【 優良助っ人ブライアン・バリントン投手 】現在は「MLBのスカウト」として活躍し、佐々木朗希投手も視察

簡単な自己紹介

3番センター3番センター
16年目になる医療系国家資格取得のトレーナーです
現在は「医学」に加えて「法律」も勉強しています。
※ 詳しいプロフィールはこちら

 

カープファンの中でも強く記憶に残るブライアン・バリントン投手。
今回はバリントン氏の引退後の現在の活動を中心に話を進めていきます。

 

プロフィール

 

  • 右投げ・右打ち
  • 193cm、95kg
  • 2002年 全米ドラフト1位でパイレーツに入団
  • 2005年 9月にメジャー初登板
  • 2008年 シーズン途中にインディアンスに移籍
  • 2009年 ブルージェイズに移籍し、中継ぎ転向
  • 2010年 ロイヤルズに移籍し、先発と中継ぎ登板
  • 2011年 広島東洋カープに移籍
  • 2015年 オリックスバファローズに移籍
  • 2016年 現役を引退
  • 現在はミルウォーキー・ブリュワーズの国際スカウトに就任

 

MLBとNPBでの通算成績

 

メジャーリーグにドラフト1位で入団したものの成績を残せず。
1シーズンも活躍することなく、日本プロ野球にチャレンジすることに。

来日後は打線に恵まれませんでしたが、まずまずの成績を残しています。
当時のカープ打線が良ければ、もう少し勝ち星を上げていたはずです

  • MLB   26試合   1勝 9敗 防御率 5.62   81回2/3
  • NPB 124試合 45勝45敗 防御率 3.25 758回

 

[ スポンサーリンク ]

 

「残念な全米ドラフト1位」に選出

 

バリントン投手が2019年のThe Sportssterにあることで取り上げられました。

12 Poor MLB First Overall Picks And The Player Who Should’ve Been Taken Instead

  「12人の残念だったドラフト1位と代わりに指名されるべき選手たち」

 

このようなタイトルを付けられた特集記事の中のひとりに紹介されました。
簡単に言えば「ドラフト1位指名で期待にこたえられなかった12人の選手」になります。

当時のパイレーツはバリントン投手をチームを良い方向に導く選手と期待していました。
ただ、安全策をとったという意見もあり、現在もその指名に厳しい声もあるようです。

代わりに指名すべきだった選手で名前が上がったりのがザック・グレインキー投手。
MLBをみる機会のある方にはお馴染みの投手で現在もバリバリで活躍しています。

2019年シーズンも18勝5敗で防御率2.93の好成績を残し、通算200勝も達成しました。
サイヤング賞1回、最優秀防御率2回、ゴールドグラブ賞5回など圧巻の成績。

そう考えると、確かにグレインキー投手を指名するのが正解だったかも知れない。
ただ、それも結果論で当時のグレインキー投手をそこまで評価出来たか微妙です。

 

 引退後はスカウトに転身

 

引退後、2017年よりミルウォーキー・ブリュワーズの国際スカウトに就任。
知人を通じてブリュワーズのGMを紹介してもらい、現在の職についています。
国際スカウトの内容はアジア担当で、日本を中心にアジア圏の選手たちを視察。

現在も日本のスタジアムを訪れた際には、サインや写真撮影を求められるそう。
そのことについて本人もまだ顔を覚えてくれていることを喜んでいる様子。
それもバリントン氏の日本での活躍と支持される人柄あってこそのことである。

バリントン氏は2017年にあったWBCの視察でも来日。
Twitterではラーメン「一風堂」へ食事にいった様子も報告されています。

また、「神田駅近くのBig Pigで広島のお好み焼きを」ともつぶやいています。
以前のコメントで「私は広島のお好み焼きを食べて育ちました」と談笑していた。
広島で過ごした4年間がバリントン氏の中で大切な時間だったことがわかります。

Last night in Tokyo, so we had to track down some Hiroshima style okonomiyaki at Big Pig near Kanda station!

 

 9月には佐々木朗希投手も視察する様子も

 

9月に韓国で行われた「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」。
そこでもテレビ中継でバリントン氏の視察する姿を見ることができました。

注目された大船渡高校の佐々木朗希投手の登板の際にバックネット裏に位置
ちょうどテレビ中継をされていたためその姿に気付いた方も多いと思います。

佐々木朗希投手に関しては「MLBでもドラフト1巡目の素質」と高く評価。
また、奥川恭伸投手についてもストレートとスライダーを高く評価しました。

 

[ スポンサーリンク ]

 

期待された「第2のバリントン」

 

バリントン氏とフォームがそっくりと注目されたのがケイシー・ローレンス投手。
2019年に入団し「第2のバリントン」と期待されましたが、1試合の登板のみ。
2年目の契約は無さそうな状況なので、1年間で日本を去ることになります。

  • MLB 38試合 3勝3敗 防御率   6.64 78回2/3
  • NPB   1試合 0勝1敗 防御率 10.08   5回

 

ただ、帰国時にはSNSにてカープ球団とファンに対し感謝のコメントも。
成績は不本意だったが、日本での生活が充実したものだった様子がよく伝わります。

本人のInstagramでは日本での観光や食事の様子などが投稿されたりもしました。
2軍生活がほとんどでしたが、腐らず真面目に黙々と取り組む姿が印象的でした。

Thank you to the Carp Organization and the fans for an incredible experience this year. The food, people, and culture are something we will never forget. Thank You!

今年のすばらしい経験をさせてくれたカープ球団とファンに感謝します。食べ物、人々、文化を私達は決して忘れないです。ありがとうございました!

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめます。

  • 全米ドラフト1位としてプロ生活を開始
  • 日本ではカープで40勝を記録
  • 「残念な全米ドラフト1位」に選出
  • 引退後はMLBの国際スカウトとして活躍
  • WBSCで佐々木朗希投手などを視察
  • 「第2のバリントン」は不発に終わる

 

今回のまとめ

 

今回は元カープのバリントン投手を中心に話を進めてきました。
現在はMLBのスカウトとしてアジア圏を飛び回っているようです。

引退したあとも広島やカープに対する思いが伝わってきます。
2019年に引退したエルドレッド選手なども彼の影響を多く受けています。
それがジョンソン投手に受け継がれ、そして現在の選手に続きます。
そうしたことがローレンス投手のコメントの中にも表れたと思います。

現役時代は試合中も感情を表に出すことも少ない投手でした。
それは今も変わらず、淡々とスカウト活動に励んでいるとのこと。
その誠実さが今もカープ外国人選手に受け継がれてきました。

カープ外国人投手の歴代トップ3に入るバリントン投手。
いつかカープに携わる機会があることに期待するファンも多いでしょう。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。