【 2021年カープ外国人勢力図 】新外国人も加わり熾烈な1軍外国人枠は誰が奪うのか

簡単な自己紹介

JUNJUN
医療系国家資格取得16年目

◎ 野球を中心に活動
◎ 現在は「法律」を勉強中
◎ スカパー契約歴12年目突入

詳しいプロフィール

 

2021年は新加入の外国人選手が4人加わりスタートするカープ。
今回はそれぞれの実績と展望から外国人勢力図について話を進めていきます。

 

ブログ運営の方針

当ブログは『プロ野球の著作権・肖像権』に準じた運営を心掛けています。
また、使用している写真は著作者・肖像者に連絡をとり許可を頂いています。

 

[ スポンサーリンク ]

 

☑ スカパー!なら12球団公式戦全試合中継
カープ公式戦チケットを先行販売で購入

 

2021年のカープ外国人選手たち

 

2021年に加入する新外国人選手・支配下登録は以下の4人になります。

選手名 投打 背番号
ケビン・クロン選手 右投げ右打ち 10
ドビーダス・ネバラスカス投手 右投げ右打ち 99
カイル・バード投手 左投げ左打ち 42
ロベルト・コルニエル投手 右投げ右打ち 98

[ 2021年の新外国人選手のピックアップ記事 ]

 

そして、2020年に在籍し、契約更新をした選手は以下になります。

  • ヘロニモ・フランスア投手
  • テイラー・スコット投手 ()
  • アレハンドロ・メヒア選手

以上より、現時点で投手5名、野手2名の計7名体制で2021年はスタート予定。

 

① 未知数な選手が多い2021年の外国人選手

 

2020年は感染症の影響で登録枠が5人となりました。
状況次第では2021年も同様に5人枠になることが決定しました。

 

ほぼ確実視されていたヘロニモ・フランスア投手の離脱が発表。
実績のある外国人選手が1人もいない状態で2021年はスタートします。

2020年に在籍し活躍できなかった選手の覚醒は厳しい印象。
新外国人選手も日本でのプレー経験は無いため完全に未知数な状態

[ 2020年在籍選手の成績 ]

2020年成績
ヘロニモ・フランスア投手 53試合 2勝3敗19S7H 2.45
テイラー・スコット投手 7試合 0勝3敗1H 15.75
アレハンドロ・メヒア選手 37試合 .188 (15/80) 2本 4打点

 

それでも妥当なメンバーを考えるとケビン・クロン選手が筆頭
むしろ活躍できなければセ・リーグ上位進出すら厳しいかも知れません。

 

追記 : コンディション不良で登録抹消後、4月18日に1軍復帰

 

② テイラー・スコット投手が4月に一時帰国

 

テイラー・スコット投手も一時期は「大化けの予感」と騒がれました。
しかし、オープン戦で打ち込まれるなど結果を出せず2軍落ちとなっています。

また、4月には夫人の出産に立ち会うために一時帰国
開幕メンバーから外れ、更に帰国となると戦力となるのは厳しい状況です。

 

 

[ スポンサーリンク ]

 

③ 入国が遅れていた新外国人投手2人が来日

 

4月9日に感染症の影響で入国が遅れていた新外国人投手2人が来日しました。
ともに出国時と入国時のPCR検査は陰性だったため、広島に移動して14日間待機。

まずは2軍に合流し、2軍戦に試合出場したのちに1軍合流となります。
入国前の練習状況が不明ではありますが、5月を目途に1軍合流と思われます。

現在、新人投手3人が活躍するリリーフ投手陣。
1軍合流の準備ができても1軍枠に入れるかどうかはわかりません

先発予定のドビーダス・ネバラスカス投手の配置はどうなるのか。
新戦力が加わり、さらに充実するカープ投手陣に期待しましょう。

 

④ 瀬戸際となったアレハンドロ・メヒア選手

 

2021年で支配下契約5年目を迎えるアレハンドロ・メヒア選手。
この4年間、期待されつつも思うような結果を残せずにきています。

スイングメカニクスの修正も上手くいかず、打てるコースも限定的。
2021年で6年契約の5年目となり、結果次第では契約解除の可能性も。

 

2021年もケビン・クロン選手のバックアップ的な立場からスタート。
日本でのプレーが最終年とならぬよう何か結果を残したいところです。

[ 過去4年間の打撃成績 ]

シーズン成績
2017 9試合 .214 (3/14) 0本 1打点 ( 出塁率 .267 長打率 .274 )
2018 22試合 .268 (11/41) 3本 7打点 ( 出塁率 .318 長打率 .537 )
2019 56試合 .259 (42/162) 7本 17打点 ( 出塁率 .306 長打率 .426 )
2020 37試合 .188 (15/80) 2本 4打点 ( 出塁率 .235 長打率 .288 )
通算 124試合 .239 (71/297) 12本 29打点 ( 出塁率 .287 長打率 .394 )

追記 : 4月18日に2軍降格

 

[ スポンサーリンク ]

 

ドミニカ選手の育成契約と練習生

 

2021年3月にロベルト・コルニエル投手が支配下登録されました。
そのため、ドミニカ選手の育成契約選手は誰もいない状況となっています。

2020年情報では練習生では以下の2人の選手が在籍していました。
ただ、2021年も来日しているかどうかは情報がなく不明の状態です。

  • マヌエル・サンチェス外野手 (24) Manuel Sánchez
  • ミゲル・エラディオ内野手 (23) Miguel Eladio

 

育成選手と練習生については以下の記事で詳しく記載しています。

 

[ 2020年に退団した選手 ]

 

[ 2019年以前に退団した選手 ]

 

[ スポンサーリンク ]

 

今回のまとめ

 

今回は2021年のカープの外国人選手について話を進めました。
新外国人選手が加わって、新たな体制で挑むシーズンになります。

実績のあるヘロニモ・フランスア投手が手術で離脱。
結果、新加入や実績のない選手たちで1軍枠を争う形となりました。

ただ、新外国人投手の2投手の来日も遅れています。
ケビン・クロン選手を中心に2~3人が1軍登録となる予定です。

2020年は不発に終わったカープの外国人選手。
“助っ人”として彼らが1軍枠を争うような活躍を期待しています。

 

他にも記事を読みたい

 

文章・画像など無断転載はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。