【 将来のエース候補に期待 】高卒2年目の遠藤淳志投手はいまだ無失点登板を継続中

簡単な自己紹介

JUNJUN
16年目の医療系国家資格取得者で野球を中心に活動し、現在は『法律』も勉強中です。
詳しいプロフィール

 

ここまで無失点投球が続いている2年目の遠藤淳志投手。
将来の先発ローテーション投手として期待される遠藤投手ついて検討します。

 

2017年ドラフト5位が「将来のエース候補」

 

2017年のドラフト会議でカープから5位指名。
決して注目されていた投手では無かったが、入団以来評価が高い。
184cm、78kgと細身で高身長といかにも「投手らしい体型」。
身体に対して長い手足が印象的なしなやかな腕の振りの投手だ。
1軍合流以来、無失点投球を続けている遠藤淳志投手に注目したい。

 

ここまでの投球内容

 

ひとまずここまでの投球内容を振り返ろう。

  • 9試合 0勝0敗 防御率 0.00  投球回 12イニング

すべて中継ぎ登板であるが、12イニングを投げ無失点。
危なげな投球をした試合も無く、落ち着いた投球を見せている。
高卒2年目の投手とは思えない堂々とした姿に期待が持てる。

 

[ スポンサーリンク ]

 

圧倒的に安打を打たれない

 

遠藤投手の特徴として、圧倒的にヒットを打たれない所にある。
これまでの被安打率は主力投手たちも真似のできない.083を記録。
投球回数は少ないが、球界を代表するリリーフ投手よりも遥かに低い。

図1 被安打率の上位投手との比較(リリーフ投手)

※ 投球回数30イニング以上の上位投手(7月5日試合終了時)

 

強い打球を打たれない

 

もう1つの特徴として、ほとんど強い打球を打たれていない。
割合は10%を切っており、いかに安打を当たれにくいかがわかる。
先ほど同様、球界を代表するリリーフ投手よりも遥かに低い。

打球が弱ければ野手の間を抜けにくく、外野フェンスも超えにくい。
それだけ安打も長打も打たれにくい投球をしていることになる。

図2 打球強度の割合

図3 打球強度弱の上位投手との比較(リリーフ投手)

※ 投球回数30イニング以上の上位投手

 

[ スポンサーリンク ]

 

投球の中心はストレートとチェンジアップ

 

球種割合を見ていくと、ストレートとチェンジアップとカーブが主体。
ストレートが60%以上を占め、投球の中心はストレートである。
平均球速は144.9km/hと決して特別速い訳ではない。
しかし、それでも高めのストレートで空振りが取れている。
球速以上に打者目線ではストレートの質が良いのかも知れない。
詳細なデータがないためわからないが、そういったことが予想出来る。

図4 球種割合

当然ながら、ストレートとチェンジアップは効果的に使えている。
投球割合としてはカーブも多いが、投球の中心この2球種になる。
緩急をつけた投球が出来ることでストレートもより生きてくるだろう。

図5 球種ごとの得失点

 

先発投手としての期待

 

本来であれば先発投手として期待したい。
実際に2軍ではリリーフではなく、先発投手として登板している。
是非ともローテーション投手として見てみたい投手である。

しかし、2019年のカープはご存じの通り、投手崩壊している。
覚醒と言っていい中村恭平投手も肘の不安から1軍から離脱した。
また、中崎翔太投手も不調を招き、リリーフ陣はコマ数不足に。

このような事情の中、先発投手に回せない状況にある。
今村猛投手が1軍復帰して、少し余裕も出来たが、他の投手に不安も。
ここまで無失点で抑え、回跨ぎも出来る遠藤投手を先発へは動かしにくい。

ただ、タイプ的にロングイニングを投げるタイプだろう。
チームの状況さえ整えば、間違いなく先発に回っていく投手。
これからトレーニングによりまだまだ球速も上がってくるだろう。
おそらく投球以外のことも起用にこなせるタイプのように見える。
落ち着いた性格も含め、前田健太投手のようなエースになることを期待する。

 

[ スポンサーリンク ]

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 安打を打たれにくい
  • 強い打球を打たれにくい
  • 投球の中心はストレートとチェンジアップ
  • チェンジアップが効果的に効いている
  • 先発に転向したいがチーム事情で出来ない
  • 将来のエース候補として期待

今回のまとめ

 

今回は期待の若手の遠藤淳志投手について述べてきた。
気持ちの良いストレートを投げ込む将来性高い投手。

長いイニングを投げるだけの投球スタイルを持っている。
2019年のシーズン中にも先発で投げる姿が見られるだろう。

今はリリーフでしっかりアピールしておきたい。
チャンスが来た時に一気に先発でブレークを期待する。

まだまだ本格的な夏場を迎えるのは今から。
沈滞ムードのチームを盛り上げる若い力に期待したい。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。