【 カープリリーフ投手たちの2019年 】ここまでで貢献度が最も高いのは新戦力の菊池保則投手

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
16年目になる医療系国家資格取得のトレーナーです
現在は「医学」に加えて「法律」も勉強しています。
※ 詳しいプロフィールはこちら

 

ベテランたちの不調が目立った2019年のリリーフ投手陣。
2018年の成績と比較を行いながらカープのリリーフ陣を検討していきます。

 

リリーフ投手たちの貢献度

 

最初に登板試合数と投球内容をプロットした表から見ていく。
登板試合はやや少ないものの、投球内容では中村恭平投手が良い。
菊池保則投手とフランスア投手は登板数は多く、投球内容はそこそこ。
フランスア投手は2018年が圧倒的だったためどうしても印象が悪い。
しかし、そこを除いて考えればリリーフ投手として十分に活躍している。
菊池投手は登板を重ねるにつれて評価を上げ、良い働きを見せている。

図1 登板数と投球内容の関係

登板数だとイニングの差が出るかもと思い、イニングとの関係もプロットした。
しかし、位置関係は先ほどのグラフとほとんど変わりないようである。
2019年のリリーフの貢献度はやはり先ほど挙げた3人が高いようである。
3連覇に抑えとして貢献してきた中﨑翔太投手はいずれのグラフを見ても悪い。

図2 イニングと投球内容の関係

 

 

2018年まで貢献してきたリリーフ投手の変化

 

2018年までにリリーフ登板した投手は9名中4名。
そこで彼の投球内容の評価を2018年と2019年で比較してみた。
やはり中﨑投手の登板内容は2018年と比較して悪化している。
2018年の成績も正直良くないが、さらに悪化の傾向を辿っている。
フランスア投手も2018年の圧巻の投球から見ると大きく悪化。
インパクトが大きかっただけに、ファンも物足りない印象かも知れない。
一岡竜司投手と今村猛投手に関しては、2018年よりもやや下がっている。
とはいえ、2019年も良い内容とは言えず、2018年よりは改善したという所。
改めて、複数年に渡る登板過多が気になる投手たちばかりである。

図3 主なリリーフ投手の2018年と2019年の投球内容の比較

 

新戦力の台頭が目立った2019年

 

裏を返せば、新戦力の台頭が目立った1年であった。
20試合以上の登板をした投手9人のうち5人が新たな戦力。

特に中村恭平投手と遠藤淳志投手の台頭が目立った1年。
後半戦に入り、疲労や対戦相手の慣れなどで打たれることも増えた。
しかし、1軍戦力として実質1年目と考えると、十分な働きであると思う。

また、移籍してきた菊池保則投手の働きが光る。
シーズン当初は敗戦処理的な登板が多かったが、現在は勝ちパターンに。
交流戦で打ち込まれることもあったが、夏場に入って本領を発揮。
タフな菊池投手がいることで、九里亜蓮投手が先発に定着することも出来た。
ここまでの活躍を球団は想定しなかっただろう、良い意味での誤算だった。

 

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 中村恭平投手の投球内容が光る
  • 菊池保則投手とフランスア投手は登板数で貢献
  • 中﨑翔太投手は2018年よりも大きく悪化
  • 登板過多が目立つ4人の投手
  • 新戦力の台頭が目立った2019年

 

記事が見つかりませんでした。

記事が見つかりませんでした。

 

今回のまとめ

 

今回は2019年のリリーフ投手たちを中心に話を進めてきた。
毎年活躍したリリーフの主力投手たちの不振が目立った2019年であった。

特に中﨑投手の不振が目立ち、1年を通して活躍する時期が無かった。
また、一岡投手と今村投手も年間通して1軍で登板することが出来なかった。

ただ、新戦力の台頭が目立つ1年でもあり、2020年以降の活躍が期待できる。
中村恭平投手は長年空席になっていた左の日本人中継ぎ投手の枠を埋めた。
また2年目の遠藤投手もアドゥワ投手の先発転向の穴をきっちりと埋めた。

遠藤投手は近い将来は先発転向が予想されている。
中継ぎでの登板で能力の高さも証明出来、さらに先発での活躍も期待したい。

1年を通して不安定だった2019年のリリーフ投手陣。
ベテラン投手たちの復調と若手の台頭をこれからも期待したい。

 

 

トレーナー目線でおすすめのケアグッズ

 ※ 当ブログの文章、写真、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます
 ※ 写真は広島東洋カープに電話で問い合わせ著作権に準じて掲載しています。

テキストのコピーはできません。