カープ伝統の「足を生かした野球」を体現するのは誰?!

f:id:carp-toyo:20191217194158p:plain

 

さて今回は、カープの伝統である走塁面はどうだろう?のお話です。
特に走塁の中でも、「盗塁」に着目して話を進めてみようと思います。

 

2018年の盗塁はどうだった?

 

2018年のチーム盗塁のデータを振り返ってみる。
数字はセリーグチームのみを掲載することにする。

2016  2017 2018

広島    118  112  95
ヤクルト    82    50  68
巨人      62    56  61
DeNA      71    39  67
中日    108    77  61
阪神      54    70  77

3連覇したカープはともにリーグ最多の盗塁数を記録した。
しかし、中日とともに年々盗塁数が減少してきている。
12球団でみた場合、西武、ロッテ、日本ハム、オリックスに次ぐ5位に位置。
逆に、阪神は割合としては大きくはないが、少しずつ増加傾向にある。

 

2018年の個人の盗塁記録はどうだった?

 

2018年の個人の盗塁記録に関するデータを振り返ってみる。
規定打席以上は点線より上、以下は点線より下とする。

企図  盗塁 失敗 成功率

田中  43  32   11  .744 (15)
野間  26  17     9  .654 (19)
丸   20  10   10  .500
菊池  12  10     2  .833
==============================
安部    8    7     1  .875
上本    8    6     2  .750
西川    8    5     3  .625

※5盗塁以上の選手

これを見てわかる通る、トップ2人の成功率が正直低い。
田中選手は11、野間選手は9の盗塁死を記録している。
12球団で盗塁死の数を見ても、田中選手はワースト2位、野間選手はワースト4位
12球団の盗塁数上位20位で成功率をみてみると、田中選手は15位、野間選手は19位
残念だが、盗塁に関しては効率が良いとは言えない数字を示している。

 

驚異的な西川遥輝選手の盗塁成功率

 

では、12球団でトップ3を見てみよう。
ここでは30盗塁以上の選手のみピックアップする。
ちなみに西川選手といっても、「龍馬」ではなく「遥輝」の方である。

企図  盗塁 失敗 成功率

西川  47  44    3  .936
山田  37  33    4  .892
源田  42  34    8  .810

やはり、西川遥輝選手は異次元な数字をたたき出している。
両リーグ最多の44盗塁を記録して、失敗はわずかに3しかない。

同様に、山田選手ももう少しで.900に届く成功率を記録している。
打撃面、守備面での貢献度も含め、さすが3度のトリプルスリー達成者。

源田選手は2017・2018年と盗塁数は多いが、2人に比べると失敗が多い。
盗塁王になかなか手が届かないのは、こういう面にも表れている。

 

2014~2018年の田中選手を振り返る

 

田中選手の入団した2014年からを振り返る。

企図  盗塁 失敗 成功率

2014  13  10     3  .769
2015  13
    6     7  .462
2016  47  28   19  .596 (19)
2017  48  35   13  .729 (15)
2018  43  32   11  .744 (15)

35は盗塁王

2014~2015年は数自体が少ないので参考値程度とする。
2017年にはセリーグ盗塁王を獲得したが、成功率は高いとは言えない。
さきほどと同じく、12球団の盗塁数上位20人で見ると15位と低い。
ただ、年々成功率は上がってきている点では改善傾向にある。

 

2015~2016年の野間選手を振り返る

 

野間選手の入団した2015年からを振り返る。

企図  盗塁 失敗 成功率

2015  10    8     2  .800
2016    2    1     1  .500
2017  15     10     5  .667
2018  26  17     9  .654 (19)

2015~2016年は数自体が少ないので参考値程度とする。
2017~2018年を見ると、ともに成功率が.660程度と低い。

 

「足が速い=盗塁が上手い」ではない

 

カープを代表する足を武器にした2人の盗塁成功率が低い。
改めて見ても、「足が速いこと=盗塁が上手い」とは言えない。
盗塁がよーいドンでスタートし、ベースを駆け抜けるのなら「=」かも知れない。
ただ、スタートやスライディングなどの技術も必要なため単純なものではない。

足が速い選手に期待しがちだが、それは“1つの要素”であって決定打ではない。
事実、さほど足が速い方ではない選手が成功率が高かったりすることもある。

 

過去のカープ盗塁王で見てみる

 

近代野球として2010年以降の盗塁王に限定する。
該当する期間には2010年に梵選手、2013年に丸選手が獲得している。

企図  盗塁 失敗 成功率

梵 (2010)   57  43  14  .754 (12)
丸 (2013)   44  29  15  .659 (20)
===================================
田中 (2017)  48  35  13  .729 (15)

梵選手、丸選手ともに失敗が15前後あり、結果的に成功率が悪い。
田中選手も合わせて見てみると、2人と同様な傾向がみられる。
ここで言えるのは、必ずしも成功率が高くないと盗塁王を取れない訳ではない。
盗塁王は盗塁数の積み上げによるものなので、「率」というものは関係ない。

 

やはり群を抜いている選手はあの選手

 

カープの代走と言って思い出すのは赤松選手だろう。
阪神から移籍してきた2008年移行の数字を振り返ってみる。

企図  盗塁 失敗 成功率

2008  14  12     2  .857
2009  21  14     7  .667
2010  24  20     4  .833
2011  23  19     4  .826
2012  20  18     2  .900
2013  16  12     4  .750
2014  17  12     5  .705

2015    9
    6     3  .666
2016  14  12     2  .857

盗塁数こそ多くないが、2008、2010~2012、2016年の成功率は突出している。
特に2010~2012年にかけては、フル出場出来れば盗塁王を取れる数字を記録した。
ただ、野間選手が入団した2015年からは一軍での出場機会が減ってしまった。
とはいえ、ピーク時にはカープでもトップクラスの盗塁技術を有していたのは確か。
戦力としてもそうだが、盗塁面での若手の相談役としても一軍復帰を期待したい。

 

ここまでを整理してみると

 

  • 田中選手、野間選手ともに意外に盗塁成功率が低い
  • 過去の盗塁王たちも成功率が低かった
  • 必ずしも「盗塁王=盗塁成功率」ではない
  • 2010~2012年の赤松選手の成功率は突出していた

 

盗塁を通じた得点貢献度は?

 

田中選手と菊池選手はともに若干のプラスを記録。
野間選手と丸選手はともにマイナスを記録している。
当然、失敗が多いのでここの数字も伸びてこないのは仕方ない。

ちなみに西川遥輝選手と田中選手を比較すると、西川選手が約5倍も高い
成功率の高さに加え、盗塁数も多いため、総合して大きく差が開いた。
盗塁を失敗することが、チームにとっては損失であると言える。

 

1990年代の盗塁王も振り返る

 

1990年代のカープの盗塁王といえば野村謙二郎選手と緒方孝市選手。
ともに2010年代のカープを指揮した監督でもある。

企図  盗塁 失敗 成功率

野村 (1990)  56  33  23  .589
野村 (1991)  36  31    5  .861
野村 (1994)  51  37  14  .725

緒方 (1995)  54  47    7  .870
緒方 (1991)  60  50  10  .833
緒方 (1994)  58  49    9  .844

野村選手に関しては、成功率が安定せず、良い時と悪い時の差が激しい。
反対に、緒方選手は盗塁王を獲得してた年は安定して.830以上を記録した。
確かに、当時は私も子供だったが、走れば成功したイメージが強く残っている。
また、ヤクルトの古田捕手が緒方選手の盗塁を嫌がっていたのを覚えている。

近代野球と状況が同じではないとは言え…
レギュラーとして“カープ歴代No.1の盗塁王”は緒方孝市選手で間違いない。

 

現在のカープで盗塁を期待できる選手は?

 

現状では田中選手の技術向上につきる。
野間選手に関しては、現在センターは西川選手が守り、出場機会が計算できない。
いずれにせよ、両選手ともにこれまでよりも成功率をあげることが必要になる。

その他の選手も見ていこう。
新たなレギュラー候補は西川選手と坂倉選手だが、ともにあまり期待は出来ない。
ただ、坂倉選手は2017年に二軍で13盗塁しており、全く走れない訳でもない。
しかし、積極的に走り、20盗塁、30盗塁する選手ではないのは確かだろう。

そうなると、やはり期待がかかるのは小園海斗選手だろう。
50メートル、5秒8の俊足で、プロの実戦でも盗塁を決めている。
また、4秒を切ればプロでも速いと言われている一塁到達タイムも3秒78を記録。
基礎的な条件は整っているので、あとはプロの技術が付けば盗塁王も十分可能だ。

本人もドラフトの指名挨拶の際に「盗塁王を目指します!」と発言している。
彼に関しては走攻守の全てにおいて期待しかなく、楽しみで仕方ない。
1番で転がしてといったタイプではなく、主軸として大きく育ってほしい。

 

盗塁以外での走塁力は?

 

2018年のデータを振り返ってみる。
数字はセリーグチームのみを掲載することにする。
右の〇数字は12球団でみた時の順位を示す。

中日      11.3 ①
広島     7.0 ②
横浜     2.8 ③
阪神     1.0 ④
巨人     0.5 ⑥
ヤクルト   0.2 ⑦

以上を見てもわかる通り、中日がダントツで1位に位置している。
カープも3位以下を大きく引き離しているが、中日には劣る。

得点 失点 本塁打 打率 安打数

広島  721   651  175   .262   1287
中日  598   654    97   .265   1288

ただ、得点数を見てみると、広島が大きく引き離している。
失点に関してはほぼ変わらないのを見れば、得点力に大きな差があるのがわかる。

打率に関してもむしろ中日の方が高く、一見すると得点力が多そうに見える。
しかし、本塁打数が78本もの差があり、安打数がほぼ同じでも得点の差が出る。
他にも要因があるだろうが、走力が上回っても、やはり長打力には勝てない。

改めて、先ほどの数字を12球団で見た場合、セリーグが上位を占めている。
ほとんどのチームがパリーグよりも走力に関して優れているようである。

 

2018年の個人の走力はどうだった?

 

2018年の個人データを振り返ってみる。
簡単にプラスが平均以上、マイナスが平均以下とみる。
〇数字は規定打席到達31名中の順位を示す。

田中     4.8  ④
菊池     3.5  ⑤
野間     3.3  ⑦
西川     2.2
安部     1.8
鈴木     0.7  ⑬
丸       -1.0  ㉔
バティスタ   -2.0
松山      -4.3  ㉛

※ 250打席以上の選手

やはり、2018年の走力を担ったのは田中、菊池、野間選手である。
規定打席到達者で見ても、田中、菊池選手は上位に入る数字を残している。
野間選手に関しては、イメージに反して思ったほど上位にはいない。

前年はリーグトップの丸選手も、ケガの影響で平均以下になった。
また、松山選手も少しマイナスが大きく、この辺が少しは解消したい。
そうなれば打席数も増え、持ち味の打撃を生かせる場面も増える。

 

3つの数字でみた走力

 

ここでは三塁打、盗塁成功率、得点数で見てみる。
単純にこれらが走力を示すとも言えないが、傾向が出やすいので参考値とする。

三塁打 成功率 得点

田中  10    .744  92
野間    7    .654  64
鈴木    2    .571  86
松山    2  1.000  46
菊池    1    .833  51
丸     0    .500   109

赤字はトップ、緑字は2位を示した。
松山選手の盗塁成功率が高いが、盗塁数が2個なので除外する。

やはりここでも田中選手がどの部門でもトップ2に入っている。
2018年は打撃不振に悩んだが、それでも走力ではチーム引っ張っている。
ただ、前回でも紹介したが、盗塁成功率の低さが物足りない。
この数字が改善できて来ればより一番打者として不動の位置を確立できる。

丸選手に関しては得点は圧倒的に多いものの、三塁打が1本もない。
前年は4本打っており、ここでもケガの影響があったのかも知れない。

野間選手はここでも思ったほど数字が伸びてこない。
三塁打こそ多いが、盗塁失敗が多く、試合数の関係もあるが得点も高くない。

 

内野安打から見た場合

 

最後に内野安打も見てみよう。

打率   安打/内野ゴロ

野間    .105   27 / 256
鈴木    .046   10 / 217
菊池    .042   14 / 333
田中    .039   13 / 337
松山    .033     7 / 211
丸     .033     8 / 244

内野安打率を見てみると、野間選手が圧倒的に高い
他の選手が.033~0.46の間にいるのに対して、1人だけ.100台にいる。
チーム規定打席到達者の倍以上も内野安打を打つ確率が高いことになる。
盗塁などの技術的要素の高いものに比べ、ここでは単純な足の速さは有利である。
また、左打者であることと、打席数に対して内野ゴロが多いことも影響している。

 

セリーグ全体では?

 

次に2018年のセリーグで、内野安打を20本以上打った選手を見てみる。
20本以上打ったのは、野間、雄平、坂口、大島、糸原選手の5人。

内安  打数  内安/打数 内安/内ゴ

大島     28  645   .043    .077
野間   
  27  447   .060    .105
糸原     26  637   .040    .083
雄平     24  482   .049    .084
坂口     24  595   .040    .084

ちなみに全て左打者であるが、ここでも野間選手が突出している。
全打数に対する内野安打率、全内野ゴロに対する内野安打率、ともにリーグトップ。
400打席以上の選手では圧倒的に内野安打を打つ確率の高い選手と言えそうだ。

 

内野安打における注意点

 

ただし、注意しなければいけない面もある。
そもそも内野安打がヒット性の当たりなのか、打ち損じなのかという点である。
要するに、打ち損じが多く、足が速ければ内野安打の機会も多くなる。
特にボテボテのゴロや、高く跳ねるゴロなどでは安打になりやすい。
内野安打には俊足が必要であるのは確かだが、その辺りも分析も必要だろう。

打ち損じの内野安打が多い場合、打者としての能力は低く、良い傾向とは言えない。
スピードのあるうちしか安打数を稼げず、年齢とともに消えていく選手もいるだろう。
そう考えると、大島、坂口、雄平選手は30歳を超えるが一定の走力は維持している。

 

ここまでを整理してみると

 

  • 田中選手、菊池選手、野間選手がチームを引っ張る
  • 田中選手、野間選手に三塁打が多い
  • 野間選手はチーム屈指の内野安打率
  • 野間選手はリーグトップの内野安打率

 

今回のまとめ

 

今回は走塁の中で、特に総合的な走力についてまとめてみた。
田中選手がやはりチームの走力を牽引しているのは間違いない。
期待が大きいぶん、少し物足りなさは感じるが、冷静に見ればよくやっている。
しかし、チームとして主力のケガが目立ち少しずつ走力も低下しつつある。
再び、走る野球のカープを取り戻すべく、新たな選手にも期待したい。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

鈴木尚広の走塁バイブル

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

※ 当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
※ 盗用を発見した場合、サーバー会社・ドメイン会社・google等に連絡し法的に対応致します。
※ 当ブログの写真は広島東洋カープに電話で直接問い合わせ、許可の範囲で掲載しています。

Copyright© かーぷらぼ 2019 All Rights Reserved.

この記事を書いた人

3番センター

3番センター

医療系の国家資格を取得。病院とクリニック勤務を経て、主に野球のトレーナーやセミナー講師として活動。動作分析・データ分析・栄養学なども実施。得意な分野は野球や肩関節。 ▶2014年からカープ戦全試合観戦を継続中!ブログ更新は不定期デス ▶2013年に表紙モデルを経験。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.