【 カープ野手陣のバットコントロール技術 】チーム内で最も空振りしないのは西川龍馬選手か野間峻祥選手か

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
16年目になる医療系国家資格取得のトレーナーです
現在は「医学」に加えて「法律」も勉強しています。
※ 詳しいプロフィールはこちら

 

カープ野手陣のバットコントロール能力。
ここまでのデータを元に各選手の特徴を検討していきます。

 

スイングとコンタクトの関係

 

スイングはバットを振る、コンタクトはバットに当てることである。
鈴木誠也選手は積極的にスイングせず、コンタクトは高い。
バティスタ選手は積極的にスイングせず、コンタクトは低い。
松山竜平・西川龍馬・野間峻祥・菊池涼介選手はコンタクトは高い。
長野久義選手と田中広輔選手は積極的にスイングし、コンタクトは低い。

図1 スイングとコンタクトの関係

 

スイングと空振りの関係

 

鈴木選手は積極的にスイングせず、空振りは少ない。
バティスタ選手は積極的にスイングせず、空振りは多い。
松山・西川・野間・菊池選手は空振りが少ない。
田中選手と長野選手は積極的にスイングし、空振りが多い。

図2 スイングと空振りの関係

 

ストライクとボールのコンタクトの関係

 

鈴木選手はストライクのコンタクトが高く、ボールはまずまず。
バティスタ選手はストライクはコンタクトがやや低く、ボールは低い。
松山・西川・野間・菊池選手はストライクとボールもコンタクトが高い。
田中選手と長野選手はストライクとボールともにコンタクトが低い。

図3 ストライクとボールのコンタクトの関係

 

単純にバットに当てれば良いというものでもない

 

松山・野間・西川・菊池選手はどんなボールでも当てる技術がある。
逆に田中選手と長野選手はどんなボールも振り、バットに当たらない。
このように両極端の特徴を有する選手がチーム内に存在した。

ただ、空振りせずバットに当たれば良いというものではない。
手を出さなく良い球に手を出してアウトになるケースも多い。
西川選手と野間選手の2人にはその特徴が顕著に見られる。
特に西川選手の場合、天才と呼ばれる打撃が長所であり短所でもある。

関連記事はこちらです

記事が見つかりませんでした。

また、単に当てているだけで弱い当たりでは安打にはならない。
内野安打があったとしても十数打席に1回あるかないか程度。

ただし、同じようなタイプの2人でも打撃内容に大きな差がある。
このブログでは詳細は割愛するが、2人は全く異なるタイプの打者である。
事実、同じように分類された2人でも、片やレギュラーで片やベンチ。
芯に当てる能力、ボールをどうコンタクトするかなどその質が全く異なる。
その差が「常時出れる選手と出れない選手」の違いになるだろう。

 

[ スポンサーリンク ]

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 田中選手と長野選手は何でも振るが、バットに当たらない
  • 松山・野間・西川・菊池選手はよくバットに当たり空振りしない
  • 鈴木選手はスイングも空振りも少なく、ストライクをよく当てる
  • バティスタ選手はバットに当たらず、ボールの空振りが多い
  • 単純にバットに当たるだけが良いわけではない

 

関連記事はこちらです

記事が見つかりませんでした。

記事が見つかりませんでした。

 

今回のまとめ

 

今回はバットコントロールついて話を進めてきた。
コンタクトが高く、バットに当てる能力が高い選手が複数いた。
逆にどの球もバットに当たらないような選手も存在した。

タイプ分けをするとある程度の選手の特徴が分かりやすい。
反面、そのグループでも本質の部分の中身は異なる。
最終的には大枠としての分類、詳細な分類と分析が必要となる。

自身の仕事はそちらにあるが、ここでは制限もあり割愛する。
各選手が現在の特徴と課題を把握し、能力を発揮することを期待したい。

 

 

トレーナー目線でおすすめのケアグッズ

 

 ※ 当ブログの文章、写真、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます
 ※ 写真は広島東洋カープに電話で問い合わせ著作権に準じて掲載しています。

テキストのコピーはできません。