【 Fire TVですべて解決! 】プロ野球のネット配信をテレビでみるための方法”デバイス3選”

簡単な自己紹介

JUNJUN
医療系国家資格取得16年目

◎ 野球を中心に活動
◎ 現在は「法律」を勉強中
◎ スカパー!契約歴12年目突入

詳しいプロフィール

 

近年ではプロ野球中継の動画配信サービスがどんどん増えています。
今回はそれら動画を簡単にテレビでみることのできるデバイスについて話を進めていきます。

 

[ スポンサーリンク ]

 

☑ スカパー!なら12球団公式戦全試合中継
カープ公式戦チケットを先行販売で購入

 

「テレビ視聴対応デバイス」とは

 

ここ数年でネット配信をテレビで視聴できるデバイスも増えています。
それらデバイスの特徴と自身のおすすめデバイスを紹介したいと思います。

① テレビ視聴対応デバイスでアプリが使える

 

テレビ対応デバイスを使うことで普通のテレビでアプリが使えるようになります。
そうなることでスマホやパソコンなどの小さな画面でなく大画面での視聴が可能です。

動画配信サービスはYouTubeABEMADAZNなど人気コンテンツが多く揃っています
わざわざスマホやパソコンを立ち上げる必要もなくなり、専用のリモコンで操作できます。

 

 

② テレビ視聴対応デバイスの紹介

 

テレビ視聴用の対応デバイスには主に以下の3つがあります。
それぞれで使用できるアプリや料金が異なるので説明していきます。

Fire TV

 

Fire TVはAmazonが販売しているデバイスです。
スカパー!オンデマンドに唯一対応しているデバイスがFire TVになります。

[ 対応チャンネル ] 

 

そのため、スカパー!契約者であればFire TV一択です。
他のデバイスに比べて価格も安く、対応チャンネルも網羅しています。

4K対応の機種もありますが、スカパー!野球中継では4Kの配信はありません。
スカパー!オンデマンドが目的であれば一番上のノーマルタイプで十分です。

 

Google Chromecast

 

Google ChromecastはGoogleが販売しているデバイスです。
価格としてはFire TVとほぼ同じ5000円前後となっています。

ただ、上記の通り、スカパー!オンデマンドのアプリがありません
同時にGoogle Homeアプリでセットアップするため設定も少し面倒です。

[ 対応チャンネル ] 

 

 

Apple TV

 

Apple TVはAppleが販売しているデバイスです。
機能が多いのはメリットですが、価格が高いのはデメリットです。

[ 対応チャンネル ] 

 

 

③ テレビ視聴対応デバイスの比較

 

対応デバイスの比較ですが、やはりおすすめはFire TVです。
他に比べて低価格であることと、唯一スカパー!アプリをインストールできます。

また、他の2つで配信されるチャンネルも網羅しています。
他の機能を使う目的がない限りはFire TVを選んで間違いないと思います。

[ テレビ対応デバイスの比較 ]

価格 対応チャンネル 設定
Fire TV 4980円 スカパー!オンデマンド
DAZN
J SPORTSオンデマンド
楽天TVパ・リーグspecial
Hulu

Paravi
① テレビのHDMI端子に接続
② 電源ケーブルを接続
③ 画面の通りに初期設定
④ アプリをインストール
Google Chromecast 5073円 DAZN
J SPORTSオンデマンド

楽天TVパ・リーグspecial
Hulu

Paravi
① テレビのHDMI端子に接続
② 電源ケーブルを接続
③ 画面の通りに初期設定
④ アプリをインストール
Apple TV 16668円 DAZN
J SPORTSオンデマンド

楽天TVパ・リーグspecial
Hulu

Paravi
① テレビのHDMI端子に接続
② 電源ケーブルを接続
③ 画面の通りに初期設定
④ アプリをインストール

 

Fire TVを使うなら便利なアイテム

 

Feir TVを使うなら以下のアイテムもおすすめです。
これらを使うことによってFire TVがより快適に利用できます。

① 「Mission cables」で配線がスッキリ

 

ちなみにFire TVなら「Mission cables」を使うと電源ケーブルが不要になります。
テレビから電源を供給することで、配線の「ごちゃごちゃ」をスッキリできます。

ただし、対応していないテレビもあるようなのでご確認ください。
また、USB端子のないテレビでは使用できないのでご注意ください。

 

「イーサネットアダプタ」で通信環境が安定

 

Fire TVの通信状態が安定しない場合は「Amazonイーサネットアダプタ」が有効です。
Fire TV単体では無線接続ですが、イーサネットアダプタで有線接続が可能となります。

LIVE配信の場合は通信状態が安定せず、停止することが多々あります。
そういった場合は有線接続にすることで安定した通信環境を構築することができます。

 

LANケーブルはお持ちのもので構いませんが、無ければ適当な長さを購入しましょう。
別の色やメーカーで探したい方は「他の製品をAmazonで探す」から見つけてください。

 

③ スタンド型なら「エレコム DH-FTHDL01BK

 

他の接続によってFire TVをテレビに直接接続できない場合があります。
そういった場合はスタンド型のアダプターを使うことで問題が解決します。

LANポートもあるので、有線接続も可能となっています。
理由があって離れた位置に設置したい方はこちらの商品がおすすめです。

 

虎テレなど対応アプリがない時は「Silkブラウザ」

 

以下のようにテレビ視聴用アプリがない配信もあります。

[ テレビ視聴アプリがないプロ野球ネット配信 ]

テレビ視聴用アプリ 視聴可能な方法
パ・リーグTV ブラウザ、アプリ(iPhone、android)
フジテレビONEsmart ブラウザ、アプリ(iPhone、android)
虎テレ ブラウザ、アプリ(iPhone、android)
AT EAGLES ブラウザ、アプリ(iPhone、android)
イレブンスポーツ ブラウザ
ベースボールLIVE ブラウザ、アプリ(iPhone、android)

 

そういった場合も以下の方法を使うことですべて解決します。
ひとつはFire TVを使う方法、もうひとつはHDMIケーブルを使う方法です。

① Fire TVの「Silkブラウザ 」を利用

 

Fire TVでは「シルクブラウザ (Silk Browser)」が購入時に搭載されています。
これはAmazonオリジナルのネット検索サイトで、無料で使うことができます。

PCなどと同じように閲覧したいサイトを検索し、ネット配信を開きます。
その後、視聴に必要なIDやパスワードを入力するとテレビで視聴できます。

テレビ画面いっぱいにしたい場合は、動画右下の全画面表示で可能です。
つまり、Fire TVならすべてのネット配信を大画面で視聴できるのでおすすめです。

※ ダウンロードしなくても購入時に搭載済み

 

② HDMIケーブルを使う

 

どうしてFire TVもが嫌な場合は「HDMIケーブル」でも可能です。
詳しくは別の記事に記載していますので、興味ある方は参照ください。

☑ 詳しく知りたい方はこちらの記事へ

 

ただ、上記のようにFire TVを購入するとすべては解決します。
わざわざケーブルをつなぐのも面倒なのでFire TVをおすすめします。

 

[ 動画配信サービスをテレビでみる方法一覧 ]

 

今回のまとめ

 

今回はプロ野球ネット中継をテレビでみるデバイスについて話を進めてきました。
テレビ対応デバイスを使えば大画面で動画配信サービスをみることが可能です。

機種によって対応しているアプリや価格も様々です。
自身が使ってみて、網羅性と気軽さならFire TVがおすすめです。

野球中継のネット配信は今後も拡大するでしょう。
テレビ対応デバイスを使うことで臨場感あふれる野球中継を楽しみましょう。

 

他にも記事を読みたい

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。