ただ、今回の選手たちの名前は無く、流行りだったのかは不明。
本題とは関係ないので、「偶然」ということでこの件は終了。

 

関連リンク

www.tonsuke.com

 

各投手の成績を振り返っていく

次に西川選手の2016年以降の下位打線での成績を振り返ってみよう。

  • 中村恭平    40試合  2勝10敗     5.00 131回1/3
  • 戸田隆矢    95試合 11勝 7敗     3.94 205回2/3
  • 塹江敦哉      3試合   0勝 1敗   11.37     6回1/3
  • 飯田哲也    40試合   0勝 0敗     4.91   40回1/3
  • 高橋樹也    19試合   0勝 2敗1S 6.11   35回1/3
  • 仲尾次オスカル 25試合   2勝 0敗     6.29   24回1/3 
  • 高橋昂也      6試合   1勝 2敗     9.43   21回
  • 床田寛樹      3試合   1勝 1敗     5.19   17回1/3

こうしてみてもわかる通り、ある程度登板しているのは戸田投手のみ
その他の投手は40試合、19試合、6試合、3試合と満足に投げられていない。
勝ち星に関しても、戸田投手を除けば中村恭投手とオスカル投手の2勝止まり。
在籍している左投手が上手く機能してこれなかったことが数字でもよくわかる。

 

 

ある程度活躍した左投手をさかのぼると...

最も近い年代で言うと以下の2人になる。

  • 篠田純平    99試合  20勝26敗 4.24 391回
  • 青木高広  249試合  17勝30敗 4.56 442回1/3

青木投手は巨人時代の成績も含んでいるが、獲得したその後と考えていく。
ドラフトは青木投手が2006年、篠田投手は2007年と10年以上も前になる。

特に青木投手は2011年にチーム最多の72試合に登板したのは圧巻だった。
「ペロ~ン」の愛称で親しまれたことで覚えている方も多いと思う。
その後、謎のトレードで物議を醸したが、チームに貢献した投手と言える。
中継ぎで1年を通して投げ切ったのは菊地原投手以来で、その後はいない。

篠田投手も先発として、64試合に登板し、まずまずの働きを見せた。
一時は前田、バリントン、福井、野村と共に「ドラ1ローテ」の1人を担った。
2年目には99球で完封するなど、左の先発ローテーション投手として期待された。
ただ、フォームに課題があり、故障と制球難を抱え、期待ほど活躍できなかった。
とはいえ、64試合ほど先発を任されたことを考えれば、近年では十分な働きになる。

篠田投手と言えば、以前働いていた医療機関にMRIを撮りに来たのを覚えている。
さわやかな好青年で、イメージ通りの印象を受けた思い出が今では懐かしい。

 

関連URL

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

今季の注目は床田寛樹投手

過去を振り返るとあまり良いデータがないのでこれからに目を移そう。
まず、メディアでも取り上げられているが、期待できるは床田投手だろう。

トミージョン手術から復帰して、その間にフィジカル面も整ってきた。
入団時は細身の左投手らしい体型をしていたが、今ではかなり変化した。
2018年にも一軍復帰の声もあがったが、回避して2019年に挑んだ。
トミージョン手術の性質から考えても、結果的に正解だったように思う。
今回は細かな話はしないが、また別の機会にピックアップ出来ればと思う。

お世話になっているトレーナーの方からも在学時代の話も聞いている。
実際にケアにも関わり、とても性格の良い選手だと話を伺っている。
モデルチェンジした床田投手の2019年の活躍を期待したい。

 

過去の左投手の成功事例は?

過去の左投手の成功事例を調べると、高卒左投手はほぼ活躍していない。

 

高卒

嶋重宣、吉年滝徳、河内貴哉、大島崇行、金城宰之左、齋藤悠葵、相沢寿聡
伊東昂大、金丸将也、戸田隆也、塹江敦哉、高橋樹也、高橋昂也

大卒・社会人

高橋健、 広池浩司、佐竹健太、小島紳二郎、青木高広篠田純平、中村恭平
飯田哲也、床田寛樹

 

1軍で主力として活躍した選手を見てみると、高橋健、青木投手の2人。
なんとか「準」主力で活躍したのは、篠田投手、齋藤投手、河内投手くらい。

こうしてみると高卒の左投手が育っていないのがよくわかる。
コーチにより育成方法も変わるが、少なくとも高卒育成は得意ではないようだ。
高橋昂投手は期待していたが、キャンプに入り、トミージョン手術に至った。

こうして見ると、大卒・社会人に絞るというのも1つのドラフト戦略である。
基礎をアマチュアで作ってもらい、プロ入り後に最終局面を仕上げていく。
その方が、現在のカープの育成能力に合わせた補強スタイルかもしれない。

 

 

2019年の左投手のドラフト候補たち

現時点でカープのドラフト候補にあがっている左投手をみてみよう。

  • 及川雅貴 (横浜高校)
  • 河野竜生 (JFE西日本)

魅力があるのは素材型として及川投手だろう。
ただ、荒削りな素材なため、順調に育成出来るのか?という疑問が残る。
こういったタイプの左投手を上手く育てた実績が正直ない。
難しいようであれば、本人のためにも、球団にとっても回避した方が良い。
上位指名が確実視されているため、上位のドラフト枠は大事にしたい。

河野投手に関しては、ドラフト3位あたりの指名になるだろう。
高卒の社会人と、年齢も若く、まだまだ伸びしろが感じられる。
イメージ的には、巨人や日本ハムにいそうな左の中継ぎ投手だろう。

カープにはいないタイプのため、獲得すれば面白そうではある。
床田投手が成長しても、中継ぎ左投手不足は解決しないため可能性はある。
そこを埋めてくれる可能性はあるのかも知れない。

ただ、カープは小柄な投手は指名しないという方針がネックになるだろう。
地元の田口麗斗、山岡泰輔、堀瑞樹投手の時も回避し、長身投手の獲得を狙った。
大学時代から知っている阪神・尾仲祐哉投手の時も調査書は届いたが、同じだった。

過去の事例をみても、小柄な投手は仁部智投手くらいでほとんど獲得していない。
ちなみに仁部投手は166cmと、2000年以降のカープで1番小柄な投手だろう。

 

参考URL

ja.wikipedia.org

 

総合的に判断すると

  • 現在も左投手は育っていない
  • 2019年は床田投手の活躍が期待される
  • 高校生左投手の育成は得意としていない
  • 大学・社会人の方が結果を出しやすい
  • 及川投手と河野投手なら、河野投手が有利

以上、現段階ではこんなところだろう。
ドラフト指名の枠が無駄にならないような戦略が必要になる。
ただ、無理に強行するくらいなら、右投手の指名でも良い。

過去のドラフトでもそのような指名が何度かあったのは確か。
左投手の場合、右に比べてワンランク落として指名しがちになる。
トレードという方法もあるため、そちらも検討してみても良い。

球団の育成プラン、育成能力に合った指名が大事になる。
選手にとっても、球団にとっても良かったと思える指名を願いたい。

 

 

 

まとめ

ここまでのドラフトを振り返り、今後の動向を検討してみた。
現在の左投手たちが一気に開花してくれれば、それに越したことはない。
特に長年の課題である、左の中継ぎ投手の台頭に期待したい。

高橋昂投手には焦らず、復帰に向けたリハビリに励んで欲しい。
復帰後にモデルチェンジした高橋昂投手になっていることを期待したい。

また、10月に控えるドラフトでどんな投手を指名するか楽しみだ。
ここから甲子園も含め、一気にドラフト候補の流れも変わってくる。
吉田輝星投手のように、一気に注目を浴びる投手もいる。
2019年も良い選手とご縁があることを期待しよう。

 

以上、カープの2019年ドラフト会議に向けて左投手に注目してみた!…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

※ 写真の掲載はカープ球団に問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事の盗用を見つけた場合、サイト管理会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として見て頂けると幸いです。