かーぷらぼ

広島で生まれ育った野球を担当するトレーナーのカープ研究(ラボ)ブログ

2019年のカープ先発陣の失点率と防御率、失点率増加の理由を内野守備の視点から考察

先発投手陣の安定しなかった2019年のカープ。今回は先発投手陣の失点やそれに絡めて内野守備について話を進めていきます。 先発投手陣の失点率と防御率 野手陣の守備の影響 エラー指数との連動 2020年の内野陣のメンバー? 大幅なコンバートもありうる2020年…

新外国人ホセ・ピレラ選手のメジャーリーグでの打撃成績や内野&外野の守備位置をフカボリ

新外国人投手としてホセ・ピレラ選手との契約が合意に至りました。今回はホセ・ピレラ選手のこれまでのキャリアについて話を進めていきます。 ホセ・ピレラ選手と契約合意 アメリカでのキャリア メジャーリーグでの成績 「フィリーズ退団」の報道直後の契約…

2019年カープリリーフ陣の「球数」を検証、菊池保則投手と阪神リリーフ陣の"タフネスさ"

障害予防や投手交代など様々な場面で注目を浴びる「球数」。今回はリリーフ投手の球数についてトレードも絡めて話を進めていきます。 「1イニングでの球数」を検証 菊池保則投手の球数が少ない理由とは? 三振は派手だがどうアウトを取るかが大事 過去10年…

大きくアップした「平均球速」、155キロ左腕の中村恭平投手の飛躍の2019年を振り返る

カープ投手陣の2018年と2019年の平均球速の変化を抽出した。今回はその変化と中村恭平投手の1年について話を進めていきます。 2018-2019年のカープ投手陣の平均球速の変化 中村恭平投手のシーズン中の変化 増加する「与四球」と減少する「奪三振」 ボール球…

2019年もたくさん出版された「カープ本」のまとめ

2019年も終わりそうなので、カープ関連本をまとめました。優勝しなかった2019年は出版数がやはり少なめです。3連覇中は本屋さんが「赤一色」な時がありましたね。年末までの出版情報は随時追記していきたいと思います。※ すでに販売終了の書籍もあるかも知…

新外国人DJ.ジョンソン投手のメジャーリーグでの成績や球速・球種・投球内容をフカボリ

新外国人投手としてDJ.ジョンソン投手との契約が合意に至りました。今回はDJ.ジョンソン投手のこれまでのキャリアについて話を進めていきます。 DJ.ジョンソン投手と契約合意 アメリカでのキャリア メジャーリーグでの成績 10月23日にロッキーズがリ…

バティスタ選手が参加する「ウインターリーグ」、川崎宗則選手や北方悠誠選手なども各国で参戦

現在は契約保留中のバティスタ選手が参加しているウインターリーグ。今回はバティスタ選手の現状とウインターリーグについて話を進めていきます。 バティスタ選手の所属するチーム バティスタ選手のウインターリーグの打撃成績 メヒア選手とフランスア選手も…

優良助っ人ブライアン・バリントン投手、今はMLBスカウトとして佐々木朗希投手も視察

カープファンの中でも強く記憶に残るブライアン・バリントン投手。今回はバリントン氏の引退後の現在の活動を中心に話を進めていきます。 プロフィール MLBとNPBでの通算成績 「残念な全米ドラフト1位」に選出 引退後はスカウトに転身 9月には佐々木朗希投…

梵英心選手が著書出版「梵脳 失敗したらやり直せばいい。」、カープ退団後の活動と現在

先日で元カープの梵英心選手が現役引退を発表しました。今回は退団後のこれまでの動向と現在について話を進めていきます。 // プロフィール カープ退団後の動向 2019年は解説も経験 指導者としてのスタンスと目標 三次市にある実家は「専法寺」 WATCH~深層に…

高卒ルーキーの羽月隆太郎選手が打率3割達成、1軍で活躍するための打撃と走塁の3つの課題

2019年も先月でウエスタン・リーグの全日程を終えました。今回は高卒ルーキーながら活躍した羽月隆太郎選手を中心に話を進めていきます。 プロフィール 高卒ルーキーが残した好成績 月別の安打数と盗塁数 少なすぎる「四球による出塁」 改善したい長打力 盗…

會澤翼選手の残留で見えてくる「打撃面の効果」と将来の「監督候補」というポスト

會澤翼選手のFA宣言をせず3年契約での残留が決まりました。今回はそれによる効果と見えてきた将来像を中心に話を進めていきます。 會澤翼選手のカープに残留決定 残留によって生まれた「打撃面での効果」 早期の決断が「戦力補強」にも好影響 見えてきた「…

元カープのジェイ・ジャクソン投手が4年振りにMLBに復帰、その活躍と日本球界復帰の可能性

2019年からMLB復帰を果たしたジェイ・ジャクソン投手。今回はカープ退団後のジャクソン投手の活躍を中心に話を進めていきます。 2019年からメジャーリーグ復帰 ジェイ・ジャクソン投手の2019年成績 「ジャクソンスマイル」は日本限定だった? 日本球界復帰の…

2019年のみやざきフェニックスリーグが開幕、気になるカープ戦のテレビ中継やネット配信は?

2019年の公式戦は終わり、また新たに2020年に向けてスタートする。今回は若手たちが奮闘するフェニックスリーグにスポット当て話を進めていきます。 フェニックスリーグとは カープから派遣される選手は? 今年から「BSスカパー!」で中継が開始! 増えつつ…

2019年のセ・リーグリリーフ事情、阪神投手陣の「安定感」と「投手運用」

リリーフ陣に苦労したカープの2019年シーズン。今回はセ・リーグのリリーフ陣にスポット当てながら話を進めていきます。 セ・リーグリリーフ陣の登板数 登板数と防御率の関係性 防御率と総合評価の関係性 阪神リリーフ陣の優秀さが際立った2019年シーズン こ…

年々減少していく「規定投球回数達成者」と変わりゆく「先発に対する価値観」

2019年の公式戦シーズンも終わり、規定投球回数達成者が決定した。今回は規定投球回数を中心に先発投手の投球回数を中心に話を進めていきます。 減り続ける「規定投球回」達成者 リーグによる違いはあるのか? 過去6年間の達成者の達成回数 先発投手全体の…

カープ先発陣のクオリティースタート率、ジョンソン投手の6月以降に見せた奮起

2019年の先発投手陣のクオリティースタート率。ジョンソン投手と大瀬良大地投手を中心に2019年を振り返ります。※ クオリティ・スタート - Wikipedia ジョンソン投手の投球イニングと自責点 大瀬良大地投手の投球イニングと自責点 2019年のクオリティースター…

カープ先発投手たちの2019年、やはりジョンソン投手がチームNo.1の安定感

実績組の不調や離脱が目立った2019年の先発投手陣。2018年の成績と比較を行いながらカープの先発陣を検討していきます。 // 先発投手たちの貢献度 2018年まで貢献してきた先発投手の変化 2019年のクオリティースタート率 床田寛樹投手の飛躍が目立った2019年…

カープリリーフ投手たちの2019年ここまで、貢献度の高いのは新戦力の菊池保則投手

ベテランたちの不調が目立った2019年のリリーフ投手陣。2018年の成績と比較を行いながらカープのリリーフ陣を検討していきます。 // リリーフ投手たちの貢献度 2018年まで貢献してきたリリーフ投手の変化 新戦力の台頭が目立った2019年 ここまでわかったこと…

成績振るわぬ大瀬良大地投手、通用しないストレート

不本意な登板が続いている大瀬良大地投手。今起きていることを球種を中心に話を進めながら検討していきます。 // 2019年の投球スタイル 通用しなくなったストレート 球速が落ちて通用しなくなったのか? 他に考えられる理由は? 長いイニングが投げられない…

バティスタ選手のドーピング問題、疑問の残る「期間」の処分

バティスタ選手のドーピング違反の処分が本日発表されました。6ヵ月という処分が下されましたが、その問題と今後について検討したいと思います。 // ドーピング違反の処分発表 出場停止「6ヵ月」という処分は正しいのか MLBでは「期間」なのか「試合」なの…

ついに被打率が12球団ワースト1位まで陥落...エース大瀬良大地投手の今

4連覇に向けて投手陣の軸として期待された大瀬良大地投手。不本意な投球が続く2019年の投球内容を被安打率から検討していきます。 // 自己ワーストの10失点で降板 12球団で最も安打を打たれている投手に 投手総合評価とした見た場合 与四球は優秀な成績 「…

プロ初の規定打席3割へ、"天才"西川龍馬選手の2019年の打撃の進化

飛躍の1年となった2019年の西川龍馬選手。そこでここまでの打撃成績を振り返りながら好調の理由を検討していきます。 // 好調な8月の西川龍馬選手 チーム内でも鈴木誠也選手に次いで2位 8月に入って大きく改善した「四球」 打撃内容も大きく変化 1番とし…

発覚したバティスタ選手のドーピング違反、浮き彫りになってきた3つの問題

広島に衝撃を与えたバティスタ選手のドーピング違反から10日。今後どのような処分が下り、どんな問題があるのかをを検討していきたい。 // 衝撃が走ったドーピング違反の発表 過去のドーピング違反の選手たち ドーピング違反の通達後の流れ 「1年の出場停止…

カープ2軍野手陣の打撃成績、次に出てくる将来の1軍主力選手は誰?

2019年シーズンの2軍の試合も残り僅かとなってきた。そこでここまでの野手の打撃成績を振り返りながら現状を検討してきます。 // 1軍出場なしの2軍野手打席数 各選手の打撃成績 各選手の本塁打数 打席数と打率の関係 打席数と出塁率+長打率の関係 2019年…

長野久義選手がついに1軍復帰へ、ルーキー以来の2軍降格の2か月間で得たもの

長野久義選手の1軍復帰がついに決まった。2軍での2か月を振り返りながら今後を検討していきます。 // ルーキー以来の2軍降格 2軍での通算成績 打てない日々が続いた7月と復調傾向を見せた8月 8月に起きた打撃内容の変化 試合に出れることが楽しそう…

12球団の外国人野手の「コスパ度」、打撃成績と年俸から見た優良助っ人とは?

チーム成績に大きく影響する外国人野手の成績。12球団の外国人野手たちの成績からコスパ度について検討していきます。 // 両リーグの外国人野手のここまでの成績 規定打席到達者の外国人野手の年俸 12球団の外国人野手の「コスパ度」 圧倒的な成績を残してい…

プロ入り初の首位打者獲得へ、8月の鈴木誠也選手の打撃はどう変わった?

8月に入り、好調を維持している鈴木誠也選手。そこで打撃内容を分析してどう変化しているのかを検討していきます。 // 鈴木誠也選手の8月の打撃成績 月別の塁打の推移はどう変わったのか? 変化した打球角度はどう変わったのか? 変化した打球方向はどう変…

カープ打線の四球率と長打率から分析、好不調の選手たちをピックアップ

復調の選手の影響で打線として少しずつ機能し始めている。そこで今回は四球率と長打率を2018年と比較しながら検討していきます。 // 2019年の四球率と長打率 2018年と2019年の比較 各選手が向上した要素は? 安打や出塁に徹している8月の鈴木誠也選手 ここ…

8月に入ってカープリリーフ陣が崩壊...今起きている変化と登板過多の問題

8月に入って失点することが多くなったカープリリーフ陣。そこでリリーフ陣全体がどう変化しているのかを検討していきます。 // セ・リーグリリーフ陣の各チーム防御率 カープの月別の与四球率と被打率の分布 カープリリーフ陣の与四球率と被打率 毎年のよう…

ストレートを打つのがめっぽう得意なのは鈴木誠也選手or野間峻祥選手どっち?

ストレートを攻略できるかどうかで良い選手か判断になる。そこでカープ選手がストレートをどれだけ攻略しているのか検討していきます。 // ストレートに強い打者と弱い打者 ストレートを投げられる割合 投げられたストレートの平均球速 ストレート成績とスト…