【 春先から絶好調 】春先の3~4月に打撃好調なカープの選手を過去のデータから調査

簡単な自己紹介

JUNJUN
16年目の医療系国家資格取得者で野球を中心に活動し、現在は『法律』も勉強中です。
詳しいプロフィール

 

さて今回は春先に好調な選手にスポットを当てたいと思います。
過去のデータを振り返り、主力選手を中心にその傾向を見ていきます。

 

主力野手たちの3-4月の成績を振り返る

 

年間300打席以上の在籍している主力選手をピックアップします。

[ 2014年 ]

打数 安打 本塁打 打率 出塁率
菊池涼介 103 30 2 .291 .327
堂林翔太 65 13 4 .200 .316
田中広輔 34 6 1 .176 .282

[ 2015年 ]

打数 安打 本塁打 打率 出塁率
田中広輔 89 26 1 .292 .323
菊池涼介 98 23 2 .235 .257
丸佳浩 98 23 1 .235 .330
梵英心 51 10 1 .196 .241

[ 2016年 ]

打数 安打 本塁打 打率 出塁率
菊池涼介 119 43 4 .361 .376
田中広輔 116 37 1 .319 .406
鈴木誠也 64 16 3 .250 .258

[ 2017年 ]

打数 安打 本塁打 打率 出塁率
安部友裕 64 22 0 .344 .382
鈴木誠也 107 34 5 .318 .373
田中広輔 111 32 0 .288 .373
菊池涼介 114 29 2 .254 .286
會澤翼 47 10 0 .213 .264
松山竜平 46 9 1 .196 .229

[ 2018年 ]

打数 安打 本塁打 打率 出塁率
會澤翼 43 17 1 .395 .447
野間峻祥 27 8 0 .296 .387
菊池涼介 115 33 4 .287 .322
バティスタ 46 13 3 .286 .333
田中広輔 103 28 1 .272 .414
松山竜平 89 6 1 .270 .323
鈴木誠也 28 6 1 .214 .314
西川龍馬 17 2 0 .118 .200

これだけをみると、誰かが特に良いというのもないようにみえます。
単純に打率だけを見れば、春先はいつも絶好調という選手はいないようです。

ただ、田中広輔選手が2016~2018年の間は出塁率が.350を超えています。
打率は.300を切っていますが、トップバッターとしての役割を果たしています

 

[ スポンサーリンク ]

 

移籍した丸佳浩選手はやっぱり凄かった

 

巨人に移籍した丸佳浩選手の打撃成績もみていきます。

打数 安打 本塁打 打率 出塁率
2014 102 28 5 .275 .385
2015 98 23 1 .235 .330
2016 115 38 5 .330 .412
2017 102 31 3 .304 .405
2018 77 24 5 .312 .530

2014~2015年の打率は高くないですが、全ての年で高出塁率をキープ
特に2018年の出塁率に至っては、脅威の.530を記録しています。
これは近藤健介選手を抑え、12球団でNo.1の出塁率を残しました。

改めて、いかに鈴木誠也選手に繋いでいたかが良くわかります。
つまり、丸佳浩選手あってこそのカープ打線の繋がりとも言えるでしょう。
また、鈴木誠也選手の打撃成績への貢献もかなり高いと考えられます。

 

引退した新井貴浩選手も活躍していた

 

最後に新井貴浩選手もみていきます。

打数 安打 本塁打 打率 出塁率
2015 57 15 0 .263 .344
2016 102 33 1 .324 .395
2017 76 22 4 .289 .409

カープ復帰後は出場のない2018年を除き、全ての年で高出塁率
復帰前の阪神でプレイしていた2014年も.433をキープしました。

新井貴浩選手は春先のチーム貢献度が高かったことがわかります。
2018年で引退となりましたが、もう少し活躍をみたかったですね。

 

[ スポンサーリンク ]

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめます。

  • 毎年のように春先に打撃好調な選手は特にいない
  • 田中広輔選手は安定した打率と出塁率をキープしていた
  • 菊池涼介選手はコンディション等により好不調の波が激しい
  • 會澤翼選手、松山竜平選手も安定して出塁している
  • 丸佳浩選手は12球団屈指の出塁率を毎年のように記録していた

 

 

今回のまとめ

 

今回は春先に打撃好調な選手を探すためデータを調べてみました。
紹介した通り、打率という面では特徴的な選手は見当たりませんでした。

打率は様々な要素が影響し、簡単には良し悪しが判断できない面もあります。
そのため出塁率で評価していくと、春先から貢献している選手が存在しました。

改めて、丸佳浩選手の凄さもわかったと思います。
2019年から巨人の選手としてその能力が発揮されることになります。

打線の繋がり、ポイントゲッターを失った2019年のカープ打線。
新たな選手の台頭に期待しながら、4月の戦いを観戦しましょう。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。