現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

今年のカープのキーポイントはファースト松山竜平選手!?

カープのキャンプも第2クールに突入。
ひとりの選手が様々なポジションに入って守備練習しています。
今回は今シーズンのファーストについてクローズアップしてお届けします。

f:id:carp-toyo:20190212123531j:plain

 

 

外野手の競争が激化

現状、ライトの鈴木誠也選手はケガさえなければ確定。
次いで、野間選手のセンターも確定ではないですが有力視されている。
そうなると、残るポジションはレフトのみということになる。
そこに、長野選手、松山選手、バティスタ選手、西川選手、下水流選手、あたり。
堂林選手に関しては、すでにサードに専念しているので今回は外させて頂く。
順当にいけば、移籍1年目の長野選手が最有力と予想されるのが現状。
そうなると、ひとつキーポイントになるポジションが存在する。

 

競争激化は実はファースト!?

上記メンバーを見ると、長野選手を除き、他のポジションも守っている。
松山選手、バティスタ選手、下水流選手、西川選手はファーストも併用。
さらに西川選手は、今キャンプはショートにも入って練習している。
見てわかる通り、多くのレフト候補たちがファーストも守れる状況。

新井選手、エルドレッド選手が引退した今シーズン。
レフトの競争ばかりが報道されているが、実はファーストがキーポイントに。
今シーズンはおそらく上記の4名がファーストに入ることになる。
ファーストの最有力としては、おそらく松山選手、バティスタ選手だろう。
次点で西川選手が打力を生かしてファーストに入るケースも考えられる。
下水流選手に関しては、スポット的に入ってもシーズン通しては考えにくい。

 

ここまでのまとめ

おおまかにレフトとファーストを振り返ってみた。
レフトばかりが注目されるが、実際はファーストに誰が入るかがポイントに。
ここ2年くらいはファーストは固定されず様々な選手が守ってきた。
もちろん対戦成績や投手での使い分けも必要だが、そろそろ固定したい。
それが出来ればレフトの選択もしやすくなり、打線も安定する。
そうなると打順も組みやすくなり、コロコロと役割を変えなくても良くなる。

 

 

松山選手vsバティスタ選手で考える(打撃)

◎ 松山選手(2018) 446打席 .302 12本 74打点 2盗塁
◎ バティスタ選手(2018) 302打席 .242 25本 52打点 0盗塁

両者共に打撃優先の選手。
ただ、2人の打撃スタイルは比較すると大きく異なる。
当然、チームがどのスタイルを求めるかによっても変わってくる。

個々の特徴で考えてみたい。
少し複雑になるため、ここでは詳細な数字の記載は省略する。
長打を打つ確率は、バティスタ選手が丸に次いでチーム2位。
ここまでだとバティスタ選手の方が優位に見える。

しかし、出塁率に関しては圧倒的に松山選手が優位を示す。
400打席近く立った選手の中では得点圏打率はチームトップ。
また、打撃での貢献率で見ると松山選手はチーム3位。
打者の能力データではバティスタ選手が若干優位だが大差ない。

共に積極手に打っていくタイプなのは間違いない。
両者ともボール球を見分ける能力は五分五分といったところ。
しかし、バティスタ選手は圧倒的に空振りが多い。
反面、バールにバットを当てる能力は圧倒的に松山選手が高い。

打撃面で考えると...
多く出塁できて、長打も打てて勝利貢献度の高い松山選手。
三振は多いが、その分、一発長打が魅力のバティスタ選手。

 

松山選手vsバティスタ選手で考える(守備編)

また、守備の面でも考えてみる。
一般的なデータでは両者ほぼ五分五分といったところ。
単純なエラー率から考えれば、両者とも新井選手よりも上。
しかし、実際は数字には見えないミスも多く存在している。

日本シリーズを見ての通り、バティスタ選手には難がある。
近年の野球ではファーストの守備能力を重視する傾向にある。
昔は主軸を打てるけど守備がうまくない選手が入る印象だった。

しかし、試合中に多くのアウトを成立させるのもファースト。
そう考えると、ファーストの守備能力はおろそかにはできない。
ワンバウンド送球の捕球、連係プレーなど高い能力を要する。
不安のある選手では、特に大事な試合では怖くて使えない。
夏場以降に西川選手がサードを守らなかったのもそうだろう。

 

現メンバーなら松山選手

ここまで特徴をまとめてきた。
それぞれ違えど、打者としての魅力があるのはわかった。
選手の選択には打順や他の打者との役割関係も存在する。
いかに高い能力があっても、個性がかぶる場合は出場が制限される。
そういった意味で両者の特徴が異なる点は良い点かと思う。

丸選手が抜けた3番をどうしていくかでここは考えたい。
単純に39本塁打を埋めるにバティスタ選手であるのは間違いない。
とはいえ、低打率かつ出塁率の低さが目立ち、主軸としては厳しい。
反面、本塁打こそ少ないが、松山選手であればその条件に合致してくる。
出塁してチャンスも作れて、三振も少なく得点圏でランナーを返せる。

主軸を打つ選手として考えるなら個人的には松山選手を押したい。
反面、下位打線での一発長打を考えればバティスタ選手だろう。
ただし、どちらを取っても特徴があり、優劣という話ではない。
この辺は打順をどこに置くかによって考え方も変わってくる。

 

 

独断と偏見で3番を選んでみた

今シーズンの予想として、メディアでは3番長野選手があがっている。
長野選手ももちろん良いが、クリーンナップとしては気になる点がある。
長所を生かした起用を考えるとクリーンナップ以外の方が生きてくる。

そこを踏まえて考えると、個人的には少し変則の打順を期待したい。
3番に鈴木選手、4番に松山選手の打順が面白い。
初回から鈴木選手が回ってくるのは相手にとっても脅威となる。
出塁能力も高く、一発長打もあり、初回得点も期待出来る。
また、相手投手が鈴木選手との勝負を避けてくることも考えられる。
そこで、ランナーがたまったところに松山選手が打点を挙げていく。
そんな状況が作れると個人的には面白いと思う。

日本野球の場合、4番に対する思いが特に強い。
しかし、そこに拘って前後が“はまらない”よりはあえて動かしても良い。
実際、侍ジャパンの4番を打つ筒香選手もDeNAで3番を打っている。
誰かを4番にと拘るより、どうしたら点が入りやすいかも大事になる。
そういった意味で3番鈴木選手、4番松山選手が面白い。
一番の懸念は3番が固定できなかったシーズンになることが最も良くない。

 

まとめ

あくまでも個人的な考えであることを前提に提案してみた。
もちろん例年通りの打撃パターンであればという前提ではある。
案外、西川選手がシーズンで一番守っていたということもあり得る。
どんな選手が出ても応援し、日本一に向けて応援するのも変わりない。

こうして色々と考えてみるのも「開幕前の醍醐味」でもある。
皆さんもあーでもないこーでもないと考えるときっと面白いと思う。
もちろん4番は鈴木選手を打つべきだという考え方もあり。
自分が押してる選手をどう使おうかな?と監督になった気分で是非。

 

以上、今年のカープのキーポイントはファースト松山選手!?…でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載はカープ球団に問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事の盗用を見つけた場合、サイト管理会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として見て頂けると幸いです。