現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に野球について気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の話題も時々投稿しています。

カープ伝統の「足を生かした野球」を体現するのは誰?!

今日の試合は残念ながら雨で中止のようですね、残念。
さて今回は、カープの伝統である走塁面はどうだろう?のお話です。
特に走塁の中でも、「盗塁」に着目して話を進めてみようと思います。

f:id:carp-toyo:20190310174132j:plain

 

 

2018年の盗塁はどうだった?

2018年のチーム盗塁のデータを振り返ってみる。
数字はセリーグチームのみを掲載することにする。

 

       2016  2017 2018

広島    118  112  95
ヤクルト    82    50  68
巨人      62    56  61
DeNA      71    39  67
中日    108    77  61
阪神      54    70  77

 

3連覇したカープはともにリーグ最多の盗塁数を記録した。
しかし、中日とともに年々盗塁数が減少してきている。
12球団でみた場合、西武、ロッテ、日本ハム、オリックスに次ぐ5位に位置。
逆に、阪神は割合としては大きくはないが、少しずつ増加傾向にある。

 

2018年の個人の盗塁記録はどうだった?

2018年の個人の盗塁記録に関するデータを振り返ってみる。
規定打席以上は点線より上、以下は点線より下とする。

 

    企図  盗塁 失敗 成功率

田中  43  32   11  .744 (15)
野間  26  17     9  .654 (19)
丸   20  10   10  .500
菊池  12  10     2  .833
==============================
安部    8    7     1  .875
上本    8    6     2  .750
西川    8    5     3  .625       

※5盗塁以上の選手

 

これを見てわかる通る、トップ2人の成功率が正直低い。
田中選手は11、野間選手は9の盗塁死を記録している。
12球団で盗塁死の数を見ても、田中選手はワースト2位、野間選手はワースト4位
12球団の盗塁数上位20位で成功率をみてみると、田中選手は15位、野間選手は19位
残念だが、盗塁に関しては効率が良いとは言えない数字を示している。

 

 

驚異的な西川選手

では、12球団でトップ3を見てみよう。
ここでは30盗塁以上の選手のみピックアップする。
ちなみに西川選手といっても、「龍馬」ではなく「遥輝」の方である。

 

    企図  盗塁 失敗 成功率

西川  47  44    3  .936
山田  37  33    4  .892
源田  42  34    8  .810

 

やはり、西川遥輝選手は異次元な数字をたたき出している。
両リーグ最多の44盗塁を記録して、失敗はわずかに3しかない。

同様に、山田選手ももう少しで.900に届く成功率を記録している。
打撃面、守備面での貢献度も含め、さすが3度のトリプルスリー達成者。

源田選手は2017・2018年と盗塁数は多いが、2人に比べると失敗が多い。
盗塁王になかなか手が届かないのは、こういう面にも表れている。

 

2014~2018年の田中選手を振り返る

田中選手の入団した2014年からを振り返る。

 

     企図  盗塁 失敗 成功率

2014  13  10     3  .769
2015  13
    6     7  .462
2016  47  28   19  .596 (19)
2017  48  35   13  .729 (15) 
2018  43  32   11  .744 (15)

35は盗塁王

 

2014~2015年は数自体が少ないので参考値程度とする。
2017年にはセリーグ盗塁王を獲得したが、成功率は高いとは言えない。
さきほどと同じく、12球団の盗塁数上位20人で見ると15位と低い。
ただ、年々成功率は上がってきている点では改善傾向にある。

 

 

2015~2016年の野間選手を振り返る

野間選手の入団した2015年からを振り返る。

 

     企図  盗塁 失敗 成功率

2015  10    8     2  .800
2016    2    1     1  .500
2017  15     10     5  .667
2018  26  17     9  .654 (19)

 

2015~2016年は数自体が少ないので参考値程度とする。
2017~2018年を見ると、ともに成功率が.660程度と低い。

 

「足が速い=盗塁が上手い」ではない

カープを代表する足を武器にした2人の盗塁成功率が低い。
改めて見ても、「足が速いこと=盗塁が上手い」とは言えない。
盗塁がよーいドンでスタートし、ベースを駆け抜けるのなら「=」かも知れない。
ただ、スタートやスライディングなどの技術も必要なため単純なものではない。

足が速い選手に期待しがちだが、それは“1つの要素”であって決定打ではない。
事実、さほど足が速い方ではない選手が成功率が高かったりすることもある。 

 

過去のカープ盗塁王で見てみる

近代野球として2010年以降の盗塁王に限定する。
該当する期間には2010年に梵選手、2013年に丸選手が獲得している。

 

       企図  盗塁 失敗 成功率

梵 (2010)   57  43  14  .754 (12)
丸 (2013)   44  29  15  .659 (20)
===================================
田中 (2017)  48  35  13  .729 (15)


梵選手、丸選手ともに失敗が15前後あり、結果的に成功率が悪い。
田中選手も合わせて見てみると、2人と同様な傾向がみられる。
ここで言えるのは、必ずしも成功率が高くないと盗塁王を取れない訳ではない。
盗塁王は盗塁数の積み上げによるものなので、「率」というものは関係ない。

 

やはり群を抜いている選手はあの選手

カープの代走と言って思い出すのは赤松選手だろう。
阪神から移籍してきた2008年移行の数字を振り返ってみる。

 

     企図  盗塁 失敗 成功率

2008  14  12     2  .857
2009  21  14     7  .667
2010  24  20     4  .833
2011  23  19     4  .826
2012  20  18     2  .900
2013  16  12     4  .750
2014  17  12     5  .705

2015    9
    6     3  .666
2016  14  12     2  .857

盗塁数こそ多くないが、2008、2010~2012、2016年の成功率は突出している。
特に2010~2012年にかけては、フル出場出来れば盗塁王を取れる数字を記録した。
ただ、野間選手が入団した2015年からは一軍での出場機会が減ってしまった。
とはいえ、ピーク時にはカープでもトップクラスの盗塁技術を有していたのは確か。
戦力としてもそうだが、盗塁面での若手の相談役としても一軍復帰を期待したい。

ここまでを整理してみると 

  • 田中選手、野間選手ともに意外に盗塁成功率が低い
  • 過去の盗塁王たちも成功率が低かった
  • 必ずしも「盗塁王=盗塁成功率」ではない
  • 2010~2012年の赤松選手の成功率は突出していた

 

 

盗塁を通じた得点貢献度は?

田中選手と菊池選手はともに若干のプラスを記録。
野間選手と丸選手はともにマイナスを記録している。
当然、失敗が多いのでここの数字も伸びてこないのは仕方ない。

ちなみに西川遥輝選手と田中選手を比較すると、西川選手が約5倍も高い
成功率の高さに加え、盗塁数も多いため、総合して大きく差が開いた。
盗塁を失敗することが、チームにとっては損失であると言える。

 

1990年代の盗塁王も振り返る

1990年代のカープの盗塁王といえば野村謙二郎選手と緒方孝市選手。
ともに2010年代のカープを指揮した監督でもある。

 

       企図  盗塁 失敗 成功率

野村 (1990)  56  33  23  .589
野村 (1991)  36  31    5  .861
野村 (1994)  51  37  14  .725

緒方 (1995)  54  47    7  .870
緒方 (1991)  60  50  10  .833
緒方 (1994)  58  49    9  .844


野村選手に関しては、成功率が安定せず、良い時と悪い時の差が激しい。
反対に、緒方選手は盗塁王を獲得してた年は安定して.830以上を記録した。
確かに、当時は私も子供だったが、走れば成功したイメージが強く残っている。
また、ヤクルトの古田捕手が緒方選手の盗塁を嫌がっていたのを覚えている。

近代野球と状況が同じではないとは言え...
レギュラーとして“カープ歴代No.1の盗塁王”は緒方孝市選手で間違いない。

 

現在のカープで盗塁を期待できる選手は?

現状では田中選手の技術向上につきる。
野間選手に関しては、現在センターは西川選手が守り、出場機会が計算できない。
いずれにせよ、両選手ともにこれまでよりも成功率をあげることが必要になる。

その他の選手も見ていこう。
新たなレギュラー候補は西川選手と坂倉選手だが、ともにあまり期待は出来ない。
ただ、坂倉選手は2017年に二軍で13盗塁しており、全く走れない訳でもない。
しかし、積極的に走り、20盗塁、30盗塁する選手ではないのは確かだろう。

 

期待はやはりルーキーのあの選手

そうなると、やはり期待がかかるのは小園海斗選手だろう。
50メートル、5秒8の俊足で、プロの実戦でも盗塁を決めている。
また、4秒を切ればプロでも速いと言われている一塁到達タイムも3秒78を記録。
基礎的な条件は整っているので、あとはプロの技術が付けば盗塁王も十分可能だ。

本人もドラフトの指名挨拶の際に「盗塁王を目指します!」と発言している。
彼に関しては走攻守の全てにおいて期待しかなく、楽しみで仕方ない。
1番で転がしてといったタイプではなく、主軸として大きく育ってほしい。

 

まとめ

今回は走塁の中で、特に盗塁についてまとめてみた。
現在、チームとして盗塁成功率が低いことが課題になっている。
緒方監督が「もう1度走ることに拘りたい」と言ったこともうなづける。
自身のように「走れば成功」といった選手を期待してのことだろう。
近い将来、相手チームの脅威となる選手が出てくることを期待しよう。

 

以上、カープ伝統の「足を生かした野球」を体現するのは誰?!…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

※ 写真の掲載はカープ球団に問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事の盗用を見つけた場合、サイト管理会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として見て頂けると幸いです。