現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に野球について気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の話題も時々投稿しています。

続いて『カープのファーストは誰?』問題を掘り下げてみた!

カープも今日で日南キャンプが終わり、沖縄キャンプへ。
シート打撃や紅白戦など実戦形式の練習も始まりました。
さて、そんな中で課題となるキーポイントに触れてみます。

f:id:carp-toyo:20190219140629j:plain

 

 

ファーストの守備力が不安

先日の投稿でも触れましたが、誰がファーストに入るのか?
シート打撃や紅白戦では以下の選手が守っています。
松山選手、メヒア選手、サンタナ選手、バティスタ選手。
残念ながら、どの選手も簡単なミスが目立ち不安な状況に変わりない。

改めて考えると、ファーストが本職の選手が現在いないチーム状況
バティスタも松山も本職は外野手、メヒア選手はサード。
一般的には外国人がファーストが本職の野手が在籍するが、カープには不在。
練習生としてサンタナもいるが、まだ支配下登録されていない。
二軍を見ても、ファーストが専門の選手はおらず、外野手が併用して守る。

 

現メンバーでファーストが一番上手いのは

ファーストを守れる選手で一番うまいのはおそらく岩本選手だろう。
もともと外野手ではあるが、彼のファーストの守備能力は意外に高い。
もちろん派手なプレイを見せる訳ではないが、確実に捕球できる選手。
残念ながら、近年はあまり一軍にはいないため、その姿も見られない。

課題の打撃が改善できれば、現メンバでは岩本選手が適任だろうと思う。
余談になるが、堂林選手同様、岩本選手も長距離砲ではなく中距離砲の部類。
ここでは割愛するが、打球特性、スイング特性などを見てもほぼ間違いない。

 

複数ポジション併用が逆に決めにくい

近年のカープは、捕手を除き大半の選手が複数ポジションを守るようになった。
単独ポジションは、一軍では鈴木、丸、野間、菊池、田中選手くらい。
ただ、外野手は外野の中で移動があるので厳密には複数ポジションとも言える。
レギュラークラス以外は複数ポジションを守るのが今のチーム方針。

その方針にはもちろんメリットが多い。
ケガ人が出た時、不振になった時などはすぐにカーバーができる。
選手にとっても出場機会のチャンスは増え、試合にも出る機会も増える。
2018年の丸選手のケガの際にも、野間選手がセンターに入りカバーした。
数年前で言えば、木村昇吾選手が「縦横無尽」にカバーしまくっていた。

反面、ポジションが固定できないためレギュラー化しにくい面もある。
いわゆる便利屋的な立場になり、ポジションが転々とする。
今でいえば、西川選手や安部選手などがその位置にあるだろう。
空いたところを転々としていれば、レギュラーと認識されるのは厳しい。

複数ポジションを多く守れる選手が多いとチーム力は上がる。
それに関しては間違いないだろうと思う。
反面、中途半端な成績で終わる選手を多く生んでしまう面も危惧される。
どちらが正解でもないが、ポジションの決めにくさはそこにもある。

個人的には松山選手は「ファースト専念」で練習させても良いと思う。
経験値の多い長野選手が入団したことで、外野手は飽和状態に。
外野守備が格段と上手くなったように、ファースト専念でそうなる可能性もある。
もともと外野手が内野に適応するのは難しいが経験が自信にも変わるだろう。
もし1年通して出続ければ、打点王に絡んでいくぐらいの能力を持っている。

 

気になる若手に目を向けてみると

若手選手に目を向けると、西川選手と坂倉選手の動向も気になる。
特に坂倉選手の打撃をどう生かしてくのかが気になる部分。
現在は捕手に加えて、主にレフトで外野手に挑戦している。

しかし、先ほども述べたように外野手は飽和状態。
そこにまた坂倉選手をプラスしていくのが良いのかを少し考える。
現状、會澤選手、石原選手がおり、捕手としての出番は少ない。
そうなると、主には代打や外野手としての出場になる。

とはいえ、外野でも多くの出場機会を得るのは厳しい。
シーズン前半は長野、松山、バティスタ選手の誰かが守るのは間違いない。
仮にその誰かが不振になっても、上記の誰かが変わりにレフトに入る。
そうなった場合、今年も坂倉選手の出番は限られた状況となる。
結果、出番のないまま何年も送ることになれば非常にもったいない。

そこでファーストに挑戦するというのも1つの手段ではある。
実際に内野を守った姿を見たことないので、適正かの判断は出来ない。
しかし、出場機会という面で考えた場合、ありなのかなと思う。
持ち前の打撃力が開花出来れば、ファーストに固定することも出来る。
個人的には、外野手よりはファーストに挑戦するのも面白いと思う。

 

改めて、松山選手vsバティスタ選手で考える

守備機会の違いがあるので簡単に比較はできない。
それを無視して、守備率だけを見れば.990と.991でほぼ同じ。
2018年だけで見れば新井選手やエルドレッド選手よりも僅差で上になる。

ただ、前回も述べたように守備率は単なるエラー数による換算。
現実には数字に出ない連係、捕球、送球ミスなどを踏まえる必要がある。
2018年までのバティスタ選手の場合、そこが特に目立つ状況ではある。

現段階では、どちらも不安な守備であるのは間違いない。
両者とも打撃が持ち味の選手であっても、タイプは全く異なる。
診断材料としては、チームがどちらの打撃を求めるのかが選択肢となる。

 

チームとしての2018年のファースト守備力は

主に守ったのは松山選手、バティスタ選手。
チーム単位のファースト守備力は、プロ野球平均を大きく下回る
セリーグの守備力で見れば、巨人よりは上回ったものの、リーグ5位。
特にエラーに関してはリーグワーストを記録してしまった。
トップのDeNAから見ると、その差は大きく開いている。
12球団で見ても11位という残念な結果になってしまった。

もともとカープでは守備力が高いポジションではなかった。
ただ、2017年までは新井選手が主に守ることで平均程度を保っていた。
2018年からは新井選手が代打に回ることが多くなり、守備力が下降した。
そう考えると新井選手の役割は大きかったと改めて思う。

 

 

他のポジションにも影響

ファーストの守備能力は他のポジションにも影響する。
現在のカープのサードには送球が課題とする選手が多い。
2018年で言えば西川選手がまさにそうだった。
もともとそこまで送球が悪いイメージがなかった選手。
ただ、シーズン終盤ではサードを守る機会はなくなってしまった。

サードの送球自体にも問題があるのは間違いない。
ただ、ある程度の守備力があれば捕球できた程度のものもあった。
どこかでカバー出来ていれば西川選手の負担も軽くなったかも知れない。
野球にミスはつきものだが、助け合いもチームとしては必要となる。
他のポジションを育てる意味でもファーストは重要なポジションとなる。

 

まとめ

2018年までの成績をもとに振り返ってみた。
いつも通り、あくまでも過去の成績を元にしたものに過ぎない。
今年、守備力が向上するかも知れないし、新たな選手が守るかも知れない。
いつもながらいずれの選手が出ても応援することに変わりはない。
シーズン終了後、誰かが固定されていることを期待したい。

 

以上、さらにカープのファースト問題を掘り下げて考えてみた!…でした。

どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載はカープ球団に問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事の盗用を見つけた場合、サイト管理会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として見て頂けると幸いです。

 

関連リンク:

www.carp-damashii.work