現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った野球に関わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。阪神タイガースの尾仲祐哉投手も時々。

長野選手?松山選手?2019年のカープの3番打者は誰が打つ?!

さて、長野選手が巨人から加入することが決定しました。
となると、どこを守って、何番を打つかに注目が集まります。

f:id:carp-toyo:20190219140629j:plain

 

 

万能タイプの巨人時代

巨人時代の長野選手は様々な打順を打つ機会が多く、特に固定されませんでした。
上位打線に入ったり、下位打線に入ったりと様々な打順で活躍しました。
それだけ万能型の選手であるということなのかと思います。

 

カープではどうなる?

では、カープでは何番を打つことになるのでしょうか?
丸の抜けた3番には、松山竜平、田中広輔あたりが候補にあがっている様子。
私の個人的な見解では、打率が残せて、長打の打てる松山がベターかなと。
田中が3番だと、仮に野間が1番を打つ場合、上位打線が少し弱い気がします。

そこで、長野選手の加入により3番候補が1人加わりました
過去の成績を見ても、コンスタントに.270、15本くらいの成績を残しています。
丸と比較すれば見劣りしまいますが、同じ数字を求めるのは現メンバーでは酷。
長野選手の場合、チーム打撃を含めたトータルで考えると可能性はあります。

 

 

長野選手の課題は?

ひとつ懸念材料としては、春先の不調が多いこと
ここ数年間はそれが特に目立っていたような気がします。
また、3番と考えると、昨年の得点圏打率.248は物足りない数字
出塁率は.359とまずまずなので、2番あたりが適任かも知れません。
器用に右打ちやランナーを進める打撃も出来る選手。
ただ、そうなると菊池と田中の配置変えも必要になります。

移籍1年目のスタートが良くないとやはり印象が良くないのは事実。
仮に、トータルでシーズン成績を残したとしても強く印象づけてまう。
移籍したどの選手も同じですが、開幕から良いスタートを切れればベスト。

移籍して慣れない環境ではありますが、家族的な良いチームです。
幸い、菊池もまだチームに残っているので仲介役を果たしてくれるでしょう。
良い開幕ダッシュが切れることを願い、長野選手には期待したい!

 

以上、2019年のカープの3番は誰が打つ?!...でした。
最後までお読み頂きありがとうございました。

関連リンク: