現役トレーナーのカープぶろぐ!

広島で生まれ育った生粋のカープファン&野球を専門に携わるトレーナーがカープを中心に気ままに投稿します。また、阪神タイガースの尾仲祐哉投手の投稿も時々。更新は不定期デス。

野手

カープ2軍野手の打撃成績、次に出てくるのは誰?

2019年シーズンの2軍の試合も残り僅かとなってきた。そこでここまでの野手の打撃成績を振り返りながら現状を検討していきたい。 // 1軍出場なしの2軍野手打席数 各選手の打撃成績 各選手の本塁打数 打席数と打率の関係 打席数と出塁率+長打率の関係 2019…

長野久義選手が1軍復帰へ、2軍で過ごした2か月間

長野久義選手の1軍復帰がついに決まった。2軍での2か月を振り返りながら今後を検討していきます。 // ルーキー以来の2軍降格 2軍での通算成績 打てない日々が続いた7月と復調傾向を見せた8月 8月に起きた打撃内容の変化 試合に出れることが楽しそう…

12球団外国人野手で「コスパ度」、成績と年俸で比較

チーム成績に大きく影響する外国人野手の成績。12球団の外国人野手たちの成績からコスパ度について検討していきます。 // 両リーグの外国人野手のここまでの成績 規定打席到達者の外国人野手の年俸 12球団の外国人野手の「コスパ度」 圧倒的な成績を残してい…

首位打者獲得へ、8月の鈴木誠也選手はどう変わった?

8月に入り、好調を維持している鈴木誠也選手。そこで打撃内容を分析してどう変化しているのかを検討していきます。 // 鈴木誠也選手の8月の打撃成績 月別の塁打の推移はどう変わったのか? 変化した打球角度はどう変わったのか? 変化した打球方向はどう変…

カープ打線の四球率と長打率、好不調の選手たち

復調の選手の影響で打線として少しずつ機能し始めている。そこで今回は四球率と長打率を2018年と比較しながら検討していきます。 // 2019年の四球率と長打率 2018年と2019年の比較 各選手が向上した要素は? 安打や出塁に徹している8月の鈴木誠也選手 ここ…

ストレートが得意なのは鈴木誠也選手or野間峻祥選手?

ストレートを攻略できるかどうかで良い選手か判断になる。そこでカープ選手がストレートをどれだけ攻略しているのか検討していきます。 // ストレートに強い打者と弱い打者 ストレートを投げられる割合 投げられたストレートの平均球速 ストレート成績とスト…

12球団の盗塁事情、失敗0の山田哲人選手とカープの今

有効な盗塁による得点への貢献は大きい。セ・リーグ球団や12球団と比較しながらカープの現状について検討していきます。 // セ・リーグの規定打席到達者の盗塁数 セ・リーグの規定打席到達者の盗塁数と盗塁死 盗塁数と盗塁による得点貢献度 カープ野手の盗塁…

好調なバティスタ選手、四球?三振?その理由は...

7月に入り打撃好調のバティスタ選手。どんな変化があり、何が関係するのかを検討していきます。 // 不振にあえいだ6月、そして2軍へ 月別の四球と三振 三振と打率は関連するのか? 四球と打率は関連するのか? 出塁率に四球と打率のどちらが影響する? バ…

カープ野手陣のバットコントロール、空振りしないのは誰?

カープ野手陣のバットコントロール能力。ここまでのデータを元に各選手の特徴を検討していきます。 // スイングとコンタクトの関係 スイングと空振りの関係 ストライクとボールのコンタクトの関係 単純にバットに当てれば良いというものでもない ここまでわ…

ベンチスタートが続く田中広輔選手、2019年の打撃の変化

最近はスタメン出場も無くなってきた田中広輔選手。2019年に打撃面に起きている現象を取り上げて検討していきます。 // 激減する死球 打てなくなった内角低め 全体的に打てない外角 三振が増える外角低め 出番を失う2019年 ここまでわかったこと まとめ 激減…

カープ打線の「選球眼」、やはりトップは鈴木誠也選手

出塁率があがらず点の取れない2019年のカープ打線。今回は出塁率に深くかかわる選球眼について検討していきます。 // 2018年と2019年の「四球を選ぶ率」を比較 2018年と2019年の「ボール球を振る率」を比較 2018年と2019年の「ストライク球を振る率」を比較 …

優秀な鈴木誠也選手、12球団の外野手の守備範囲&攻撃力

前回、12球団の外野手の守備範囲について取り上げた。今回は守備範囲と攻撃力を兼ね備える選手について検討していきます。 // 12球団の外野手の守備範囲&攻撃力はどのくらい? 課題の大きい筒香嘉智選手と木村文紀選手 カープの外野手の守備範囲&攻撃力は…

12球団の外野手の守備範囲、カープ外野陣の課題は?

外野手の守備範囲はチームの失点にも大きく関与する。今回は12球団と比較しながらカープの課題について検討していきます。 12球団の外野手の守備範囲はどのくらい? DeNAには何が起きている? カープはどうなっている? 10年間でわずか2人 ここまでわかった…

鈴木誠也選手は走力でも、球界のスピードスターは誰?

走塁力がチームカラーと言われているカープ。今回は12球団と比較しながら貢献度と課題について検討していきます。 12球団の走塁貢献度はどのくらい? 西武で貢献している選手は誰? DeNAで課題のある選手は誰? そしてカープは? 12球団のスピードスターたち…

「出塁率」と「長打率」から考える2019年のカープ打線

ここまで打線が機能せず、得点力不足にあえいでいるカープ。今回は出塁率と長打率を用いて他球団と比較しながら不振の打線を検討します。 2018年から大きく低下した出塁率の4選手 2018年から大きく低下した長打率の3選手 出塁率と長打率の総和 2014年以降…

12球団の内野手の守備範囲、カープ内野陣の課題は高齢化

前回の投稿でショートの守備範囲について減少しているチームがあった。その要因は色々あるが、周囲のポジションと関係があるのかを検討します。 ショートの守備範囲の低下から気になったこと 西武の場合 巨人の場合 カープの場合 12球団で優秀な内野陣はどこ…

田中広輔選手で考える“連続フルイニング出場”の難しさ

シーズン途中までフルイニング出場を続けてきた田中広輔選手。負担の大きいショートで試合に連続して出続ける難しさを検討します。 連続フルイニング出場を続けた2人のショート 連続フルイニング出場の裏で 田中選手の守備範囲は広がったのか 年齢による守備…

「天才」が故の課題、西川龍馬選手の取り扱いが難しい

2019年はクリーンナップも任されている西川龍馬選手。天才とも称される打撃技術からくる課題について検討します。 規定打席到達者の四球率と三振率 なぜこのようなことが起こるのか? 毎年のように四球率と三振率は低いのか? 出塁率の低下 当ててしまうが故…

三好匠選手をトレードで獲得、気になる打撃やポジションは?

先日、下水流昂選手とのトレードで広島移籍が決まった三好匠選手。楽天時代にどんな活躍をしていのか、成績を振り返りながら検討します。 楽天時代の三好匠選手 二軍成績を振り返る 過去に2度、侍ジャパンに選出 これまでの1軍の打撃成績 これまでの1軍の…

長野久義選手が2軍調整に、不振から復活できるのか?

開幕から打撃不振が続き、2軍調整が通達された長野久義選手。移籍1年目の2019年に長野選手に何が起こっているのか検討します。 成績振るわず、ついに2軍で調整 2019年の打撃成績 バットに当たらない2019年 プロ入り始めて出塁率が.300を切る ゴロ打球の多…

球界屈指のセンター達の守備範囲とカープの強化ポイント

外野の中心を担うセンターという大事なポジション。球界を代表するセンターたちから、カープの課題を検討していきます。 一流のセンターたちからひも解くカギ 12球団を代表するセンターたち 守備範囲の広さとスピードは関係するのか? なぜか広がらない...ス…

ポジション別の守備力、菊池涼介選手の守備範囲は球界トップ

春先は大きく乱れて失点の原因に繋がったカープの守備。ポジション別に見ていきながら、どこに課題があるのかを検討していきます。 ポジション別でみる守備力 ファーストとサードの選手別守備範囲 大幅に改善が必要なセンターの守備範囲 やはり群を抜く守備…

不調が続く長野久義選手、毎年好調な6月と何が違う?

なかなか本調子になれていない長野久義選手。好成績を記録していた過去の6月と比較しながら検討していきます。 6月になってもあがらない打撃 2014年以降の6月の打撃成績 打球特性の変化 2019年の6月の傾向 打席数の少なさ ここまでわかったこと まとめ …

動向が気になるFA権取得の會澤翼選手、巨人か残留か

2019年シーズンに国内FA権を取得した會澤翼選手。他球団の動向を見ながら、各球団と會澤選手の関係性を検討していきます。 国内FA権を取得 獲得に興味を示している球団は? 12球団の捕手の守備力 巨人、DeNA、楽天が獲得した場合の打撃力の変化 12球団の捕手…

移籍の噂も…堂林翔太選手の待たれる覚醒の時

2軍戦からも姿を消した堂林翔太選手。これまでの戦歴を振り返りながら、堂林選手の現状を検討していきます。 6月4日の2軍での出場が最後 2軍では抜群の成績を残す サードに復帰した2019年 改善しつつあるサードの守備 課題の打撃 単純なメカニクスの問…

交流戦の最下位が決定...不振を極めたカープ打線を振り返る

交流戦も全ての日程を終えて、いよいよセ・リーグ同士の戦いへ。打撃不振に喘いだ交流戦のカープ打線を振り返り、課題を検討していきます。 number.bunshun.jp 打撃陣の不振が目立った交流戦 打球の特徴が変化した2019年の交流戦 打球の強さが影響したのか?…

アレハンドロ・メヒア選手が1軍に登録、起爆剤になるか!?

今日からアレハンドロ・メヒア選手が1軍に出場登録となっています。起爆剤となれるかどうか、過去の成績も振り返りながら検討していきます。 headlines.yahoo.co.jp 2018年の圧巻の成績を振り返る 2019年の2軍打撃成績 2019年の2軍打撃成績 1軍での打撃…

広島の外野守備、実現したい『センター西川龍馬選手』

開幕当初、チーム全体で守備でのミスが響いたカープ。今回は改善しつつある守備の中で、外野守備について検討していきます。 本職ではない選手が意外に貢献 復調しつつある鈴木選手の外野守備 見ていて気になる野間選手の外野守備 センターを守った選手たち…

6月は打線が低迷、出塁率からみる鈴木誠也選手の貢献度

6月に入り、チーム全体で一気に不振に陥ったカープ打線。今回は出塁率にテーマを当てて、貢献度について検討していきます。 6月によく出塁している主力打者 四球率と打率から検討 打てない時こそどうチームに貢献するのか 思い出すのは2018年終盤の丸選手 …

改善しつつあるカープ打線、得点圏で活躍した選手は誰?

今日は開幕当初に課題にあげられていた得点圏打率について振り返ります。得点圏での成績とランナーなしでの成績を比較しながら検討していきます。 主力選手の得点圏打率 疑問視してきた野間選手の3番 主力選手のランナーなし打率 適材適所 打率と得点圏打率…