かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

開幕前でかなり気が早いけど2019年のカープドラフト戦略!

この記事をシェアする

2019年シーズンのキャンプインももうすぐ。
早くも2019年に行われるドラフトの話題です。

f:id:carp-toyo:20191018171735j:plain

 

 

 

今年は投手の年に!

 

昨年はドラフト1位に小園、根尾、藤原と高校生野手が指名された年。
一転して今年は投手を中心としたドラフトの年になりそうだ。

まずは高校生。

奥川恭伸 (星稜) 右投げ
西純矢 (創志学園) 右投げ
及川雅貴 (横浜) 左投げ
佐々木朗希 (大船渡) 右投げ

共に150km/hを超えるストレートを投げる速球派。
最近の高校生上位指名は150km/hが一つの基準になりつつある。

続いて、大学・社会人。

森下暢仁 (明大) 右投げ
河野竜生 (JFE西日本) 左投げ

現時点でこの辺りがカープスカウトの上位指名候補とのこと。
もちろん新たな候補や評価が変わるなど起こることもあります。
とはいえ、早くから関係性を保つカープでは大筋でいずれかの選手だろう。
過去を見ても直前で選手を変更するケースはほとんどなかったと思う。
早い段階で目を付け、選手との信頼関係を築くのがカープのドラフト戦略。
大瀬良投手の時も黒田投手の時もそうだった。

 

苑田統括部長のコメントは?

 

昨年は7人中5人、野手を指名した。
それも今年を見越してのこと

以上、苑田統括部長。

オフには菊池のポスティングの可能性もあるが、その穴は小園、西川らが。
ひとまず2019年のドラフトは投手が上位指名になりそうだ。
カープのドラフトの傾向として、長身・速球派投手の指名は間違いない。
個人的には将来性のある力のある高校生を指名すると予想する。


左腕不足の補強をするのか、それとも右左関係なく指名するのか。
いずれにせよ、個々の選手の活躍次第で運命も変わる。
昨年の大学生のように評価が高かった選手が評価を落とすケースもある。
どの選手も故障なく、ベストを尽くしてドラフトを迎えて欲しいと。

 

明治大学・森下暢仁投手を1位指名と宣言【追記 10/15】

 

10月16日のスカウト会議で明治大学の森下暢仁投手の1位指名が決まった。
競合が予想される投手なだけに抽選になる確率もかなり高いと思われる。
2017年、2019年と抽選で中村奨成選手と小園海斗選手を引き当てている。
近年においては、「くじ運」は良い方だが2019年の結果を待ちたい。
もし交渉権を引けない場合、どういった選手を指名するかも注目となる。

www.daily.co.jp

 

以上、気が早いけど2019年のカープドラフト戦略!...でした。
どこかで誰かのお役に立ててれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。 

※ 写真の掲載はカープ球団に問い合わせ、許可の範囲内で掲載しています。
※ 記事の盗用を見つけた場合、サイト管理会社・googleなどに連絡致します。

※ ひとりのカープファンの個人的な意見として見て頂けると幸いです。