【 プロ野球のネット配信 】契約するなら「DAZN」と「スカパー!」のどっち?DAZNのメリットとデメリットを比較

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
16年目になる医療系国家資格取得のトレーナーです
現在は「医学」に加えて「法律」も勉強しています。
※ 詳しいプロフィールはこちら

 

最近は様々な方法でプロ野球をみることができるようになりました。
今回はスポーツ系でネット配信最大手のDAZNを中心に話を進めていきます。

 

DAZNの申し込みはこちらから

「DAZN」でみることのできるプロ野球チーム

 

2019年までDAZNでおこなっているプロ野球中継の配信状況は以下の通りです。

[ 主催ゲームを配信しているチーム ]

  • 巨人、阪神、DeNA、中日、ヤクルト
  • 西武、ソフトバンク、楽天、日本ハム、ロッテ、オリックス

[ 主催ゲームを配信していないチーム ]

  • カープ

以上のように、主催ゲームを配信しているチームは11球団です。
唯一カープに関してだけ主催ゲームを配信していません。

ざっくり言うと、マツダスタジアムでの試合は配信しません。
その他、地方球場での主催ゲームも数試合ありますが、それも同じです。
そのため、セ・リーグに関しては全試合をみることは出来ない状況です。

3番センター3番センター
おそらくカープの配信が無いのは地元テレビ局の配慮です。
12球団配信の方がユーザーにとっては便利ですが仕方ないですね。

 

「DAZN」のプランと契約方法

 

DAZNのプランと料金は以下の2つになります。
DAZN for docomoはドコモを利用中の方が契約できます。
それ以外の方が契約する場合は、通常のDAZNになります。

  •  DAZN  月額 1750円(税抜き) ※ 1ヵ月無料体験あり
  •  DAZN for docomo  月額 980円(税抜き) ※ 1ヵ月無料体験あり

支払い方法については多岐に渡るので以下に列挙しておきます。
一般的にはクレジットカード、キャリア決済、paypalの3つくらいかと思います。

  • 国内発行のクレジットカード、デビットカード
  • モバイルキャリア決済 (ドコモ、SoftBank、Y!Mobile)
  • DAZNプリペイド (コンビニ、主要家電量販店)
  • DAZNチケット (コンビニ)
  • DAZN年間視聴パス・ハーフシーズンパス
  • paypal
  • Google pay (アプリ内課金)
  • Amazon IAP (アプリ内課金)
  • iTUNESをアカウントを利用したApple ID経由 (アプリ内課金) 

 

DAZNの申し込みはこちらから

無料期間中・契約期間中に退会できますか?

マイアカウントからいつでも退会は可能です。

再開したい場合はどうしたらよいですか?

マイアカウントから「利用を再開する」で可能です。
アカウントを削除してしまった場合は再登録が必要となります。

視聴方法は何がありますか?

テレビ(スマートTV)、スマホ、タブレット、パソコン、ゲームなどです。

 \ DAZNの公式サイトはこちらです /

「DAZN」と「 スカパー!」選ぶならどっち?

 

ここまでくると「DAZN」「スカパー!」はどちらが良いでしょうか。
これに関してはそれぞれがどんな情報を求めるのかによって変わってきます。

① 網羅性なら「スカパー!」

 

例えば、プロ野球情報を網羅したい人は断然「スカパー!」です。
試合自体がみれるのもそうですが、野球関連の特番が多いのが魅力です。

昔の試合のアーカイブ配信もあったりするので様々な楽しみ方ができます。
また、契約プランも様々で1チャンネルから選択できるのが強みです。

② 手軽に始めるなら「DAZN」

 

ただ、私のようにそこまで網羅する必要はないという方もいます。
そこまで頻繁に試合をみることが出来ないし、みれる時で良い方など。

そういった方はDAZNの方が断然手軽に始められると思います。
アンテナを設置する必要もなく、初期コストや手間は少ないです。

また、DAZNの場合は海外サッカーの配信も豊富です。
チャンピオンズリーグも独占配信している点は特に魅力です。

同時にJリーグに関しても、J1にとどまらずJ3まで全試合配信しています。
サッカーにも興味がある方にとっては断然DAZNがお得だと思います。

先ほど記述した通り、DAZNは手軽にテレビでみることも可能です
自宅にいるのであれば、小さなスマホでなく大画面でみることができます。
そのため、臨場感たっぷりのスポーツの試合観戦も可能になります。

最終的には「何を求めるのか」という所になるので、目的に応じた選択を。
予算などそれぞれの環境に応じて、必要なプランを契約すると良いと思います。

 

DAZNの申し込みはこちらから

「DAZN」のメリットとデメリット

 

以下にDAZNの主なメリットとデメリットをあげておきます。

DAZNのメリット

  • 月額料金が低価格
  • アンテナ設置が不要 (ネット契約は必要)
  • テレビでもみることができる
  • 海外サッカーの配信が豊富
  • 契約手続きがかんたん
  • docomoユーザーは月額料金が安い
  • いつでも見逃し配信がみられる
  • 初回のみ1ヵ月無料視聴がある
  • いつでも好きな時に解約が可能

DAZNのデメリット

  • カープの主催試合が配信されない
  • 野球関連の特番が少ない
  • 契約プランがひとつしかない
  • ネット環境に左右される

 

DAZNよりも「スカパー!」に興味があるという方もいると思います。
もしスカパー!についてもう少し知りたい方は以下を参照してください。

 

[ 関連記事 ] スカパー!に興味のある方はこちら

① テレビでみるならAmazonの「Fire TV」が便利

 

テレビでDAZNを利用する場合はAmazonの「Fire TV Stickシリーズ」が便利です。
➀ テレビに差し込み➁ コンセントにつなぎ➂ ネット回線に接続の3ステップ。

機種は3つのタイプありますが、普通に見るだけなら1番上の安いもので大丈夫です。
下の機器は4K映像に対応したものなので、今のところDAZNには必要ありません。

 

Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

 

他にもAmazon Prime VideoYouTubeHuluNetflixAbemaTVdTVなど。
契約が必要なもの必要ないもの含めて、様々なネット配信がテレビで見れて便利です。

3番センター3番センター
我が家ではYouTubeなど様々なメディアで利用しています。
DAZNに限らず大きなテレビでみることができて便利ですね。

AmazonでFire TV Stickをみる

 

② 巨人戦だけで良い方は「hulu」という選択も

 

巨人ファンの方の中には巨人戦だけで良いという方もいると思います。
そういった方は巨人戦の主催試合が配信される「hulu」という選択肢もあります。
ただし、残念ながらビジター試合については配信されていないようです。

huluの概要

  • 月額料金1026円(税込み)で全て見放題
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコンでみられる
  • 2週間の無料トライアルがある
  • Amazonの「Fire TV」でみることが可能
  • 映画、ドラマ、アニメなど配信が豊富

Hulu

 

Huluの申し込みはこちらから

「DAZNのメリットとデメリットを比較」のまとめ

 

今回はDAZNのネット配信サービスについて話を進めてきました。
スカパー!との比較もしていきましたが、それぞれのメリットがあります。
どのメリットを選ぶかでそれぞれ好みも変わってくるかと思います。

DAZNの1番のメリットはやはり月額料金の安さと契約の手軽さ
こちらに関してはスカパー!と比べると圧勝だと思います。
まずは適度に始めたい方にとってはとても良いサービスと言えます。

プロ野球の楽しみ方も人それぞれです。
自分に合ったスタイルで長くプロ野球を楽しんでいきましょう。

 

 

DAZNの申し込みはこちらから

 

 ※ 当ブログの文章、写真、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます
 ※ 写真は広島東洋カープに電話で問い合わせ著作権に準じて掲載しています。

テキストのコピーはできません。