【 カープ2軍野手陣のここまでの打撃成績 】次に出てきそうな「将来の1軍主力野手」はいるのかいないのか?

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
16年目になる医療系国家資格取得のトレーナーです
現在は「医学」に加えて「法律」も勉強しています。
※ 詳しいプロフィールはこちら

 

2019年シーズンの2軍の試合も残り僅かとなってきた。
そこでここまでの野手の打撃成績を振り返りながら現状を検討してきます。

 

1軍出場なしの2軍野手打席数

 

チームで最も打席に立っているは新人の正随優弥選手。
次いで同じく新人の林晃汰選手、さらに新人の大盛穂選手と続く。

そして、5位に羽月隆太郎選手、6位に中神拓都選手と新人が位置する。
こうして見ると、例年よりも積極的に新人を起用しているのがわかる。

図1 1軍出場なしの2軍野手打席数

 

各選手の打撃成績

 

左から打席の多い順に並べている。
打率では中村奨成白濱裕太庄司隼人選手がまずまずの3割未満。

出塁率である程度満たせているのは中村奨選手と白濱選手の2人のみ。
長打率でも同様に中村奨選手と白濱選手が高いが、3割少しと物足りない。
どの数字を見ても突出した数字を残している選手が見当たらない

図2 各選手の打撃成績

 

[ スポンサーリンク ]

 

各選手の本塁打数

 

本塁打数を見ていくと正随選手と林選手がトップで5本を記録。
次点が永井敦士選手と船越涼太選手の2本は正直寂しい数字ではある。

正随選手に関しては大卒であり林選手を同じ評価は出来ない
そう考えると、大卒の正随選手が5本という数字は物足りないと言える。
打席数がトップと言うことを考えると、せめて10本前後は欲しいところ。

図3 各選手の本塁打数

 

打席数と打率の関係

 

プロットしていくと、いくつかのグループに分けられた。

  • 打席数は多いが打率が低い (グリーン)
  • 打席数は少ないが打率がそこそこ (レッド)
  • 打席数も少なく打率も低い (オレンジ)

2つ目のグラフでトップクラスだった白濱選手と中村奨選手は打席が少ない。
捕手が併用という面もあるが、中村奨選手は肋骨の疲労骨折と頭部死球が響いた。
1年間捕手として出場した場合に、どれだけの数字が残るのかが気になる所である。
ただ、入団前のイメージのような長距離砲というタイプではないのは確かだろう。

正随選手と林選手は打席数は多いものの、打率が2割前後と厳しい
両選手とも長打を期待しながらも、最低でも.250を打てるようになりたい。

木村聡司選手と船越涼太選手と永井敦士選手はかなり厳しいのが現状。
木村選手は出場機会も大幅に減り、船越選手もケガで離脱している。
正直、来季の契約があるかどうかという位置にいるのも事実である。

図4 打席数と打率の関係

 

 

[ スポンサーリンク ]

 

打席数と出塁率+長打率の関係

 

こちらを見てもさきほどとほとんど似たような結果となった。
チーム全体の出塁率と長打率が低いため、どうしても合算の数字低い。

いずれかの数字でも良いので突出した選手が欲しい所ではある。
ここでも木村聡司選手、永井敦士選手、船越涼太選手の立場は厳しい

図5 打席数と出塁率+長打率の関係

 

2019年の2軍の選手起用

 

特に目立つのは開幕から新人選手たちの起用である。
例年にない起用法で、時に内野を守る選手が全員新人という試合もあった。

とはいえ、成績を見てもわかる通り、新人選手たちが優れていた訳ではない。
期待されていた選手たちが伸び悩んでいるから起きたことでもある。

2018年のドラフトで見切りをつけた感はあったが、実際にそれが起用にも表れた。
桒原樹選手や庄司隼人選手の出場機会は減少し、永井敦士選手も後半から減少。

フアン・サンタナ選手も加わることで、桒原樹選手は外野に押し出される形となった。
2019年は「伸び悩み」と「新人への期待」による結果から起きた起用と言える。

 

[ スポンサーリンク ]

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 最も打席に立ったのは正随優弥選手
  • 中村奨成選手と白濱裕太選手は数字は打席数が少ない
  • 正随優弥選手と林晃汰選手は打席数は多いが成績が物足りない
  • 木村聡司選手と永井敦士選手と船越涼太選手は厳しい立場
  • 2019年は開幕から積極的に新人を起用した

今回のまとめ

 

今回は2軍野手の打撃成績について話を進めてきた。
全体的に見て、1軍レギュラー候補が見当たらず不安が残る結果であった。

現在の1軍レギュラー陣は高齢化してきている現状がある。
将来的に小園海斗選手を中心に誰がここから出てくるのか?
高卒新人たちはこれからとして、その他の伸び悩みが響いている。
その結果だろう、曽根海成選手や三好匠選手のトレード補強に繋がっている
新人も内野手を4人補強し、その他の内野手たちの立場は相当厳しいだろう。

また、将来的に長打を打てる選手が完全に欠乏している。
いくらフリー打撃で飛ばせても試合で打てないと意味がない。
多少打率が悪くても10本以上打てる選手の育成が急務である。

2019年シーズンの2軍の試合も残り僅かとなってきた。
期待の若手と奮起が必要な中堅、共にここからの奮起を期待したい。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。