【 2020年も150キロ超え投手が急増 】プロ野球投手の「ストレート平均球速」を調査

簡単な自己紹介

JUNJUN
16年目の医療系国家資格取得者で野球を中心に活動。
現在は
『法律』も勉強中。
詳しいプロフィール

 

近年はプロ野球界もストレートの球速が急激に上昇しています。
そこでストレートの平均球速に焦点を絞り、様々な視点から検討していきます。

 

ブログ運営の方針

当ブログは『プロ野球の著作権・肖像権』に準じた運営を心掛けています。
また、使用している写真は著作者・肖像者に連絡をとり許可を頂いています。

 

※ お礼

他のサイトが無断転載していると連絡を頂いた方ありがとうございました。
最近は海外の「画像検出サービス」が手数料を取る形で弁護士が手続きを代行してくれます。
無断でコピペしたり、違法アップロードをして損害賠償請求が届かないよう注意しましょう。

DMCA(デジタルミレニアム著作権法)

 

[ 違法アップロードに関する記事 ]

 

年々速くなるストレートの平均球速

 

両リーグともにストレートの平均球速が年々速くなる傾向にあります。
2010年代後半からこの傾向は顕著で、大きな変化が起きていることがわかります。

しかし、2019年になるとセ・リーグがパ・リーグの平均球速を追い越しました。
「パ・リーグは速球派投手が多い」と言われてましたが、2019年以降は逆転しています。

 

① パ・リーグの球団別ストレート平均球速

 

パ・リーグからみていきますが、日本ハム以外は平均球速が右肩上がりです。
おそらく大谷翔平選手が引き上げた球速がMLBの移籍により落ちたのでしょう。

急激な順位が入れ替わりはなく、2017年以降は5チームが収束してきています。
ソフトバンクは毎年のように飛びぬけており、イメージ通りの結果となりました。

 

② セ・リーグの球団別ストレート平均球速

 

次にセ・リーグをみていくと、パ・リーグと同様に右肩上がりです。
特に、DeNA、中日は顕著で、急激な高速化が進んでいることがわかります。

阪神に関しては大きな伸びがなかったのですが、2020年は上昇傾向です。
ロベルト・スアレス投手の加入、藤浪晋太郎投手の復活が影響したと思われます。

カープをみると2020年にやや下降傾向となっています。
過去2年は150キロを超えたヘロニモ・フランスア投手が150キロを切りました。

また、2019年にブレイクした中村恭平投手が大幅に減速しました。
チームトップの2人の減速がチーム全体の平均値を下げた形となっています。

 

[スポンサーリンク]

 

急増する150km/hオーバーの投手たち

 

ここからは平均球速「150キロ越え」の投手に絞って話を進めます。
各年で見ていくと、右肩上がりに150キロ投手が増加する傾向にあります。

特徴として2つの山があることに気が付きます。
ひとつ目が2017年、ふたつ目が2020年となっています。

2020年は外国人投手も日本人投手も顕著に増加しました。
特に日本人投手の割合が増加し、急激に高速化していることがわかります。

ただ、2020年は試合数や開始時期の変更がありました。
そういった影響の可能性もあり、参考値として扱うべきかも知れません。


※ 投球イニング20以上の投手

 

① 外国人投手の出身国の内訳

 

外国人投手の内訳を見ると最も多いのがアメリカ
ただ、傾向としてはドミニカ出身の選手が年々増加しています。

ベネズエラやキューバの選手も含め、南米出身の選手は今後も増加するでしょう。
中日や巨人やソフトバンクなど南米出身の選手を積極的に獲得するチームもあります。

カープは20年以上前にドミニカにアカデミーを作り、球界の先駆者とも言えます。
そこから多くの選手が1軍で活躍しており、先見の明があったと言って良いでしょう。

 

② 150キロ超投手の先発とリリーフの割合

 

最後に平均球速150キロ超の投手の先発とリリーフの割合をみていきます。
外国人投手では先発がおらず日本人投手では4割程度と傾向に差があります。


※ 投球イニング20以上の投手

 

ただ、その中身を見てみると先発投手の半分を大谷翔平選手が占めています。
大谷翔平選手を規格外とした場合、外国人投手同様に2018年まではリリーフ投手のみです

youtube動画
引用元 : これぞ至宝の二刀流。日本最速記録が生まれた歴史的瞬間 / PacificLeagueTV 【公式】

 

ただ、2019年からは2人の日本人投手が台頭しています。
1人目はソフトバンクの千賀滉大投手、2人目はオリックスの山本由伸投手。

彼らの台頭により、今後日本人の150キロ先発投手が登場していく可能性も。
近年の急激な高速化を考えると、数年後には4人前後いるのが普通かも知れません

youtube動画
引用元 : H千賀 進化の証明『凄ストレート』まとめ 《THE FEATURE PLAYER》/ PacificLeagueTV 【公式】

高校生でMAX160キロ、中学生でMAX150キロの時代に

 

最近では高校生の佐々木朗希投手が163キロを投げて話題となりました。
大谷翔平選手が保持していた高校球児の最高球速の記録を更新し注目されています。

 

また、2018年には中学生の森木大智投手が軟式で150キロを記録
プロに限らず、アマチュア球界においても急激に高速化が進んでいます。

youtube動画
引用元 : 150キロ!!日本中学野球最速を高知中・森木大智が記録 / 高校野球ドットコム 【公式】

 

体格の大型化、トレーニングの進化、科学的なフォーム分析など。
野球に関する様々な情報が溢れ、野球界は急激に変化し始めています。

150キロを投げる高校生も珍しくなくなり、140キロ投手はゴロゴロいます。
どこまでが頭打ちなのかわからないですが、この傾向はしばらく続くでしょう。

 

① MAX140キロの中学生投手が続々出現

 

MAXになりますが140キロを投げる中学生が続々出現しています。
以下は2020年に中学3年生となった「140キロ中学生投手」になります。

彼らが無事に育ってくれば、高校で150キロを投げるようになるでしょう。
いずれプロに入るであろう彼らが、いずれ平均150キロ先発投手になるかも知れません

 

① 盛永智也投手 (小山城南中) MAX144キロ

youtube動画
引用元 : 中学野球太郎Vol.27/P90菊地選手対小山城南中(盛永智也投手、渡邊俊輔投手) / knuckleball stadium 【公式】

 

② ハッブス大起投手 (上尾リトルシニア) MAX142キロ

youtube動画
引用元 : 打っても通算12本塁打!怪物・ハッブス大起(上尾シニア)のブルペン投球がエグすぎた / 高校野球ドットコム 【公式】

 

③ 小玉湧斗投手 (秋田北シニア) MAX140キロ

youtube動画
引用元 : 元楽天ジュニアの快速中学生・小玉湧斗(秋田北シニア)キレキレのブルペン投球は必見! / 高校野球ドットコム 【公式】

 

④ 前田悠伍投手 (湖北ボーイズ) MAX140キロ

youtube動画
引用元 : 巨人・横川も大絶賛の本格派左腕・前田悠伍(湖北ボーイズ)とは【ガチブルペン】 / 高校野球ドットコム 【公式】

 

⑤ 針金侑良投手 (東練馬リトルシニア) MAX140キロ

youtube動画
引用元 : 東練馬シニアに密着!190cm左腕・針金侑良のスケールたっぷりのブルペン投球に注目! / 高校野球ドットコム 【公式】

 

その他の投手

篠崎国忠投手 (修徳中) MAX140キロ

松石信八投手 (佐賀フィールドナイン) MAX140キロ

渡邉聡之介投手 (千曲ボーイズ) MAX140キロ

  • 盛永智也投手 / 185cm 80kg
  • ハッブス大起投手 / 185cm 80kg
  • 小玉湧斗投手 / 非公開
  • 前田悠伍投手 / 非公開
  • 針金侑良投手 / 190cm 90kg
  • 篠崎国忠投手 / 190cm 87kg
  • 松石信八投手 / 非公開
  • 渡邉聡之介投手 / 180cm 75kg

 

② 球質・球速を計測するツールの紹介

 

最近は球質や球速を手軽に計測できる時代になりました。
Amazonなどで購入できる球速・回転数・回転軸を計測できるものは以下になります。

自分の頃は球速すら計測することが無かったですが便利な時代になりました。
これからの時代はこうしたデータを上手く活用することも必要になってきます。

STRIKE スマート野球ボール iPhone&Android 対応 bluetooth対応
STRIKE

 

[ 計測ツールの紹介記事 ]

 

 

ここまでわかったこと

 

ここまでわかったことをまとめてみよう。

  • 両リーグともにストレート平均球速が上昇
  • 2019年からパ・リーグに対してセ・リーグが逆転
  • パ・リーグは日本ハム以外のチームは右肩上がり
  • セ・リーグではDeNA、中日の上昇が目立つ
  • 150キロ超の投手は年々増加
  • 150キロ超の投手は外国人投手の割合が多い
  • 150キロ超の投手はリリーフ投手が多い
  • 2019年からは日本人先発投手も台頭
  • アマチュア球界も150キロ超の時代になった

 

今回のまとめ

 

今回はストレートの平均球速を中心に述べてきました。
プロ野球全体が右肩上がりにストレートの平均球速が上がっています。
その中でもセ・リーグのDeNA、中日の2球団の上昇が顕著でした。

また、プロ野球界のみならずアマチュア球界でも高速化が進んでいます。
野球界全体が様々なアプローチにより、この数年で急激に変化を見せています。
球速が上がることでケガの配慮も必要だが、この傾向はしばらく続くでしょう。

投手の高速化により対する打者のレベルも年々上がってきています。
お互いが相乗効果でレベルアップしながら、素晴らしいプレーを期待しています。

 

 

文章・画像など無断転載・使用はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。